画像1: 画像2: 画像3: 画像4: 画像5: 画像6: 画像7: 画像8: 画像9: 画像10: 画像11: 画像12: 画像13: 画像14: 画像15:
                   

  

WebSDR ( Software-Defined Radio )受信方法


USBワンセグチューナーでHF受信改造の情報を探していると。


追加設備も無しで受信出来ると情報があました。
これはこれで楽しみ方のひとつでしょう!


WSJT_HTMLの開発者 国井氏から WebSDR情報頂いて 早速受信に入ってみました。
Easy Pal
BAND FREQUENCY MODE
80 meters 3.643MHz LSB
80 meters 3.733MHz LSB
80 meters 3.736MHz LSB
50 meters 5.355MHz LSB
50 meters 5.371.5MHz LSB
40 meters 7.058MHz LSB
40 meters 7.173MHz USB
40 meters 7.172MHz USB
40 meters 7.175.MHz USB
40 meters 7.208MHz USB
30 meters 10.132MHz USB
20 meters 14.233MHz USB
15 meters 21.337MHz USB
15 meters 21.340MHz USB
10 meters 28.667MHz USB
10 meters 28.680MHz USB
2 meters 144.525MHz FM
参考です。(この付近)
世界中から沢山のサービスをされていました。



近年はヨーロッパ諸国が増えてきました。

Web SDR Software-Defined Radio receiver
http://www.websdr.org/ 

私たちの送信した信号が海外まで届いているか確認も出来て重宝しています。
KFS WebSDR in California            7.110MHz LSB
The fabulous G4FPH topband WebSDR 
WebSDR on K2SDR in NJ, USA 
Wide-band WebSDR in Enschede, the Netherlands 

近い場所では ロシア極東部の都市、ハバロフスクにありました。 
こちらは日本に近いとあって日本の電波が受信できます。





ロシア極東部 ハバロフスク サイトで自分の送信電波が聞こえた時にはうれしいものですよ。

貴方の環境ではもっと遠くまで届くでしょうね!

私の環境下では WSJT_HTML&WSJT-X ( JT9 ) 3.531MHz / 7.041MHz  USBで送信して
 WebSDRでモニターしてみました。
 OS Windows10  Microsoft Edge で聞こえます。(HTML5対応) 

 OS Windows7、Windows8.1 ではGoogle Chrome 再生出来ました。


さて、受信した信号をインターフェースを使ってループ入力します。 再生したいデバイスを既定値に設定してください。(参考設定です 各自の環境に合わせてください。)


 Microsoft Edge  再生 既定値に設定



 「録音」タブで選択



 受信音をモニターする


 パソコンにあらかじめ ステレオミキサーが基本設定されています。
 Windows10で「RealtekAudioDriver」の製造元 : Realtek製
 Microsoft 製ではステレオミキサーは表示されませんでした。
 こちらを使った。方法でEasyPalに取り込んでみましょう。

  既定値の設定を選択
 ウィンドウで「再生」タブをクリックします。
 「スピーカー」に緑のチェックが表示されていることを確認します。
 (既定のデバイスでステレオミキサー機能を使用)



 「ステレオミキサー」をダブルクリックする
 「レベル」タブをクリックする

 「レベル」タブで「マイク」が なってる場合は、
 ボタンをクリックして  にします。


 「ステレオミキサー」が表示されない場合

 (私のWindows10では既定値では表示しない。)



 「無効なデバイスの表示」と「有効」チェックを付けて有効かにする。

 「ステレオミキサー」が表示されました。


 「ステレオミキサー」のスライドバーは再度設定

 EasyPalのSoundcardのRX設定も既定値に設定して下さい。

 参考受信URL : http://websdr.ewi.utwente.nl:8901/
 周波数 : 7057.97MHz (EasyPalの画面で確認して補正します。)
 Mode : LSB

 時差がありますからアクティブにされている時間帯に受信してみ
 ましょう。
 EasyPalの受信音が聞こえてら、EasyPalの画面に画像が表示さ
 れます。

 [EP RxOK]は海外の局に受信レポートを送信しちゃうから勘違い
 されます。
 「Disable」レ点チェックを入れてレポートを送信しない様にしてお
 きましょう!
 





ヨーロッパのサイトで受信した例です。 7.058KHz (LSB)
!EasyPal受診例 Digi-Sites受信リスト 例


EasyPalのインストールと設定は JH3ECA 中島氏のサイトから宜しお願いします。