本文へスキップ

島根県出雲市で、身体と心を癒すお手伝いをしております。

TEL. 090-7998-8848

〒693-0054 島根県出雲市浜町2160-5

本当の痛みの原因は

日々の臨床から、私は、痛みの原因は、筋肉の硬直やシコリによるものがほとんどだと感じていました。実際に筋肉の硬直している部分やシコリをさがして、これを緩める施術をすることで、痛みが軽減して行き、全部緩むと、痛みはなくなっていくからです。ネットで、調べ物をしていますと、痛みの原因に関して、私の考えと同じ考え方をしておられる、ある病院の先生のサイトや研究会に行きあたりました。下記はそのサイトを参考にさせていただき、まとめたものです。


椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄が痛みやしびれの原因となることはありません。痛みやしびれは神経症状ではありません。(文責:医師・加茂淳)

神経がヘルニアや脊柱管狭窄などで圧迫を受けても痛みやしびれが出ることはありません。 足裏の神経を想像してごらんなさい。妊婦のおなかを想像してごらんなさい。 神経は圧迫に対してとても強く、圧迫したぐらいでは何もおきません。

強く絞扼(しめつけ)すると麻痺が生じます。つまり、無感覚、運動麻痺がしょうじます。

腰椎すべり症、分離症(初期の疲労骨折は除きます)、椎間板や軟骨の変性が痛みの原因となることはありません。(文責:医師・加茂淳)

今までの痛みの医学は思い込みよる根拠のないことなのです。(なんとなくそう思う、先輩医がそういってた程度)。痛みの生理学、MRIなどの検査機器の進歩、そしてなによりもインターネット・情報網の発達によって多くの矛盾が明らかになってきました。

研究は飛躍的に進歩し、1980年代の半ばには、痛みのしくみが詳細に解明されました。さらに最近では、先に解明された痛みとはまったく異なる発生機序で起こる痛みがあることが科学的に証明され、痛みの概念に大きな変革が起こっています。

ところが医療現場では未だ100年前の間違った理論を引きずっているのです。その理由は何でしょうか。

構造と痛みは別問題です。

レントゲンやMRIは痛みを伴うことのある特異的な疾患(悪性腫瘍、感染症、骨折、リウマチ及び周辺の炎症性疾患)を除外する意味しかありません。

筋骨格系の痛みやしびれのほとんどは筋性疼痛〔攣り(つり)、引っ張り、こわばり、凝り、痙攣、攣縮、スパズム(筋肉が意図せずに収縮すること)〕です。筋肉の微小損傷が始まりです。

整形外科やペインクリニックで扱うほとんどの疾患は、筋膜性疼痛症候群(MPS)なのです。それが間違った診断をされていることが多いのです。

筋膜性疼痛症候群(MPS)とは、筋肉が原因となって痛みやしびれを引き起こす病気です。 日本では筋痛症とも呼ばれることもあります。

通常、我々が急激に重い物を持ったり、無理な姿勢等により繰り返し筋肉に負荷をかけると筋肉に微小損傷が発生します。いわゆる筋肉痛の状態です。通常、この痛みは数日程度で自己回復をします。しかし、さらに、繰り返し筋肉に負荷を与えたり、寒冷にさらされたりりて血行の悪い状態を作ると、その部分が痙攣(けいれん)状態になり短期間で自己回復できなくなります。この状態が筋膜性疼痛症候群(MPS)になった状態です。

筋膜性疼痛症候群(MPS)では一般的な筋肉痛とは異なり、痛みやしびれの強さが相当激しいものになり、更に痛みやしびれの範囲が広範囲に発生します。

筋肉は意外と繊細で、転倒など身構えることができないケガ、度を超えたトレーニングや労働など繰り返えされる動作、あるいは悪い姿勢を続けることによって筋肉に微小損傷が生じます。すると筋肉が収縮します。運動会の翌日に体中が痛むことを経験したことがあると思いますが、筋肉痛程度なら数日で治ることが多いのですが、度を越えてしまった損傷だったり、休息がとれなかったり、心理的ストレスが大きかったり、寒冷にさらされたりすると血液の流れの悪い状態が続いて、筋肉の収縮が元に戻らなくなってしまいます。

椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症が痛みやしびれの原因になることはありません。これらは痛みやしびれの原因ではなくて、筋肉が硬くなり、シコリとなって、短縮した結果とみるべきなのです。

(加茂整形外科医院 加茂 淳先生、JMPS筋膜性疼痛症候群(MPS)研究会のサイトより)



要は、筋肉からくる痛みなのです。坐骨神経痛といったような神経痛と言われるもの、偏頭痛や関節痛もこの筋肉異常からくる痛みの場合が多いようです。下記はある部分の筋肉異常があると、症状の出る部分です。

●印の部分の筋肉が硬くなると赤い部分に症状が出ます。

     

×印の部分の筋肉(小殿筋)が硬くなると赤い部分に症状が出ます。


筋膜性疼痛症候群(MPS)は1980年代にアメリカで『Travell & Simons’ Myofascial Pain and Dysfunction: The Trigger Point Manual (筋筋膜性疼痛と機能障害: トリガーポイントマニュアル)』(Janet G. Travell 医師とDavid G.Simons医師の共著)という医学書にて発表されました。

『MPSはあらゆる部位の痛みの原因となります。腰痛をはじめとする筋骨格系の痛みのほとんどはMPSからきています。』としています。下記の、痛みやしびれの症状も、MPSの場合が多いようです。

顎関節症、緊張型頭痛、頸部椎間板症、変形性頚椎症、肩関節周囲炎(五十肩)、腱板損傷、テニス肘、椎間板ヘルニア、脊柱管狭窄症、坐骨神経痛、腰椎すべり症、肋間神経痛、手根管症候群の一部、腱鞘炎、変形性股関節症、変形性膝関節症、半月板損傷、シンスプリントなど

これらの筋肉の硬直が緩まないと、快方には向かわないということです。裏を返せば、硬直した筋肉が緩んでしまえば、症状が軽減し、楽になっていくということです。

私もこの観点から、日々、施術に当たっています。いろいろな所へ行かれて、痛みが軽減しない、取れないといった方。手術をしようか悩んでおられる方、実際に手術をされて、術後の経過が良くない方も、一度、当院の施術を受けてみてください。












はなまるヒーリング整体

〒693-0054
島根県出雲市浜町2160-5

TEL: 090-7998-8848
mail: jjj-hado@wave.plala.or.jp
施術者 上野 淳



リンク