¥100ラジオ用 内蔵型
6m AM クリスタル コンバータ
尾崎流内蔵型クリコン画像は、こちらです。


 クリックすると基板実装図や回路図が出てきます。
図面から戻るには、ブラウザのバックボタンを使用して下さい。

    基板実装図・回路図
 

1. はじめに

 FCZ研究所から#246『100円ラジオ改造50MHz受信用クリコン』と、
#247『100円ラジオ改造41mバンド受信クリコン』が発売されました。
 
 発売前から『e版 FCZ誌』や『ラグチュウルーム』という掲示板で色々
と話題になっていましたし、新型FCZ特殊コイル『7S-BCL』も発表されて
いましたので、このクリコンを作ってみました。
純正キットでは、¥100ラジオの電池スペースにクリコン基板を入れる
ために電池は電池ケースに入れて、ラジオの外側へ張り付ける形になり、
これが少々気に入りません。
 ならば自分で小型化して、スマートになったモノを大久保さんに見せて
驚かせようという『イタズラ心』がムクムクと沸き上がり、早速製作に
掛かりました。
 基板には、穴あき万能基板の切れ端を使用しました。(写真参照
基板の穴数は6個×19個で¥100ラジオのケースにピッタリになりました。

 
 このクリコンを作るときは、元ネタになったFCZ研究所の純正品
『246 中級 100円ラジオから50MHz受信機をつくる改造キット』
をお試し下さい。
純正キットには詳しい説明書も付いていますし、何より自作品の性能を
チェックする際の『基準』となります。
 
有名な『JH1FCZ 大久保OM』に挑戦するのも、楽しいアソビですよ。
 
 
2. 回路説明 

 50Mの信号は入力同調回路のコンデンサタップに入り、MIX段のFETで
水晶発振器の50MHzと混合されて中波の出力になり、¥100ラジオ基板
へと入り変換・増幅・検波後に音声信号としてイアフォンに出てきます。

 クリコン部のMIX段は、オリジナルと同じ2SK439のソースインジェ
クションですが、入力コイルの使い方を変えて、FET廻りの部品点数を
減らしています。
この変更による性能低下等は、殆ど感じられません。
 オリジナル回路と大きく違うのは、局発部です。
オリジナルではTrによる3rd OT発振回路ですが、小型化・簡易化のため
コンピュータのクロック発振等に使う水晶発振器の正方形のモノを使用
しました。
 定格5Vの発振器ですが¥100ラジオと同じ3Vで充分動作し、レベル
的にも問題ないことは予備実験時に確認済みです。(要読 問題点その1)
 
 クリコンの局発を50MHz丁度としたために、ダイアル表示は中波受信時
と変化はありません。
ダイアル表示が『530』で受信周波数50.530MHz、『800』では受信
周波数50.800MHzとなります。
6m AMでよく使う50.55MHzはダイアル表示『530』と『600』の中間
位ですし、50.62MHzはダイアル表示『600』のちょっと上になり、
ダイアル操作が純正キットよりは少し楽になります。
なによりもパネル面のダイアル表示を作り替えなくても良いので、細かい
ことの苦手な私にはとってもFBです。hi.
 
 50M帯のANT端子を付けるのが大変なので、一般的なFMラジオ風に
イアフォンコードANTとしました。
この為には、ラジオ基板上でイアフォンジャック部分をパターンカットして
小型RFCで接続しなおし、イアフォンジャックとクリコンのANT端子を接続
するという基板への改造が必要になります。

 ラジオ基板への改造は、『バーアンテナの撤去』と『イアフォンジャック
のRFフローティング』の2点です。
 
 
3. 調整・組み込み
 
 調整箇所は3点で、FCZ 7S50のコアとFCZ 7S-BCLのコア、それと
¥100ラジオのVCのトリマ(赤いコアに近い方)のみです。
VCのトリマ(赤いコアに近い方)以外のラジオ基板の調整箇所は、
テストオッシレータやSSGが無い場合は、触らない方が良いでしょう。
 
 調整手順は次の通りです。
(A)クリコン基板とラジオ基板をB+以外全て結線し、『OUT 2』に数mの
  ビニール被覆線を仮付けして調整用BC帯ANTとする。
(B)ダイアル表示を『594』にしてNHKを受信し、7S-BCLのコアで感度
  最大(受信音最大点)にする。
(C)ダイアル表示を『1422』にしてニッポン放送を受信し、VCのトリマで
  感度最大(受信音最大点)にする。
(D) (B)と(C)を数回繰り返す。(この調整はBC帯ラジオとしての調整です。)
(E)仮付けしたビニール被覆線をハズし、50.62のAM波を受信して7S50の
  コアで感度最大(受信音最大点)にする。
(クリコンとしての調整はこれだけです。)
以上です。
 
 クリコン基板は、バーANTを取り去った所と電池の間に、ラジオ基板と
直角方向に組み込みます。
クリコン基板は、ラジオ基板の赤いコアのコイルにクリコン基板の2個の
コイルを半田付けする事で固定します。
 この半田付けは大きなコテで短時間に仕上げるのがコツで、その為には
コイルシールドケースの半田付けする場所をヤスリで良く磨き、半田が盛り
上がる位に厚めの半田メッキをしておくのがコツです。
太めのメッキ線やシールドの網線等で半田付けするのも良い方法です。
 
 調整前にラジオ基板とクリコン基板を半田で合体してしまうと、クリコン部
のコアが回せず全く調整できなくなりますので、ご注意下さい。
 
 
4. おわりに
 
 簡単な割にはそこそこの感度があり、10mWQRP送信機と組み合わせるのに
程良い性能です。
 
 問題点が2つあり、まだ解決していません。
・問題点その1
  水晶発振器の種類によっては発振しなかったり、発振レベルが高すぎて
  感度抑圧を起こすことがある。
・問題点その2
  中波放送を直接受信してしまい、6mの信号と混信を起こす。
 
 ・その1は水晶発振器を選び、発振レベルが高すぎた場合は抵抗等でレベルを
 調整するしか対応策がありませんが、調整ポイントが増える上レベル最適点が
 わかりずらいので調整作業が難しくなります。
 
 ・その2に関しては、FCZ研究所の公式HP内の『ラグチュウルーム』という
 掲示板で対応策が話題となり、大久保さんによる解決策が掲示されています。
 まあ6m AMは局数が少ないですし、よく使用する50.55と50.62受信時には
 BC帯の混信は起こっていませんので、気にしなければOK!と言うことにして
 使用中です。hi.

 FCZ研究所のHP
 http://www.fcz-lab.com
 (キットの詳細は、トップページの『寺子屋キット』から『寺子屋シリーズ一覧表』
  へ入り、#246、#247をクリックすれば辿り着きます。)
 
 
● プラスアルファ
 
 クリコン入力部のコイルとコンデンサ、それと局発の水晶発振器を変更すると
他のバンド用クリコンとなります。
 簡易的な周波数計算方法は、(目的受信周波数 kHz - 600KHz)、または
 (目的受信周波数 kHz + 600KHz)です。
 計算結果に近い周波数の発振器と、目的周波数に近いFCZコイルを使えば
OKです。
 入力部の2個のコンデンサは、使用するANTに合わせて1対1〜20対1位の
容量比とし、2個の合成容量が必要な同調容量に近くなるようにして下さい。
2個のコンデンサの内、容量の大きい方がANTとGNDの間になります。
 
 
 
 そのまま未改造でもお買い得品と言える『¥100ラジオ』ですが、
 同一形状のモノバンドラジオシリーズとしてバンド毎に何台も
 作っておくというのもオモシロいですよ。
 
 
 
   01.08.25                    de JN1NGC
 

 クリックすると基板実装図や回路図が出てきます。
図面から戻るには、ブラウザのバックボタンを使用して下さい。

    基板実装図・回路図
 

もどる