本文へスキップ

トラックサポーター 行政書士 川村日出男(カワさん)事務所です。

電話でのご相談・お問い合わせはTEL.076-461-4694

ご相談・お問い合わせはこちら

トラックサポーターを自認する、行政書士川村日出男事務所

いらっしゃいませ。ようこそ、行政書士川村日出男事務所へ。

「運送業で独立したい」「これから運送業を開業したい」という皆様方のために、是非お役に立ちたいと思っています。
小所の代表 行政書士川村日出男 は、トラック協会のOBであることから、運送業のエキスパート、トラックサポーターを自認しています。

どんな事業を始めるにも、先ずはその内容を知ることが大切です。

運送業を始めるには何が必要だとお考えですか?


車、運転手=ドライバー、車を停める車庫、それから...。アレコレ考え出すと、きりがありません。
本当にそれらはすべて必要なのでしょうか。いや、もしかすると要らないかもしれません。???
(そんなことってあるの?)

ただ、どちらにしても必ず必要なもの、最低限クリアしなければならないことがあります。
それは、「お役所のお墨付き」、つまり許可書又は登録通知書をもらうことです。

そう、自分勝手に運送の商売を始めてはいけないのです。
申請書類を作ってお役所の窓口に出し、場合によっては試験を受けてそれに合格し、登録免許税という税金を払って、お役所から運送業で商売してもいいですよ、とお墨付きをもらってはじめて商売ができるのです。

では、具体的にどうしたらいいのでしょう?

ここからが、行政書士川村日出男事務所の出番です。

難しい話しはちょっと横において、ざっくばらんにお聞きします。


  • トラックを5台以上用意できますか(所有、割賦・ローン購入、リース契約のいずれか)?
  • トラックの台数にみあう運転者は用意できますか?
  • 事務所や車庫(賃貸借も可)を準備できますか?
  • 事業を開始するにための自己資金(純資産)が1千万円程度準備できますか?
   以上四つの項目“全部Yes”という方は、 →  「一般貨物自動車運送事業」の開業を検討してみましょう。
   ひとつでもNoという方は、次の質問へ
  • 軽四のトラックを1台以上用意できますか?
  • トラックの台数にみあう運転者は用意できますか?
  • 事務所や車庫を準備できますか?
  • 事業を開始するにための自己資金(純資産)が3百万円以上準備できますか?
   以上四つの項目“全部Yes”という方は、 →  「貨物軽自動車運送事業」の開業を検討してみましょう。
   ひとつでもNoという方は、次の質問へ
  • 自分のトラックや軽四のトラックはなくてもいいのですが、事務所は確保できますか?
  • ある程度の貨物量を確保できる取引先(荷主)を持っていますか?
  • それらの貨物を運ぶため、他の運送事業者のトラックを確保できますか?
  • 事業を開始するための自己資金(純資産)が3百万円以上準簿できますか?
   以上四つの項目“全部Yes”という方は、 →  「貨物利用運送事業」の開業を検討してみましょう。
 
店舗写真

information事務所情報

行政書士 川村日出男事務所

〒939-8208
富山市布瀬町南1丁目15番地3
TEL&FAX.076-461-4694
→ご相談&お問い合わせ

→アクセス


【所長ブログ】
「カワさんの独り言」はこちら
不定期更新でHPに書ききれないことや小生の独り言をアップ

スマートフォン版PC版