爆釣? 
Photo & Text by  中野 博也

釣行日 9月13日

 9月13日(日曜日)、先週に続き雨が無い。本流の大場所は渇水と鮎師が多いため入るに至らない。朝、家を出るのが6時を回っていたため 川に着いたのが遅くなってしまいお目当ての場所に着いた時にはしっかりと先行者の車が停車していた。見覚えのある車だ。「彼ならルアーだな〜そんなに長くは居ないかもしれんな〜それならずっと下流から上ってくるか?」

入渓路を二つ下がって攻めることにし 渓流域だがあえて長竿を使うことにする。渇水でも大物が掛ったことを想定してハリスは0.4号で挑む。川に降りて行って流れを前にして ポリポリと頭を掻きたくなるくらい水量が少ない。  (^^ゞ


「厳し〜い!」
水量が多い時には餌を流すと必ず反応があるポイントでほとんどアタリが無い。ならば目先を変えて極 チャラ瀬など竿抜けポイントを丹念に探る。水量が少ないからあまごが餌を食わない!食いが悪いだろうとほとんどの方が敬遠しているせいか?意外にもこんな所で?というようなところでも喰いだしてきた。細糸を使うまでもなく 0.4号でポンポン釣れる。


何ヶ所も長竿で攻め難いポイントがあるが、流れから遠く離れてサイドキャスト?する感じで餌を投入する。アプローチにも十分気を使って場を荒らさないようにする。

途中で鮎の網漁をする人が降りて来ていた。
「コサメか?(地元ではアマゴの事をコサメという) 水少ないからあかんやろ!」
と声を掛けてくれた。
「それがボチボチ釣れてますよ〜」
「ほんまかいな〜?」
信じ難いというような顔をしていたが、その人が見ている前で良型がヒットしタモに抜き取ると、
「おぉ〜やるな〜そりゃ面白いわ!この先の淵にこの前ルアーの兄ちゃんがええ奴掛けてたぜ〜頑張ってよ〜」
と教えてくれた。
「あの人頻繁に来てるんやな〜敵わんな〜(^^ゞ 」
「コサメ釣りやったら先に行ってよ〜ワシ先に行ったら釣れんようになるやろからな〜」
ごもっともである。水量が少ないうえに水の中を掻きまわされたのでは堪ったものではない。
「おおきに〜」



なんやかんやと釣って行くうちに、チビアマゴはリリースしながらでも魚籠の中には30匹を超える量になってきている。尺物は無いものの27cmを頭に良型が揃った。


そろそろ先行者が車を止めていた辺りまで上って来たので一度車に帰ることにする。時計は2時を回っている。日陰を探して遅いランチタイムをとり、さらに下流を探ることにする。停車ポイントではまたしても鮎師がいるが、そこから上流を探る事にするので同じように車を停めておく。5分ぐらい竿を出さずに川原を上って行き見当を付けていた所から竿を入れる。ここでも同じようにまずまずのサイズが楽しませてくれる。強く流れる白泡の流れから魚を抜き取り鈎を外していると、上流から二人下って来たではないか?
「うなぎの仕掛けほりこまいてよ〜」
一人が潜ったと思えるようにビショビショに濡れている。
「ゲッ!この先 ダメかも?」
と思いながらも下流に下って行った二人を見送りながら次の流れに餌を投入する。30分ぐらい経っただろうか?ちょっと期待していたポイントでミミズを流していると、またあの二人が上って来て少しの間 私の釣りを見ている。岩盤に強く当たって流れるポイントで流している餌を追ってか底でキラッと光った。鈎には掛らなかったが魚が居ることを確信し 再度餌を流すとククッと鈎掛かりした。腰に差したままのタモ枠に飛ばしてきたアマゴをキャッチすると、後ろでその二人が拍手をしてくれました。
「うまい!こんなに水 少ないのに釣れるもんやな〜ちょっとは釣ったん?」
と近寄って来たので、
「朝のうちこの上流の所 やってんけど昼過ぎから●●から入って、釣り上ってんねんけど、リリースしたの含めたら70匹超えるんちゃうかな〜」
「えぇ〜よっぽど上手なんやな〜?」
「いえいえ!水少ないからと言ってみんなあんまり竿出して無いんと違うやろか?よう出るぜ〜」
「いやいや!普通は釣れんぜ〜まぁ〜頑張ってよ〜」
と言って入河路に消えて行ってしまいました。

「今 抜いた所にさっき光ったのはこのアマゴと違うな〜もうちょっと大きく感じたけどな〜」
同じ流れに活きの良いミミズを投入し少し送り込んでみると、クッ!
「良し!乗ってる!」
間髪いれずに合わせを入れると、流れの強い所を右に左に走ってくれる。
「なかなか?本日最高かも?」
竿をまっすぐ立てたいのだが頭上の枝が邪魔になって取り込みにくい。抜こうか?どうしようか?と迷いながら魚をいなす。
「はいはい!観念したか?」
タモ枠に掬いこませ魚を見ると
「今日は一番大きいけど尺は無いな〜28・9ってとこかな〜?」
1〜2枚写真を撮って上流に枚上って行く。数匹追加した所で朝 降りたポイントまで来てしまった。
「今日はよう歩いたな〜久しぶりやな〜」
5時を少し回っているので本日は納竿とする。車に戻って一応検寸板に魚を乗せてみると、どうにか尺ピッタンコあるようだ。
「ラッキー!」
水量が少なくても人間も食べなくては生きていけないのと同じで 魚も餌を食うのだ!狙うポイントに入る時間帯と 釣り方を若干考えれば良い思いに繋がること間違いなし!   ってか?(^^ゞ

    
   30.3cm   250g   ♂


 ●竿    シマノ スーパーゲームスペシャル ZE H85-92
 ●ハリス  黒渓流 0.4号 
 ●ハリ   グラン きじ・ブドウ虫1号
 ●エサ   ミミズ