中野作 竹魚籠


中野作 竹魚籠ふたつ

 渓流にはやはり、自然の素材を活かして作った道具がよく似合います。
古ぼけた竹魚籠なんか、腰にでもぶらさげている釣り人と出会うと、
不思議にもその釣り人が名人?なのかな〜なんて思ってしまいます。
最近では、魚が入っている事も少ないのですが、
予備のエサやお茶などを入れています。


竹魚籠正面 たけ魚籠フタを開けた所
竹魚籠 底面 竹魚籠斜め 竹魚籠とタモ27p枠

竹ひご



 本体自体を作る(編む)よりも、竹ひごを作る作業に時間を費やしてしまいます。
しかし、竹ひごの良し悪しが魚籠全体のできを左右する。
と言ってもいいほど大切な作業なので、曖昧にはできないのです。


竹魚籠の作り方

タモ枠 ロッドケース 活かし箱 撮影用水槽
収納BOX エサ箱 魚籠 小物
タモ枠の作り方 タモ受けの作り方 ロッドケースの作り方 魚籠の作り方


TOPへ戻る中野作に戻るこのページの初めに戻る