2・3ヶ月の仔犬の育て方

4ヶ月の仔犬の育て方

5ヶ月の仔犬の育て方

6ヶ月の仔犬の育て方

人間の年齢で3歳〜5歳です。

母犬から離された仔犬は環境が変わり不安で一杯です
ので十分な心配りが必要、この頃の仔犬には、人間の赤
ちゃんを育てるように
深い思いやりで接する事が大切です。

人間の年齢で6歳〜7歳です。
乳歯の抜け替わる時期です。歯茎がムズムズしてくるので何でもかじるようになりますので噛んでも良いものを適度に与えてください。

この時期は知能の発達の最も盛んな時期ですから、良い性格と良い習慣をつける必要がありますのでわがまま放題の溺愛の結果はオーナ様が満足でも社会性のない仔になってしまいます。
ほめることと、しかることを仔犬の行動に結び付けて理解させましょう。
叱り方は母犬では仔犬を叱る時、口をくわえてうなります。すると仔犬は「ごめんなさい」と, 言わんばかりに首をすくめてやめます。その母犬の叱り方を真似て、口吻をにぎって低い声でうなる様叱ります。脅かすような叱り方をする仔犬はビクビクするか攻撃的な性格になってしまいますので根気よく関わりましょう。

人間の年齢で7歳〜8歳です。
この頃の仔犬は、自分を取り巻く家族との関係を自分より強いか弱いかで区分して考える様になります。

仔犬との主徒関係が確立していれば常に主人に注目して、気に入られるために命令に従います。主徒関係が出来ていなければ反抗して勝手に行動するようになりますので正しい主徒関係を確立するたに仔犬とふれ合うあらゆる場面で常に
人間が優位であることを示しましょう

人間の年齢で9歳です。
この頃の仔犬は、悪い習慣を改め良い性格をのばす時期です。

リードをつけて散歩に出かけると活発な仔犬は真っ直ぐに歩かなかったり、左右に引っ張って苦労します。この状態を放置して行くと女性や子供では散歩が困難な状態になります。仔犬を左にしてリードを左手で短く持ち残りのリードを右手で持ちます。歩行時は少し引き寄せて歩行し仔犬が前に出るようであればリードをカツンと引きショックを与えます。このトレーニングは根気がいりますが、毎日散歩の時に繰返し
教え良い習慣を身につけさせましょう

仔犬の育て方

仔犬の育て方 十 戒 健康チェック 食 事 運 動
予防接種 フィラリア 標準年齢換算表 出産早見表 Q&Aコーナー
バナー
天然記念物紀州犬TOP
新着情報 紀州犬の紹介 代表犬 子犬情報 子犬動画 紀州犬の成長報告 里親募集 リンク