この頃の仔犬は骨格形成上たいへん重要なので十分に
自由運動をさせてください。(ボールとかボロ布などを与え自由運動をさせます)

運  動

2ヶ月〜4ヶ月まで

4ヶ月〜6ヶ月まで


この頃から
リードをつけて散歩をはじめます。

仔犬はリードをつけられる事をためらいますので嫌がら
せず除々に慣らしていきます。


初めての屋外の運動は緊張して神経質になる仔犬もい
るので気の向くままに行動させて少しずつ行動範囲を
広げていきましよう。

6ヶ月位までは四肢の骨格が未完成なので激しい運動の
やり過ぎはかえって骨格形成に悪い結果となりますので
散歩は20分位にしましょう。

6ヶ月〜8ヶ月まで


この頃から
脚側進行で散歩できる様に訓練します。

リードをつけて散歩に出かけると活発な仔犬は真っ直ぐに歩かなかったり、左右に引っ張って苦労します。この状態を放置して行くと女性や子供では散歩が困難な状態になります。

仔犬を左にしてリードを
左手で短く持ち残りのリードを右手で持ちます。歩行時は少し引き寄せて歩行し仔犬が前に出るようであればリードをカツンと引きショックを与えます。このトレーニングは根気がいりますが、毎日散歩の時に繰返し
良い習慣を身につけさせましょう。


このページでは一般の仔犬の運動を紹介しております。
展覧会の出陳予定の方で運動方法を知りたい方はご連絡ください。
仔犬の育て方 十 戒 健康チェック 食 事 運 動
予防接種 フィラリア 標準年齢換算表 出産早見表 Q&Aコーナー
バナー
天然記念物紀州犬TOP
新着情報 紀州犬の紹介 代表犬 子犬情報 子犬動画 紀州犬の成長報告 里親募集 リンク