予防接種

【混合ワクチン】

仔犬は授乳期に母犬からの母乳により、ウイルスを防御する
ための
免疫・抗体を受け継ぎます。通常は生後60日頃に多く
のウイルスに対する免疫が無くなるとされていますので
1回
のワクチン接種
をします。しかし、あくまで保険的な意味合い
で完全ではありません。母大の免疫が残っていればワクチン
の効果はないので
90日に2回目の接種をします。

仔犬は90日の接種が終わるまで他の犬との接触や糞尿には
近づけないよう配慮が必要です。ワクチン接種は、子犬を感染
症から守るために必要不可欠です。 最寄の獣医さんに相談してください。

【狂犬病ワクチン】

狂犬病予防注射は、「室内犬を含む生後91日以上の犬を所有する者は、毎年1回、狂犬病予防注射を受け 注射済票の交付を受けなければならない」と定められています。(「狂犬病予防法」では、「大の所有者は、 犬を取得した日(生後90日以内の犬を取得した場合は、生後90日を経過した日)から30日以内に、その犬の所在地を管轄する市区町村に登録をしなければならない」と定められています)

【ワクチン接種の注意点】

混合ワクチンおよび狂犬病ワクチンの接種は疲れている時や調子の悪い時に接種をすると体調を崩し発熱や食欲不振などを起こす場合がありますので調子の良いときに行いましょう。輸送後は疲れておりますので10日くらいは接種は避けてください。又、ワクチン接種後、10日位は激しい運動は避けて下さい。
バナー
天然記念物紀州犬TOP
新着情報 紀州犬の紹介 代表犬 子犬情報 子犬動画 紀州犬の成長報告 里親募集 リンク
仔犬の育て方 十 戒 健康チェック 食 事 運 動
予防接種 フィラリア 標準年齢換算表 出産早見表 Q&Aコーナー