北原土木




最新情報




2016年 7月 21日:
森林整備事業の実績紹介を更新しました。27年度実績に加え、今年度進行中の事業についても紹介してありますので、
是非とも、森林整備事業 > 実績紹介 をご覧ください。

実績紹介のページでは現場の様子までは判らないので、黒河内国有林での写真をいくつか紹介したいと思います。





2016年 4月 26日:
今年も4月23日、24日に第30回飯田やまびこマーチが開催されました。
両日とも天候に恵まれ、みなさん気持ちの良い汗をかけたのではないでしょうか。
恒例行事となりましたが、当社も かざこし子どもの森公園 にて 竹の子汁 無料サービス でウォーカーたちを応援させて頂きました!



今年も、飯田市や近隣住民の方々の所有する竹林で非常にたくさんのタケノコを収穫させて頂きました。
写真の軽トラに載っているタケノコはほんの一部です。。。
放置されている竹林も多い中、きちんと手入れがされていると、本当にたくさんの恵みを受け取ることができるものですね。

これを機に、所有している竹林の手入れをしたい!とお考えのみなさま、当社でも竹林整備を承りますので、お気軽にご相談ください!
併せて、森林整備事業 > 竹林整備 もご覧ください。



2016年 1月 21日:
平成28年1月19日付で「南信州いいむす21」(上級)の登録事業所として、無事認定して頂きました。

今回の認定をスタートラインとして、今後も日頃よりご愛顧して頂ける関係各所の方々のご期待に添えるよう、
環境との調和に配慮した事業活動を推進していきます。

詳細については、会社概要 > 南信州いいむす21 をご覧ください。


浦国有林と根羽村外山での森林整備事業が無事完了しましたので、実績紹介を更新しています。
今月末に完了予定の手良沢山国有林についても併せて更新していますので、森林整備事業 > 実績紹介 をご覧ください。



2015年 12月 2日:
循環型社会の構築を目指し、環境負荷を低減させるために、平成27年11月9日付で「南信州いいむす21」取組宣言をいたしました。

環境問題への対応を当社の重要課題の一つと認識し、環境との調和に配慮した事業活動を推進していきます。

宣言内容については、会社概要 > 南信州いいむす21 をご覧ください。



2015年 9月 25日:
浦国有林と同時進行の森林整備事業の現場として、手良沢山国有林(伊那市手良)が9月からスタートしました。
こちらの現場では、はやくも Nordisk のテント二代目が登場しました。
今回の現場は、素材生産(皆伐・造材)と造林(地拵え・植栽)を一貫作業として進めることから、視察や調査等で各方面の方々も来訪されるため、
きちんとドリップコーヒーも用意してお迎えしております。














2015年 9月 7日:
編笠山、入笠山に続く森林整備事業の現場として、浦国有林(伊那市長谷)が8月からスタートしました。
こちらの現場でも、休憩小屋として Nordisk のテントが活躍しています。
今回は荷物置き場用のテントも併設し、さらに快適性が向上↑↑↑しました!













2015年 6月 3日:
今年4月から森林整備事業として進行中の編笠山国有林(富士見町)の作業現場に、休憩小屋として Nordisk のテントが登場しました。
これまで、森林整備の現場と言えば、着替えや荷物置き場は通勤車両の中だったり、ブルーシートでこしらえた簡易タープでしたが、
北欧のおしゃれなテントが登場したことで、現場の雰囲気もかなり向上↑↑↑しました!










現在、編笠山と入笠山という山梨県との県境に近い2つの現場で森林整備事業が同時進行しています。
いずれも、飯田市からは少々遠距離ですが、非常に涼しく、快適です (^o^)v



2015年 3月 10日:
先日、飯田市の名勝 天龍峡にて樹齢推定100年を超えるツガの伐採作業を行いました。
幹回り 3m 、直径約1m の大径木で周囲を天竜川、道路、天龍峡駅に囲まれているため、クレーンで吊り下げながらの伐倒作業となりました。

伐倒した木は、施主様の発案により、天龍峡駅近くの広場に、名勝 天龍峡を望むテーブル&ベンチシートとして設置されました。
無垢の丸太をそのまま活かした立派な出来栄えとなっていますので、天龍峡にお越しの際は、是非ともお立ち寄りください。














過去の情報はこちら


北原土木の風景

















竹炭で木育竹炭で木育