パーツの取付@
パーツは無理せず慎重に取り外しましょう。
PCパーツは精密部品です、乱雑に扱うと破損します、取扱は慎重に。
取付パーツの入手はこちらをご参照ください

CPU取付前のマザーボード

交換に最適なマザーボードはこちら
           
マザーボードにCPUを取付ける

CPUクーラーを取付ける

取付時はCPUとマザーボードの取説をよく読んでから作業してください。
ここからはCPU取付作業

@.カバーの開放

カバーの開放レバーを押しながら横にずらす

A.ロックレバーを解除

ロックレバーを上に持ち上げて解除する

B.ロードプレートを持ち上げてソフトキャップを外す

ロードプレートを持ち上げてソフトキャップを外す

C.取付の目印ソケット側

取付の目印ソケット側 ソケットに凸がある

D.取付の目印CPU側

取付の目印CPU側 CPUに凹がある

E.取付目印の位置をよく確認し慎重に取り付ける

取付目印の位置をよく確認し慎重に取り付ける

F.確実にソケットに入っているか指で軽く動かして確認する

確実にソケットに入っているか指で軽く動かして確認する

G.ロードプレートを閉じロックレバーをタブに戻し固定する

ロードプレートを閉じロックレバーを押しながら横に戻しタブに固定する


H.CPUクーラーに熱伝導シートが貼り付いているか確認する

CPUクーラーに熱伝導シートが貼り付いているか確認する

I.CPUファンケーブル接続

CPUファンケーブル接続
注:CPUの取説を参照する。ケーブルがファンに触れぬように配線の取り回しに注意する。

J.CPUクーラーのファスナー(4つある固定パーツ)が確実に取付られているかマザーボードの裏側を確認する 1

CPUクーラーのファスナー(4つある固定パーツ)が確実に取付られているかマザーボードの裏側を確認する 1

K.ボードの裏側の確認 2

ボードの裏側の確認 2
割ピンの黒い芯の部分がこの位でればOK

L.クーラーを手で軽く揺らしてがたつきが無いか確認する

クーラーを手で軽く揺らしてがたつきが無いか確認する


CPUクーラー取り付け時の重要確認事項 
CPUに同梱されている純正CPUクーラーなどのヒートシンクには通常、熱伝導シート(黒/グレー/白など)が貼り付けてあります。ビニールの保護カバーが貼り付けてありますので、これを剥がします(剥がさないで装着すると排熱ができずCPUが破損する場合があります)。一方で、市販のCPUクーラーなど、ヒートシンクに熱伝導シートが張られていないものもあります。このときはCPUとCPUクーラーのヒートシンクの「隙間」をなくすためにシリコングリスというクリームのようなものを塗ります。「CPUとヒートシンクの隙間をなく密着させること」が目的ですので、適量を満遍なく薄く塗ります。塗る量は「多すぎず少なすぎず」が肝心です。
※熱伝導シートが貼られている場合は絶対にシリコングリスを塗らないでください。また、シートが剥離するおそれがありますので、シートを下側にして置いたり、触ったりしないようにしてください。

CPU冷却のため、必ずクーラはを取り付けます。取り付けが不十分だと、冷却が充分に行われずパソコンが停止したり、マザーボードから外れてしまうなどトラブルの原因となってしまいますので、確実に作業しましょう。
CPUファンの取り付け
CPUファンの取り付け

1. マザーボード上の取り付け位置を確認  取り付ける前に、ケーブルがコネクタまで届くか確認する。
2. CPUソケット周辺にある、CPUファン取り付け用の穴に固定レバーの位置を合わせます。
3. CPUファンの4隅にある固定レバーを押し込んで固定します。
固定する順番は対角線で行う と取り付け時の偏りが少なくなります。

固定用の白い割ピンがマザーの裏まで突き抜けていることを確認して、取り付け完了です!
重要確認事項
マザーボードの裏側
固定用の白い割ピンがマザーの裏まで突き抜けていることを確認

固定用の白い割ピンがマザーの裏まで突き抜けていることを確認
*注 CPUクーラーは機種により固定方法が変わりますので、取扱説明書をよくお読みください。
失敗しないためのポイント:CPUファンケーブルがファンに触れないように配線の取り回しに注意する。

CPUとCPUクーラー取付完了

交換に最適なIntel CPUはこちらへ      AMD CPUはこちらへ

交換に最適なパーツ類

マザーボードはこちらへ Intel CPUはこちらへ AMD CPUはこちらへ メモリーはこちらへ OSはこちらへ電源はこちらへ

【ドスパラ】17時までのご注文確定で当日出荷!


【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!



   次ページパーツの取付Aへ

パソコンパーツ交換は自分で修理すれば超安上がり