OSのインストール



windows8 インストール用DVD
パッケージから出したDVD

windows8 インストール用DVD
OSのインストール手順
1.パソコンの光学ドライブにDVD-ROMを挿入し起動する。
2.BIOSの設定画面にて光学ドライブからのブートに設定するとインストールが開始される。
3.後は画面の指示どうりに作業すれば終了する。

特記事項
今回の改装でOSをSSDに入れるのでOSインストール時はSSDのみ接続し他のHDD類は接続を外しておいてOSインストール終了後HDD類は再接続する。そしてその際必要な作業は、MCLタイプのSSDは書き換え回数に限度があるので、より快適な状態を維持させるには、SSDへのデータの書き込みは極力最低限に抑える(ユーザーが自分用に作成する個人用のデータ例写真画像・住所録・日記などのデータです)。

そのためにはまず起動SSDローカルディスク(C:)にはデータ保管用フォルダ等は置かない他のHDDたとえばD:ドライブ等にデータ保管用フォルダ等に作る、そしてローカルディスク(C:)に存在する「デスクトップ」「マイドキュメント」「マイ ピクチャ」「マイ ビデオ」「マイ ミュージック」「ダウンロード」等もフォルダの保管場所を他のドライブへ変更設定が可能なので、データ保管用フォルダ等を作成したHDDに変更する。

保管場所を他のドライブへ変更設定の方法
スタートメニュー→コンピュータ→ローカルディスク(C:)→ユーザー→任意の設定したユーザー名フォルダー内の各フォルダーを右クリック「プロパティ」内の場所タブ内の移動ボタンをクリックし指示どうり移動先に同名のフォルダーを作成し適用ボタンで完了。
これで全て完了。無事完成しました。お疲れ様でした。
パーツが揃っていれば半日から1日で組立られます。

パソコンパーツの種類・規格・価格など詳細はこちらのサイトへ 

【ドスパラ】17時までのご注文確定で当日出荷!


【ドスパラ】パーツ・周辺機器は5,000円(税込)以上で送料無料!


次ページ「SSDを増設しよう」 へ


パソコン格安修理