解説:守護霊など


はじめに

 人には一体の守護霊、2〜3体の背後霊が付き添っており、数十人に一体の指導霊、数百人に一体の大指導霊、場合によっては数千人〜2万人に一柱の守護神がいます。

本文

 [先祖との付き合い方]の中で、人には1体の霊が守護霊として付き添っていると書きました。守護霊は、本人より少し[霊層] が高い霊で、文字通り、つきっきりで本人を守っています。たいていは、先祖の霊です。本人が善い行いや善い想念によって霊層が大きく向上しますと、それまでの守護霊では守護しきれなくなって、もっと霊層が高い霊と交替します。

 守護霊一体だけでは、本人の活動範囲全般にわたって効果的に守護することは難しいので、守護霊を補佐するような形で背後霊団がいます。霊団といっても、たいてい2体か3体です。背後霊もたいていは本人の先祖で、その得意な分野について守護霊を支援します。

 守護霊も背後霊も、本人にくらべて、少し霊層が高いだけなので、本人の運命にかかわるような大きな事柄については判断ができにくいため、有効に守護できません。そこで、数十人について一人の指導霊がいます。本人が小学生とすると、指導霊は担任の先生のような存在です。指導霊は本人が霊層を向上し幸せになれるように指導します。指導霊はたいてい中有界の上部から温暖遊化界の下部くらいの霊層の霊です。

 指導霊でも判断できかねるような大きなことがらについては、その上の大指導霊が指導します。。指導霊10体分〜20体分、したがって数百人〜千人を担当しています。大きな小学校の学年主任か小さ目の小学校の教頭先生くらいの位置づけで、しかも、ことがらによっては直接指導します。大指導霊はたいてい温暖遊化界の上部から極楽界の下部くらいの霊層の霊です

 大指導霊でも判断しにくいような大きなことがらについて、場合によっては守護神が指導します。守護神が担当する範囲は大指導霊10体分〜40体分ですから数千人から2万人くらいを担当しています。守護神は四次元、五次元、六次元の神です。誰にでも守護神があるわけではなく、守護神をいただいている人の全人口に占める比率は大きくはありません。

 守護霊も背後霊も、人が肉体をもって現界で生きるときには付き添っていますが、死んで幽界にいるときには解任されて不在です。このことから分かるのは、現界にいるときは、霊が3体〜4体も付き添っていないと不自由だということ、つまり、人が肉体をもつということは、とても不自由なことなんだということです。

 一方、指導霊、大指導霊、それに場合によっては守護神は、人が生きているか死んでいるかにかかわらず担当します。人は現界にいても、幽界にいても日々悟っていかなければならないからです。つまり、指導霊、大指導霊、守護神は、人の心を育てるための仕組みなのです。人が宇宙の真理を悟って幸福になるために、また天国のような社会を造る一人になるために、指導霊たちは必須の存在なのです。

 これから分かることは、「人が悪い事をしても、誰も見ていなければ大丈夫だ」などということはあり得ないということです。悪いことをすれば、その報いを受けて辛い想いをして反省するようにする[因果律] がしっかり運用されるように、守護霊、指導霊たちがしっかり見ているのです。

 絶対のご存在がお造りになり、運営なさっているきめ細かい仕組みに驚かされますし、感謝あるのみです。

まとめ

 守護霊、背後霊は人が現界にいるときには必須ですが、幽界では必要ありません。指導霊、大指導霊は、心の成長のために指導してくれるので、現界にいても幽界にいても必須の存在です。

[(C) 2006 明心塾]

  ●解説
    ▲守護霊など
    ▲先祖との付き合い方
    ▲因果律
    ▲なぜ反日か?
    ▲水戸黄門はなぜ人気があるか
    ▲宇宙の真理を悟るとは
    ▲霊層とは
    ▲心の修練