イラスト:住田 真樹子さん 

 1988年創刊の「銀河通信」が200号を迎えました。創刊当時は旭川の自然保護運動の仲間に近況を伝えるささやかな手書きの通信でした。2004年からはパソコンで編集。山の自然を守る活動、森と川を語る会、知里幸恵記念館設立運動、ハンセン病回復者と北海道をむすぶ会、泊原発の廃炉をめざす会、そして今は植村裁判を支える市民の会に全力をあげて活動しています。草の根の市民運動を伝えているうちに読者は750人になりました。ありがとうございます。もう一つの柱が本や映画の紹介です。本当に心豊かに暮らすとはどういうことなのかを、これからも伝えていきたいと思います。
銀河通信、No.218(2020.5.25) を発行しました。
下記よりお入りください。



パスワードの依頼は下記よりメールをお願い致します。