米国株取引(アメリカ株)の始め方や口座開設方法

米国株(アメリカ株)の買い方・口座開設方法日本でも外国株の取引が流行してきていますが、外国株で一番人気なのはやはり米国株、つまりアメリカの上場企業の株です。

ニュースでよく聞く「ニューヨークダウ」や「NASDAQ(ナスダック)」「ニューヨーク証券取引所」は、ニューヨークダウはアメリカの企業の株の平均(日本で言う日経平均株価)で、NASDAQはアメリカのベンチャー向け株式市場(日本で言うマザーズ)、「ニューヨーク証券取引所」は日本でいう東京証券取引所にあたるものです。

アメリカにはAppleFacebookをはじめ、日本でも有名な企業はたくさんあります。世界の時価総額ランキングを見てみるとほとんどが米国の企業ですね。けっこう知っている企業が多いのではないでしょうか。

にもかかわらず、まだまだ米国株取引を「難しい」と思っていたり「英語ができない」といった理由で米国株の取引をしている人はまだまだ少ないようです。

■このページの目次

↑「米国株の買い方がわかった」「米国株買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

日本語でできる!米国株の買い方

実は、米国株つまりアメリカの上場企業の株は日本の証券会社でも買うことができます。日本語で取引ができることを知らなければ難しそうと思ってしまいがちですが、日本語でも買えるとなればできると思いませんか?

米国株取引の始め方は、やり方さえわかってしまえば簡単に取引ができます。米国の企業の株が買いたいときに、米国株の取引ができる口座を持っていれば日本で米国企業の株を買うことができます。

米国株取引の口座開設の流れ

ネット証券での米国株式の口座開設の流れは以下の3ステップです。

1.まずは日本株の口座開設申し込みをする

米国株式を取り扱っているネット証券(マネックス証券・楽天証券・SBI証券など)で、まずは日本株の口座開設の申し込みをします。

外国株取引の際はまず日本株の取引ができる口座を作り、口座開設後にオンラインで外国株取引の口座開設を申し込みします。(参考:日本株の口座開設の手順はこちら

2.ログインして「外国株取引口座の申し込み」をする

日本株の口座開設が完了したら、ネット証券のサイトにログインして、ログイン後のメニューから外国株式取引の口座開設の申込みをします。

画面の手順に従って進めていくと、米国株の口座開設が完了します。

※楽天証券は日本株の口座開設と同時に外国株取引口座も開設されるためこの手順は不要です。SBI証券は最短で申し込みと同時に口座開設完了、マネックス証券は米国株が取引できるまで申し込みから最大で3営業日かかります。

3.米国株取引開始

米国株取引の口座開設が完了したら、取引が可能になります。


上記の3ステップで米国株の口座開設をすることができます。

※日本株の口座と米国株取引の口座は別扱いとなるので、株を買う資金の振替などは必要です。日本株の口座から振替できたり、円で決済する場合は日本株の資金がそのまま使える場合もあります。

ただし、米国株を取り扱っているネット証券で口座を開設する必要があります。日本株しか取り扱っていないネット証券もあるので注意して下さい。米国株式を取り扱っている主なネット証券は以下のものがあります。

■米国株式を取り扱っている主なネット証券

※取扱い銘柄数は2018年3月31日時点

上記のいずれかのネット証券へのリンク先をクリックして、まずは口座開設(無料)をしましょう。いずれも米国株式も特定口座に対応しています。

おすすめは米国株式に一番力を入れているマネックス証券です。以下にデータを書いていきますが、取扱銘柄数、注文可能時間、手数料の安さ、夜間サポート(米国市場が開いてる時間は日本は深夜)など、全てにおいて米国株を取扱いしている大手ネット証券で一番条件が良いです。

口座開設が完了したあとの実際の買い方の手順(注文発注の手順)はこちらを参考にしてください。

米国株取引ができる証券会社

主要なネット証券9社(※)の中で米国株取引ができるのはマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社のみです。(2018年7月現在)

※マネックス証券・SBI証券・楽天証券・ライブスター証券・岡三オンライン証券・カブドットコム証券・GMOクリック証券・松井証券・マルサントレード

One Tap Buyでも米国株を取扱っていますが、米国株は30銘柄のみ

大手証券会社の5社(野村證券・大和証券・みずほ証券・SMBC日興証券・三菱UFJモルガン・スタンレー証券)も米国株取引を取扱っていますが、

など、大手証券会社は各社制限が多く手数料も高いため、ここでは主にネット証券のみを解説していきます。※野村證券グループのネット証券「野村ネット&コール」でも米国株の取引はコールセンター取引のみです。

米国株のネット取引でおすすめの証券会社

米国株取引でおすすめの証券会社は、他社と比較すると一目瞭然という形なのですがマネックス証券です。

まず日本で米国株式の取引ができる主な証券会社は、ネット証券はマネックス証券 楽天証券 SBI証券 の3社、大手証券会社は5社ともできますが、ネット取引ができるのは三菱UFJモルガン・スタンレー証券のみです。(2018年7月現在)

米国株の個別銘柄をネットで取引できるのは

  • 主要ネット証券では
    マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社
  • 大手証券会社では
    三菱UFJモルガン・スタンレー証券のみ

米国株に関しては現時点で取扱いをしているネット証券を比較すると手数料・取扱銘柄・サービス共に現時点ではかなりの差で圧倒的にマネックス証券がおすすめです。(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由

まず取扱い銘柄数がマネックス証券は3000超に対し、SBI証券・楽天証券は1500未満、証券会社はネット取引ができる銘柄数はネット証券と比べてかなり少ないです。(2018年7月現在)

米国株取引で逆指値注文が使えるのはマネックス証券だけ、米国株のスマホ取引用のアプリもある、注文有効期間も90日と長い、また深夜でもサポートの電話がつながる(米国株の市場が開いている時間は日本は深夜)ので便利です。

手数料で比較するとネット証券3社に絞り込まれ、取扱銘柄数なども考えると現時点ではマネックス証券1強と言えるかもしれません。

なので、これから米国株取引を始める場合は、他のネット証券を使っている人でも米国株の取引はマネックス証券で始めるとよいかもしれませんね。

各証券会社の手数料や取扱い銘柄数などを比較してみましょう。

米国株取引の手数料や取扱い銘柄数を比較

米国株取引手数料は、ネット証券ごとに異なります。比較ができるように2018年7月1日時点での各証券会社の手数料を以下に記載します。

手数料の比較(税抜)

※2018年7月1日時点の情報です
※野村證券・大和証券・野村ネット&コールはオンライン取引不可

参考:米ドルのレート(Yahoo!ファイナンス)

最低手数料/最大手数料の比較(税抜)

※2018年7月1日時点の情報です

変更の可能性もあるため、現在の実際の手数料は各ネット証券の公式ページを参考にして下さい。現時点での手数料を比較するとマネックス証券・SBI証券が一番安くて有利ですね。

取扱い銘柄数で比較

米国株式は日本株のように全銘柄が買えるわけではなく証券会社ごとに取扱い銘柄数が違います。

取扱い銘柄数で比較するとマネックス証券が圧倒的に多いです。

※2018年3月31日時点の情報です

また、アメリカと日本は時差が13時間あるため、現地での取引時間は日本は夜間になります。慣れない外国株の取引で何かあったときにサポートは重要ですが、夜間サポートに対応しているのはマネックス証券のみです。

米国株の取引時間と注文受付時間

取引時間

ニューヨーク現地時間:9:30〜16:00 が米国株式の取引時間です。

日本時間では、23:30〜6:00となります。米国サマータイム(※3月第2日曜日〜11月第1日曜日)は22:30〜5:00となります。

マネックス証券はプレ・マーケットとアフター・マーケットの取引ができるため他のネット証券と比べて取引時間も少し長いので時間的にも有利です。

参考:米国株取引の取引ルール(マネックス証券公式サイト)

注文受付時間

注文受付時間はネット証券によって異なります。(取引時間ではなく、ネット証券が注文を受付けてくれる時間です)

米国市場のオープン時間は日本時間では23:30〜6:00なので、基本的に米国株取引はリアルタイム取引ではなく「取引時間外に注文を出しておく」というケースも増えると思います。

そうなると、この注文受付時間はけっこう重要です。

マネックス証券は24時間受付してくれます。

SBI証券は米国営業日の日本時間19:00〜19:30と、日本時間での取引終了時刻から10:30頃までを除く時間帯。

楽天証券は日本時間で15時〜翌日6時(サマータイムは当日15時〜翌日5時)となります。(15時〜17時15分までは円貨決済不可、この時間帯は外貨決済のみ)

注文受付時間でもマネックス証券が有利ですね。

NISA口座にも対応

3社ともNISA口座が外国株にも対応しているため、NISA口座で米国株に投資することも可能です。

米国株式の取引を開始するには

上記でも述べましたが、米国株式の取引を開始するにはまず米国株式を取り扱っている主なット証券で最初に日本株の口座開設をしましょう。

日本株の口座開設が完了したら、ログインして米国株の取引口座の申し込みをします。すでにネット証券に口座を持っている方は米国株取引口座の申し込みをすればOKです。

口座開設にはお金がかからないので、いくつか口座を作ってみて使い勝手などを比較してもよいかもしれません。あなたに合った使いやすいネット証券で米国株取引を楽しんで下さい。

米国株式を取り扱っている主なネット証券