米国株取引の始め方・口座開設方法

米国株(アメリカ株)の買い方・口座開設方法日本でも外国株の取引が流行してきていますが、一番人気はやはり米国株、つまりアメリカの企業の株です。

ニュースでよく聞く「ニューヨークダウ」や「ニューヨーク証券取引所」は、ニューヨークダウはアメリカの企業の株の平均(日本で言う日経平均株価)で、「ニューヨーク証券取引所」は日本でいう東京証券取引所にあたるものです。

アメリカにはAppleFacebookをはじめ、日本でも有名な企業はたくさんあります。世界の時価総額ランキングを見てみるとほとんどが米国の企業ですね。けっこう知っている企業が多いのではないでしょうか。

にもかかわらず、まだまだ米国株取引を「難しい」と思っていたり「英語ができない」といった理由で米国株の取引をしている人はまだまだ少ないようです。

日本語でできる!米国株の買い方

実は、米国株つまりアメリカの上場企業の株は日本の証券会社でも買うことができます。日本語で取引ができることを知らなければ難しそうと思ってしまいがちですが、日本語でも買えるとなればできると思いませんか?

米国株取引の始め方は、やり方さえわかってしまえば簡単に取引ができます。米国の企業の株が買いたいときに、米国株の取引ができる口座を持っていれば日本で米国企業の株を買うことができます。

米国株取引の口座開設の流れ

ネット証券での米国株式の口座開設の流れは以下の4ステップです。

1.まずは日本株の口座開設申し込みをする

米国株式を取り扱っているネット証券(マネックス証券・楽天証券・SBI証券など)で、まずは日本株の口座開設の申し込みをします。口座開設の申し込みをすると詳しい資料とともに口座開設に必要な書類が送られてきます。

2.日本株の口座開設をする

書類を記載して返送し、まずは日本株の口座を開設します。口座開設が完了すると、ネット証券のサイトにログインするために必要なIDとパスワードが発行されます。(参考:日本株の口座開設方法

3.ログインして「米国株取引口座の申し込み」をする

日本株の口座開設が完了したら、ネット証券のサイトにログインして、ログイン後のメニューから米国株取引口座の申し込みをします。

画面の手順に従って進めていくと、米国株の口座開設が完了します。

4.米国株取引開始

米国株取引の口座開設が完了したら、取引が可能になります。


上記の4ステップで米国株の口座開設をすることができます。ただし、米国株を取り扱っているネット証券で口座を開設する必要があります。日本株しか取り扱っていないネット証券もあるので注意して下さい。米国株式を取り扱っている主なネット証券は以下のものがあります。

■米国株式を取り扱っている主なネット証券

上記のいずれかのネット証券へのリンク先をクリックして、まずは口座開設(無料)をしましょう。

おすすめは米国株式に一番力を入れているマネックス証券です。以下にデータを書いていきますが、取扱銘柄数、取引可能時間、手数料の安さ全てにおいて米国株を取扱いしている大手ネット証券で一番条件が良いです。

米国株取引でおすすめの証券会社と比較

米国株取引でおすすめの証券会社は、比較すると一目瞭然という形なのですがマネックス証券です。

日本で米国株式の取引ができる主な証券会社は、ネット証券はマネックス証券 楽天証券 SBI証券 、大手の証券会社では野村證券(野村ネット&コール)、大和証券(窓口のみ・オンライン不可)です。

米国株に関しては現時点で取扱いをしているネット証券を比較すると手数料・取扱銘柄・サービス共に現時点ではかなりの差で圧倒的にマネックス証券がおすすめです。(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由

手数料で比較すると2位と大差をつけてマネックス証券かSBI証券の2択になり、取扱銘柄数なども考えると現時点ではマネックス証券1強と言えるかもしれません。

なので、これから米国株取引を始める方は、日本株は他のネット証券を使っている人で米国株はマネックス証券で始めるとよいかもしれませんね。

各証券会社の手数料や取扱い銘柄数などを比較してみましょう。

米国株取引の手数料や取扱い銘柄数を比較

米国株取引手数料は、ネット証券ごとに異なります。比較ができるように2017年1月1日時点での各ネット証券の手数料を以下に記載します。

手数料の比較(税抜)

※2017年1月1日時点の情報です
※大和証券は店頭のみ、野村證券は野村ネット&コールでの手数料

参考:米ドルのレート(Yahoo!ファイナンス)

最低手数料/最大手数料の比較(税抜)

※2017年1月1日時点の情報です
※野村證券は野村ネット&コールでの手数料

変更の可能性もあるため、現在の実際の手数料は各ネット証券の公式ページを参考にして下さい。現時点での手数料を比較するとマネックス証券・SBI証券が一番安くて有利ですね。

取扱い銘柄数で比較

米国株式は日本株のように全銘柄が買えるわけではなく証券会社ごとに取扱い銘柄数が違います。

取扱い銘柄数で比較するとマネックス証券が圧倒的に多いです。

※2017年1月1日時点の情報です

また、アメリカと日本は時差が13時間あるため、現地での取引時間は日本は夜間になります。慣れない外国株の取引で何かあったときにサポートは重要ですが、夜間サポートに対応しているのはマネックス証券のみです。

米国株取引の手数料の詳細

マネックス証券の米国株取引手数料

マネックス証券の米国株取引手数料は1約定につき約定代金の0.45%(最低手数料5米ドル(税抜)、最高で20米ドル(税抜))です。

楽天証券の米国株取引手数料

楽天証券の米国株取引手数料は、1,000株まで25米ドル(税抜)、1,000株超は1株毎に2セント(税抜)追加です。

SBI証券の米国株取引手数料

SBI証券の米国株取引手数料は、1約定につき約定代金の0.45%(最低手数料5米ドル(税抜)、最高で20米ドル(税抜))です。

米国株取引時間と注文受付時間

取引時間

ニューヨーク現地時間:9:30〜16:00 が米国株式の取引時間です。

日本時間では、23:30〜6:00となります。米国サマータイム(※3月第2日曜日〜11月第1日曜日)は22:30〜5:00となります。

マネックス証券はプレ・マーケットとアフター・マーケットの取引ができるため他のネット証券と比べて取引時間も少し長いので時間的にも有利です。

参考:米国株取引の取引ルール(マネックス証券公式サイト)

注文受付時間

注文受付時間はネット証券によって異なります。(取引時間ではなく、ネット証券が注文を受付けてくれる時間です)

マネックス証券は24時間受付、SBI証券は米国営業日の日本時間19:00〜19:30と、日本時間での取引終了時刻から10:30頃までを除く時間帯、楽天証券は日本時間で15時〜翌日6時(サマータイムは当日15時〜翌日5時)となります。注文受付時間でもマネックス証券が有利ですね。

米国株式の取引を開始するには

上記でも述べましたが、米国株式の取引を開始するにはまず米国株式を取り扱っている主なット証券で最初に日本株の口座開設をしましょう。

日本株の口座開設が完了したら、ログインして米国株の取引口座の申し込みをします。すでにネット証券に口座を持っている方は米国株取引口座の申し込みをすればOKです。

口座開設にはお金がかからないので、いくつか口座を作ってみて使い勝手などを比較してもよいかもしれません。あなたに合った使いやすいネット証券で米国株取引を楽しんで下さい。

米国株式を取り扱っている主なネット証券