「ゼロETF」で米国ETF の売買手数料が実質無料に

マネックス証券の「ゼロETF」で米国ETF の売買手数料が実質無料に

初めてアメリカの株、つまり米国株を取引するという方には、個別の人気銘柄はもちろんですが、それとともに人気なのが米国ETFです。

ETFは株式市場に上場した投資信託なので、1銘柄を買うだけで幅広く分散投資ができる優れものですね。

米国市場に上場している米国ETFを手数料実質無料で取引できる(手数料相当をキャッシュバックしてくれる)のが、マネックス証券のゼロETFです。

ゼロETFで手数料が実質無料に

ゼロETFは、対象ETFの米国株取引手数料(売買ともに)が実質無料になるプログラムです。 (取引日の翌月末までに、外国株取引口座に米ドルでキャッシュバックされます)

手数料を気にせず売買できるというのは嬉しいですね。

ゼロETFの適用方法

ゼロETFの適用は、マネックス証券で対象銘柄を購入するだけです。

キャンペーンのエントリーなどは特に必要ありません。マネックス証券で米国株取引の口座を作れば対象になります。

終了期限も決まっていないので、対象銘柄はいつでも手数料のキャッシュバック対象となり、実質無料で取引できます。

マネックス証券
※無料で外国株の口座開設ができます

マネックス証券で米国ETFを買うための口座の作り方は米国株取引の口座開設や基礎知識を、実際に購入するときの手順に関しては米国株の買い方(銘柄購入の手順)を参照してください。

ゼロETFの対象ETF

ゼロETFの対象ETFは、マネックス証券で取扱いのあるウィズダムツリーETF27銘柄(以下の銘柄)が対象です。

今後、ウィズダムツリーにて新たに日本国内での売買可能な銘柄が追加された際には「ゼロETF」の対象ETFになる予定です。

米国株取引で有利なマネックス証券

時差の関係で取引時間が深夜になる米国株取引ではマネックス証券がおすすめです。

マネックス証券は米国株取引で逆指値注文やトレールストップ注文が使えるネット証券です。

また、米国株個別銘柄の取扱銘柄数の多さ、注文可能時間が長く、夜間サポートもあるなど、米国株を取扱いしている大手ネット証券で一番条件が良いです。(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由

米国株取引で逆指値注文が使えるのはマネックス証券だけ、注文有効期間も90日と長い、また深夜でもサポートの電話がつながる(米国株の市場が開いている時間は日本は深夜)、さらに手数料無料期間ゼロETFがあったり、米国株の厳選銘柄レポートが無料で見れるなどとても便利です。

なので、これから米国株取引を始める場合は、他のネット証券を使っている人でも米国株の取引はマネックス証券で始めるとよいかもしれませんね。

各証券会社の手数料や取扱い銘柄数などの比較は米国株が買える証券会社のページを見てください。

■米国株取引の関連ページ