銘柄の選び方・探し方〜どの株を買ったらいいの?

株取引を始めたばかりの株初心者のかたから「どこの株を買ったらいいの?」「どうやって選べばいいんですか?」というような質問をよく受けます。

つまり、株を始めてみたものの銘柄の選び方がわからないということですね。

株を始めようと思って証券会社の口座開設まではしたのに「銘柄の選び方がわからなくてどこの株も買っていない」という方の話も聞いたことがあります。せっかく始めたのにもったいないですね。

とはいっても、初心者の場合はどうやって探したらいいかがわからないと思うので、このページでは株の銘柄を探すための基礎的なやり方を解説していきます。

1.まず買いたい候補を決める

株の銘柄を探すための基礎的なやり方で重要なのは、いきなり買う銘柄を探すのではなく、まず「買いたい候補」をいくつか挙げることです。

そのための方法を5つ紹介します。

順番に見ていきましょう。どのやり方でもかまいませんので、自分にあった方法を選んでやってみて銘柄の候補を見つけてみてください。

知ってる会社から探す

初心者のかたにはやはり「知ってる会社」から入るのがわかりやすいです。証券会社の検索窓に以下のものを入れてみます。

情報が出てきて「この会社ってこうなんだー」というのも、株取引にまだ慣れていないうちは知らない会社より知ってる会社のほうが頭に入ってきやすいです。

検索(スクリーニング)で探す

証券会社のスクリーニング(絞り込み)機能で検索してみます。

証券会社によってはチャートフォリオというツールを使って株価チャートの形で探してみるなどもできます。

こういった細かい検索は男性のほうが得意かもしれませんが、「手持ちの資金で買える株を探す」「優待のある株を探す」などはけっこうよく使う人も多いようなので覚えておくとよいかもしれませんね。

ランキングから探す

ランキングから候補を探すというのもよいですね。

など、いろいろなランキングから探すのもよいでしょう。

例えばランキングの充実しているSBI証券 では市場のランキングとして値動き・出来高・売買代金・業種別などのランキングを見ることができます。また、週間の人気銘柄ランキングとして

なども見れます。いずれもSBI証券内でのランキングですが、ネット証券の口座数No1の証券会社なのでランキング精度も高いと言えるでしょう。

株主優待で探す

株主優待検索もいいですね。ライブスター証券の提供する株主優待検索は口座を持っていなくても使えて、絞り込み機能などもあるので良いですよ。

わかりやすい指標(日経平均株価など)

個別の企業ではなく、日経平均株価やTOPIXなどの指標に投資できるETFというものもあります。参考:ETFの買い方

ETFは日経平均などの指標に連動する特別な株のようなものです。

2.買うタイミングを決める

買いたい銘柄の候補が決まったら、次は買うタイミングを決めます。

買いたい銘柄を見つけた時が買い時とはかぎらないというのは覚えておきましょう。

割高で今は買わないほうがいい場合もあるし、「あまりよくないなー」と思ったところが時間が経つと割安になっていたりもします。

「こうなったら買い」という候補が複数あっていいです。

「株価がこのくらいになったら買い」とか「株主優待の権利月が近づいたら買おう」とか、「次の決算の内容を見て決めよう」とかですね。

株主優待はツナギ売りという方法もあるので、いろいろな時期に買いのタイミングがやってきます。

どんなタイミングで買ったらいいかは投資スタイルによって違います。

例えば長期投資なら割安のときに買ったり、株価チャートを見てゴールデンクロスが出たときに買う、たくさん買うならドルコスト平均法などを使ったりできますし、短期投資なら株価チャートの売買サインで決めるなどいろいろあります。

いろいろ実践する中で自分に合った投資スタンスを決めていきましょう。

「儲かりそう」で選ぶより「楽しそう」で選ぶ

初心者のうちはまず株取引に慣れることをおすすめします。そのため、儲かってもそこまで大きくないけど損したときも大損しない程度で小さく始めましょう。

初心者がいきなり大儲けを狙うのは株でギャンブルをするようなものです。

初心者のうちはまずは経験が必要ですが、経験を積むうえでは失敗をすることもあるでしょう。しかし、小さく始めていれば損しても小さく済み、あとからちゃんと取り返せますからね。

損をする前提で小さく経験を積み、実力をつけてから大きく運用する。 そうすると、難しいと言われている「損切り」がちゃんとできるようになります。 いきなり大きく始めると損が恐すぎて基礎力もつきません。

スポーツで言うと自己流で変なクセや間違ったフォームが身についてしまうようなものですね。

そうならないよう、まず資金の分類や自分のリスク許容度を知り、その範囲で小さく取引をして経験を積むとよいです。

その段階では一気に大きく稼ぐことはなかなかできないので「つまらない」と思ってしまいがちです。そこで、まずは楽しそうな銘柄を探しましょう。

「楽しそう」は人それぞれです。株主優待がもらえるのがいい人もいれば、ゲームや心理戦のように分析して予測して戦略どおりに株価が動くと楽しいという人、好きな企業だから株を持っているだけで楽しいという人もいるでしょう。

とにかくはじめのうちは「大きく儲からなくても楽しい」という状態で経験を積んでいけるようになった人ほど長期的にうまく行きやすいです。

はじめての人におすすめの銘柄

ここまででもまだ「でもどうやって選べばいいのかなぁ・・・」となってしまう人のために、初めて株を買うという初心者におすすめの銘柄を紹介します。

買うことを勧める銘柄推奨ではなく「この銘柄は初心者の人でもわかりやすそうかなー」というものです。

いきなり買うのではなく、まず1つ候補を見つけて動きを追ってみるのも経験を積むために大事ですからね。

日経平均株価などと連動するETF

日経平均株価と同じ動きをする特別な株というイメージです。日経平均株価はニュースなどでもよく耳にしますよね。

例えば「日経225連動型上場投資信託」(証券コード「1321」)などは代表的なものですね。

基本的にETFは株と同じですがETFの買い方を参考にしてください。

トヨタ自動車

世界的な大企業ですね。日経平均とトヨタの株価はほぼ連動していると言われたりもします。

ただ、株価はそこそこなのでトヨタの株を買うにはある程度資金が必要です。銘柄コードは7203です。

みずほフィナンシャルグループ(みずほ銀行)

こちらも有名な銀行ですが、少ない資金で購入することができます。銘柄コードは8411です。

初めて買った株ランキング

これは私が知る限り、私のまわりの人のランキングで、正式に調査したものではありませんが、初心者の人が多いので「あーこういう銘柄買う人が多いんだ」という一つの参考にはなるかもしれません。

先ほど挙げたトヨタ自動車、株主優待で人気のオリエンタルランドソフトバンクマクドナルドなどは多いです。

ランキングになっていませんね笑

ちゃんとしたランキングはSBI証券週間の人気銘柄ランキング内の「はじめて取引された銘柄人気ランキング」の項目は、ネット証券の口座数No1のSBI証券のデータなのでランキング精度も高いと言えるでしょう。

毎週更新されているのでそちらを参考にしてみてください。

次のページ >> 売買を始める前に注意すること