売買を始める前に注意すること

何か大きな買い物をするときのことを考えてみましょう。パソコンや車を買うときはカタログなどで機能・性能を調べたり、店員に聞いたりします。これと同様に、株式投資も同じ努力をしなければなりません。 実際に株の売買を始める前にある程度の期間、株価を観察しつづけて値動きのパターンをチェックしましょう。

株価の値動きを見る

実際に株を買う前に、株価の値動きをある程度観察しつづけましょう。買いたい株があればその株の値動きでもいいし、買いたい株がまだ決まっていないなら取引先や自分のよく使う商品の会社、有名な会社など、どこでもかまわないので、どういう値動きをしているのかをまず観察してみてください。

値動きは会社によって違う

株の値動きは会社によって違います。値動きが激しく1日で大きく株価が上下する会社もあれば、比較的ゆっくり日数をかけて株価が動く会社もあります。自分の選んだ会社がどういう動きをするのか、それが自分の投資方法に合っているのかなど、よくチェックしてみてください。

なぜ?から感覚を養う

また、株価が上がったり下がったりしたときに、「なんで上がったんだろう?」と株価が上がった理由を検証してみてください。そうすることでどんな時に株価が上がるか、どんな時に下がるかというのがだんだんわかるようになってきます。そういうパターンをたくさん覚えると、本や新聞を読んだだけでは得られない「感覚」を見につけることができます。

そういった感覚が身につくと、「買う」タイミングや「売る」タイミングというのもわかるようになってきます。株をはじめたばかりの初心者の場合、いい会社を見つけたら即買ってしまって、せっかくいい会社なのに高値で買ってしまうようなケースもありますが、しっかりと値動きを観察していると、今その会社の株価は割高か割安か、株価は上昇気味か下降気味かなど、自然と見れるようになってきます。

質のいい情報を

株価のチェックや株価チャートはYahoo!ファイナンスや日経新聞のマネー&マーケットのページでも見ることができますが、基本的な情報のみで、株価もリアルタイムでなく20分遅れでの配信になります。

証券会社のホームページでは口座を持っていればリアルタイムの株価を見ることができて、ニュースなどの情報が早くて情報量も多く、会社四季報なども見れます。実際に売買をするときの画面で情報を見ることができるので、売買の画面を使い慣れる意味でも、証券会社のページの情報を見たほうがいいです。

口座開設の申し込みをしてからリアルタイムの情報をみることができるようになるまでは申し込みから約1〜2週間かかることもあるので、まずは口座開設の申込をして、IDをもらうまでの間にYahoo!ファイナンスやマネー&マーケットで株の情報の見かたに慣れておきましょう。

参考:口座開設の申し込みの流れ

株価チャートを参考に

株価の値動きの流れを見るうえでは、チャートを見ることはかかせません。基本的なチャートの見かたや意味も知っておきましょう。

次のカテゴリ >> 株価チャートの見方へ