有名企業の株の買い方・購入方法

このページでは主に日本の有名な企業の株の買い方などを解説していきます。

ディズニーランドやユニクロなど、ブランド名と会社名が違うところは、株初心者の方にとっては「どこの株を買えばいいのかわからない」と迷ってしまうことも多いと思います。

例えばディズニーランドなら運営しているのはオリエンタルランドという会社なので、オリエンタルランドの株を買えばディズニーの株を買ったことになります。オリエンタルランドの株を持っていればディズニーの株主優待などももらえるようになります。ユニクロならファーストリテイリングという会社ですね。

また

というように、名前は知ってるけどどんな会社なのか?株を買うことができるのかといったこともあります。

このカテゴリでは主に日本の有名な企業の株の買い方などを解説していきます。

また、AppleFacebookのような、外国の有名企業もありますが、そういった外国の企業の株を買いたい方は外国株の買い方を参照してください(日本のネット証券では外国株も日本語で取引できます)。

会社名・サービス名で探す人気の会社

あなたが「ここの株を買いたい!」と思った会社やサービスはどれですか?

株を買うにはどうすればいい?

株を買うにはまず証券会社で口座開設をします。携帯電話・スマートフォンやインターネットで取引ができるネット証券なら口座開設は無料で、維持費などもかかりません。 ⇒図解:ネット証券の口座開設の手順

株の買い方の手順に関しては株の買い方のページで具体的に解説しているのでそちらを参考にしてください。

ただし、有名な企業でも上場していなければ株を買うことはできません。

例えば旅行会社のJTBや六本木ヒルズなどを運営する森ビル、100円均一ダイソーを運営する大創産業、宅配便の佐川急便などは有名な大企業ですが、上場していないのでJTBや森ビル、大創産業や佐川急便の株を買うことはできません。(森ビルはREITは買うことができます)

その会社が上場しているかどうかは証券会社のサイトの株価検索や東証上場会社情報サービスヤフーファイナンスなどで企業名で検索してみてください。

銘柄名(会社名)に企業名を入れてみて株価や情報が出てくればその会社は上場しているとわかります。

また、アップルやフェイスブックのような外国の企業の株も日本のネット証券で取引することができます。その場合は外国株を取り扱っているネット証券(マネックス証券・楽天証券・SBI証券など)で口座を開設する必要があります。

海外の企業の株式を買うときはまず普通に日本株の口座開設をして、口座開設が完了した後に外国株取引の口座の申し込みをします。 ⇒外国株の口座開設方法

初心者におすすめのネット証券会社

株式投資初心者の方におすすめのネット証券は以下のとおりです。

当サイトのおすすめは「サイトの使いやすさ」に定評があり、未成年でも口座開設可能なマネックス証券です。手数料も安いのでとてもよく、実際に使った方の評判もよいネット証券です。

岡三オンライン証券はスマホでも使いやすい岡三かんたん発注という取引ツールがはじめての人でも使いやすくておすすめです。

また、楽天の会員の方は楽天証券は口座開設がすぐできます。

口座開設にお金がかかりませんので、いろいろ口座開設をしてみるとよいでしょう。ただ、どこに口座開設しようか迷ったなら、マネックス証券をおすすめしますよ。

株式投資は難しい?

やったことがない人にとっては難しく感じる株式投資ですが、おそらくこのページを見ている方は「株で儲けてやろう!」という方ではなく、「好きな会社の株を買ってみたい」「ディズニーの株主優待が欲しい」といった感じで、ガチガチのトレードをするのではなく、応援したい企業の株を買ってみたいという方が多いと思います。

その場合はまずは初心者に評判の良いネット証券で、とにかく買ってみることです。やったことがないうちに頭でいろいろ勉強をしても入ってきません。でも、本やネットで知識を入れるときに、実際に好きな企業の株を持っているだけで、株を買ってみたという経験が一度あるだけで、頭に入ってくるものは全然違います。

ボールに触ったこともないのにサッカーの本を読むのと、ドリブルや試合をしたことがある人が本を読むのとでは全然違うと思います。株も同じです。実際にお金の動く取引が怖いかもしれませんので、そのときは実際に株を買わなくても、ネット証券に口座開設をして実際の取引画面を一度見ておくだけでも理解できる速さはかなり違います。

もちろん実際に取引をしたほうがさらに良いので、例えば10万円未満で買える株ランキングなどを参考に小さな取引をしてみるのもよいかもしれませんね。

>> ネット証券口座開設の流れ
>> 株のトップページに戻る