日本郵政の株を買いたい

日本郵政の株を買いたい/日本郵政株の買い方・購入方法「2015年に上場した日本郵政の株を購入したい!」当時は日本郵政グループ3社の上場のニュースを見て日本郵政やゆうちょ銀行・かんぽ生命保険の株を買いたいと思った方も多いでしょう。

「日本郵政やゆうちょ銀行の株を買ってみたいけど、株ってどうやったら買えるの?」

そんな声も多い日本郵政の株。郵便局やゆうちょ銀行の窓口で株を購入できるわけではないんですよね。

日本郵政といえば郵便局の日本郵便やゆうちょ銀行、かんぽ生命などの親会社。郵便局は日本人で知らない人がいないほどの知名度、もう「知ってる?」というレベルを通り越して知ってて当たり前となっている会社です。もちろん長年の利用者もかなり多いですね。メールやSNSが発達したとは言っても、郵便物が無くなるということはないですね。

そこに銀行としてのシェアも大きいゆうちょ銀行や、保険のかんぽ生命保険なども子会社として持つ大元の親会社が日本郵政。

そんな日本郵政の株式を買うにはどうすればいいのでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加  

日本郵政グループの株の買い方

日本郵政グループの株を買いたいという方は、証券会社やネット証券で株を買いましょう。

日本郵政の株はネット証券に口座開設(無料)をすれば、普通に買うことができます。まずはネット証券の口座開設の手順を参考に、口座開設の申し込みをしてみて下さい。

日本郵政グループは2015年の11月4日に上場したので、今は普通に株を買うことができます。

口座開設が完了したら、ネット証券の銘柄検索で「日本郵政」または「6178」で検索をしてみましょう。6178は日本郵政の株価コードです。

ゆうちょ銀行は「7182」、かんぽ生命保険は「7181」が日本郵政グループのそれぞれの株価コードです。

購入する資金をネット証券に入金して、買いの注文を入れれば買うことができます。現在日本郵政株の売買単位は100株なので、そのときの株価×100円が日本郵政株購入に必要な資金です。

日本郵政の株価

日本郵政の現在の株価や株価の動向は、Yahoo!ファイナンスの日本郵政の株価などで見ることもできます。日本郵政の株価コードは6178、ゆうちょ銀行は7182、かんぽ生命保険は7181です。

ただし、これは20分遅れのデータとなりますし、自動更新もしません。見れる情報も限られていますので、リアルタイムの株価やもっとより多くの情報をより速く知りたい方はネット証券で口座開設をしましょう。

ネット証券なら口座を持っていればリアルタイムの株価や詳しい情報、会社四季報のデータなどを無料で見ることができます。もちろん口座開設も無料で維持費などもかかりませんので、今すぐ取引をしないとしても株に興味があるならネット証券の口座開設は必須です。(参考:図解:ネット証券の口座開設の手順

また、マネックス証券のアラートメール(無料)などのサービスを使えば、指定した銘柄の株価を毎日メールや携帯メールにお知らせしてくれたり、設定した株価になったらメールで通知してくれたり、ランキングをお知らせしてくれたりと、わざわざ見に行かなくても勝手に株価や情報をお知らせしてくれるので、とても便利なサービスですよ。

>> 有名企業の株の買い方
>> ネット証券口座開設の手順