GAFAやFANGの株の買い方

GAFA(ガーファ)やFANG(FAANG・ファーング)という単語を聞いたことがありますでしょうか。

ウォールストリートなどで話題となっているこの言葉、日本でも情報の速い人は知っているかもしれませんね。

「GAFA」は世界で最も影響力があるとされる米国のIT先端企業4社、GoogleAppleFacebookAmazonの頭文字をとってGAFA(ガーファ)と呼ばれます。

世界22カ国で発売されているthe four GAFA 四騎士が創り変えた世界という書籍の日本語訳が東洋経済新報社から発売され、発売後1週間で10万部売れるなど話題になっていますね。

このGAFAと呼ばれる4社の株は日本の市場で上場していませんが、アメリカの上場企業で、日本の証券会社でも株を買うことができます(GAFAの株の買い方はこのページで後述します)。

「FANG(FAANG)」はアメリカの巨大ネット銘柄群で、投資家ジム・クレイマーが、今後注目したい成長企業として挙げたことで話題になりました。FANGはFacebook、Amazon、Netflix、Googleです。(Appleを加えてFAANG)

GAFAの株同様に、日本でもこれらFAANGの企業の株を買うことができます。(GAFAとの違いはNetflixが増えただけですね)

■このページの内容

GAFAの株を買うには

「GAFA株」というのはありませんが、Google、Apple、Facebook、Amazon各企業の株を個別に買うことができます。

アメリカの株(米国株)は1株単位で買うことができるので、これだけ有名な企業でも2万円以内で株を買えて株主になれる企業もあります。

参考までに、各企業のティッカー(日本でいう証券コード)と、2018年8月1日の株価(ドル)、各企業の名前をクリックするとそれぞれの詳細ページにリンクしています。

企業 ティッカー 8/1株価
Google GOOGL 1232.99
Apple AAPL 201.50
Facebook FB 171.65
Amazon AMZN 1797.17

世界で最も影響力があると言われるGAFAの全4社の株を買って株主になるのに必要な資金は、この日の株価で3043.31ドル、1ドル100円計算だと約30万円でGAFA4社の株主になることができる計算ですね。

米国株は1株単位で買えるというのはいいですね。

GAFAの4社はいずれもはアメリカの企業なので、日本株ではなく米国株取引で購入します。

GAFAの株を購入したい方はマネックス証券などの米国株取引を取り扱っているネット証券で買うことができます。

と言っても、日本語で取引ができるし、やり方さえわかれば簡単なので、米国株取引(アメリカ株)の始め方や口座開設方法や、米国株の買い方(購入方法の手順)を参考にしてみてください。

FANG(FAANG)の株を買うには

アメリカの巨大ネット銘柄群と言われるFANGはFacebook、Amazon、Netflix、Google、FAANGはそこにAppleを加えたものです。

企業 ティッカー 8/1株価
Facebook FB 171.65
Apple AAPL 201.50
Amazon AMZN 1797.17
Netflix NFLX 338.38
Google GOOGL 1232.99

FANGの全4社の株を買って株主になるのに必要な資金は、この日の株価で3180.19ドル、FAANGなら3741.69ドル。1ドル100円計算だと約32万円でFANG4社、約38万円でFAANG5社の株主になることができる計算ですね。

ちなみに、FANGはFAAAと言われることもあります。FAAAはFacebook、Apple、Alibaba、Alphabet(Googleの現在の社名)で、FAANGからNetflixが無くなり、Googleが社名変更でAlphabetに変更しています。

FAANGの5社はいずれもはアメリカの企業なので、日本株ではなく米国株取引で購入します。

FAANGの株を購入したい方はマネックス証券などの米国株取引を取り扱っているネット証券で買うことができます。

と言っても、日本語で取引ができるし、やり方さえわかれば簡単なので、米国株取引(アメリカ株)の始め方や口座開設方法や、米国株の買い方(購入方法の手順)を参考にしてみてください。

GAFAの(FAANG)の株価

GAFAやFAANGの各企業の株価は証券会社の外国株取引の画面にログインして見ることもできますが、ログインが面倒な場合はYahoo!ファイナンスでも見ることができます。

Yahoo!ファイナンスで1社ごとに個別に株価をチェックするのは面倒なので、証券会社のオンラインで銘柄登録してしまったほうが、まとめて見れるしリアルタイムで株価が更新されるので便利ですね。

外国株取引の口座を持っていれば、無料でより詳しいGAFAやFAANGの企業の株価チャートが見れたり、株価や関連ニュース等もより早く知ることができます。

米国株の取引ができるネット証券

米国株式の取引ができる主なネット証券(GAFAやFAANGの株が購入できるネット証券)は以下の3つです。

個人的なおすすめはマネックス証券(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由を他社と比較)ですが、使いやすさは個人差があるのでいろいろな口座を作って実際に取引画面や情報・株価チャートなどを見てみるとよいと思います。

ネット証券なら米国株取引の口座開設は無料で、口座を作ればツールなども使えてたくさん情報も得られるので、まずは口座開設の申し込みをしてみてください。

>> 外国株口座開設の流れ

↑「GAFAやFANGの株の買い方がわかった」「GAFAやFANGの株を買った」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

外国株式の取引は難しい?

やったことがないと難しく感じる外国株ですが、初めて日本株の取引をしたときのことを思い出してください。

超難しそうなイメージがあったけど、やってみた今ではそうでもないですよね。外国株も同じです。為替レートがどうとか難しく考えず、まずは小さくやってみましょう。

米国株は1株から買えるのでリスクも抑えて小さく始められますよ。

>> 外国株の買い方
>> 外国株口座開設の流れ
>> 株のトップページに戻る