外国株の買い方(購入方法)

外国株の買い方(購入方法)
外国株は英語ができなくても大丈夫!

「海外の企業の株・外国株を買いたい!でも難しそうだしどうやったら買えるのかわからない」

そんな声も多い外国株。株式投資の初心者だけでなく、ある程度日本株の取引に慣れた人でも、外国株はいまいち手が出しにくいイメージがあるようです。

しかし、日本でも有名な外国の企業はたくさんあり、「外国の企業だけどこの会社の株を買いたい」という銘柄はたくさんあります。

例えば米国株式ならiPhoneやiPadなどが人気のApple(アップル)の株はかなり人気で、Apple株を買うために外国株取引の口座開設をする人も増えていますね。

他にも、日本でも人気のSNSFacebooktwitter、有名な投資家ウォーレン・バフェット氏の会社バークシャー・ハサウェイ、検索エンジンで有名なGoogle、オンライン書店のamazon、世界一の企業ウォルマート・ストアーズ、アメックスカードのアメリカン・エキスプレス、日用品のP&Gといったように、日本でも有名な海外の企業の株式を買いたいという要望は数多くあります。

>> 人気の有名外国企業

取引をしたことがないと難しそうなイメージのある外国株ですが、実は始めてしまえば意外と簡単です。例えば・・・

ネット証券では外国株も日本語で取引ができます。

「日本語でOK」というだけでだいぶハードルが下がるのではないでしょうか?

グローバル化が進んでこれからは「海外の企業にも目をむけ、米国株式をはじめとする外国株を取引したい」という人はさらに増えてくると思いますので、あなたが先駆けて外国株の取引をしていれば彼らに教えてあげることもできるかもしれません。

では具体的な外国株の買い方の手順を解説していきます。

外国株の買い方の流れ

外国株の買い方は、ネット証券で買う場合はとても簡単で、以下の3ステップで取引を始められます。

  1. まずは通常の日本株の口座を開設する
  2. 口座開設後にログインして外国株取引口座の申込をする
  3. 外国株の口座開設完了後に銘柄を選んで購入する

多くの人はすでに【1】の日本株の口座は持っているかと思いますが、まだの方は日本株の口座開設方法を参考にまずは口座開設をしましょう。

ただし、外国株を取扱っている証券会社で口座開設をする必要があるので注意して下さい。

大手ネット証券では上記の3社のみが外国株取引に対応していて、特にマネックス証券とSBI証券がおすすめです(理由は後述します)。

【2】の外国株取引口座の申込は無料でできます。

【3】の銘柄を選んで購入するの部分は日本株と変わりません。どの企業の株を買うか選んで、買い注文や売り注文を出します。

「え?それだけ?」

と思うかもしれませんが、はい、それだけです。簡単でしょう。

そして外国株を始めるにあたって一番心配なのが「日本語で取引ができるか?」ということでしょう。

大丈夫です。ネット証券なら日本語で外国株の取引ができるので英語がわからなくても問題ありません。日本の株を買うのと同じように、日本語で取引ができますので安心して下さい。

ただ、全てのネット証券が外国株に対応しているわけではないのでそこは注意して下さい。

例えば主要なネット証券9社(※)の中で外国株を取扱っているのはマネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社のみです。(2017年7月現在)

※マネックス証券・SBI証券・楽天証券・ライブスター証券・岡三オンライン証券・カブドットコム証券・GMOクリック証券・松井証券・マルサントレード

日本で買える外国株式はどこの国の株?

日本で買える主な外国株は米国株式と中国株式の2つです。

米国株取引の口座を持っていれば、日本にいながら米国株式の取引ができます。また、中国株取引の口座を持っていれば、日本にいながら中国株式の取引ができます。

そして、米国・中国以外に韓国株やロシア株など複数の国の株をSBI証券で取引することができます。

それぞれの国の取引ができるネット証券を国ごとに紹介していきます。

米国株式の取引ができるネット証券

米国株式の取引ができる主なネット証券は以下のとおりです。米国株取引に関しては今のところ圧倒的にマネックス証券が有利です。その理由はマネックス証券の米国株のページで解説していますが、他のネット証券に日本株の口座を持っていても米国株取引のために新たにマネックス証券に口座開設するだけの価値はあります。

米国株式を取り扱っているネット証券のうち、取扱い銘柄数はマネックス証券が3394銘柄以上でダントツ一位となっています。(※SBI証券は約1381銘柄、楽天証券は1302銘柄。2017年1月1日時点)

取扱銘柄数や手数料の比較を見ると明らかですね。

最初の20日間は手数料無料で米国株取引ができるマネックス証券がおすすめです。手数料キャッシュバックの詳細

中国株式が取引できるネット証券

中国株式が取引できる主なネット証券も以下のとおりです。

米国株・中国株以外の外国株式が取引できるネット証券

日本で買える主な外国株は米国株と中国株ですが、それだけでなく他にもあります。

SBI証券では米国株・中国株に加えて、韓国株ロシア株ベトナム株インドネシア株タイ株マレーシア株シンガポール株といった人気の外国の株式も買うことができます。SBI証券は扱っている外国株式の種類が豊富なネット証券です。

紹介した3つのネット証券では外国株の口座も口座開設費や口座維持費などの費用はかかりませんので安心して下さい。

>> 外国株の口座開設方法

人気の外国株はどこ?

外国株取引をする銘柄を決める際に、人気のある企業の一覧から見ていきたいという方も多いでしょう。そんなときは外国株式ランキングを参考にしてみて下さい。

>> 人気の外国株式ランキング

外国株式の取引は難しい?

やったことがないと難しく感じる外国株ですが、初めて株取引をしたときのことを思い出してください。超難しそうなイメージだったけど、やってみた今ではそうでもないですよね。外国株も同じです。為替レートがどうとか難しく考えず、まずやってみましょう。

株取引自体が初心者で日本株も慣れていないという初心者の方には難しく感じるかもしれませんが、その場合はまず日本株で少し取引をしてみてから外国株に挑戦してみましょう。どちらにしろまずは日本株の口座開設をする必要があります。

初心者の方でも、外国株を視野に入れているのであれば、マネックス証券や楽天証券、SBI証券などの外国株取引を扱っているネット証券にも口座を開設しておきましょう。

>> 外国株の口座開設方法
>> 株のトップページに戻る