マンチェスター・ユナイテッド(マンU)の株を買いたい


マンU株が購入できる
SBI証券はこちら

サッカー好きの方には多いでしょう。マンU(マンチェスター・ユナイテッド)が上場したのでマンU株を購入したい!・・・でも外国株は買い方がいまいちよくわからない」

そんな声も多い外国株。株式投資の初心者だけでなく、ある程度日本株の取引に慣れた人でも、外国株はいまいち手が出しにくいイメージがあるようです。株式投資の初心者だけでなく、ある程度日本株の取引に慣れた人でも、外国株はいまいち手が出しにくいイメージがあるようですが、このページでわかりやすく解説していきます。
購入方法はこちら(ページの下へ移動します)

マンチェスター・ユナイテッド(マンU)といえば英サッカー・プレミアリーグの強豪チームで、日本代表の香川真司選手が移籍したチームですね。

2012年7月3日に「最大1億ドルのIPOを実施する」との資料を米国証券取引委員会(SEC)に提出。8月10日にニューヨーク証券取引所(NYSE)へ上場しました。

新規株式公開(IPO)価格は1株14ドル、株式数は1670万株。IPO価格をベースに算出した時価総額は23億ドルとなり、スポーツチームのIPOとしては過去最大規模です。

マンUは世界に6億5900万人のファン層を持ち、そのうちの半数近くがアジア太平洋に居住しています。日本国内でも人気が高く、サッカーファンは利益ではなくマンU株オーナーになること自体に価値を見出すという方も多いのではないでしょうか。

日本でマンチェスター・ユナイテッド株(マンU株)は買えるの?

有名な会社なので日本でもマンチェスター・ユナイテッド(マンU)の株を買いたいという方は多いですが、マンチェスター・ユナイテッドの本国のサイト(英語)を見ても英語でよくわからないかもしれません。日本語でマンUの株を買うことはできないのでしょうか?そもそも日本でマンチェスター・ユナイテッドの株を買うことができるのでしょうか?


このエントリーをはてなブックマークに追加  

マンチェスター・ユナイテッド株の買い方
- 日本でもマンUの株は買えます

日本でも上場後にマンチェスター・ユナイテッドの株式を買うことができます。日本でマンチェスター・ユナイテッドの株式を買うには、米国株取引のできるネット証券などで口座開設をし、米国株取引でマンUの株を購入します。

マンチェスター・ユナイテッドの株は上場以来とても人気で、ネット証券大手のSBI証券 で購入できるのですが、マンチェスターUのファンがマンチェスター・ユナイテッド株を買うために株を始めるというケースも多いようです。それだけ人気のチームなのですね。

もちろん、日本のネット証券なら日本語で取引ができます。英語ができない人でもマンチェスター・ユナイテッドの株を買うことができます。マンU株を買いたい人は上場に備えて外国株の口座を開設して準備しておきましょう。

米国株式の取引ができるネット証券

米国株式の取引ができる主なネット証券は以下の3つです。

※マネックス証券は米国株の取扱銘柄は一番多いですが、マンチェスターユナイテッド株の取り扱いはありません。

米国株式の取引ができる証券会社は他にもありますが、有名どころのネット証券は上記3つになります。

個人的なおすすめはマネックス証券ですが、使いやすさは個人差があるのでいろいろな口座を作って実際に取引画面や情報・株価チャートなどを見てみるとよいと思います。口座開設は無料で、口座を作ればツールなども使えて情報も得られるので、まずは口座開設の申し込みをしてみてください。

>> 外国株口座開設の流れ

マンチェスター・ユナイテッド(MANU.N)の株価

マンチェスター・ユナイテッド(MANU.N)の株価はロイターのサイトでも見ることができます。

>> マンチェスター・ユナイテッド(MANU.N)の株価

外国株取引の口座を持っていれば、無料でより詳しいマンチェスター・ユナイテッドの株価が見れたり、マンチェスター・ユナイテッドの株価チャートや関連ニュース等もより早く知ることができます。

しかも、「欲しいのに買えない」人が多いマンチェスター・ユナイテッド株を持っていたり、外国株を所有してる人って、まだ周りにもあまりいないので、なんかかっこいいですよね。

外国株式の取引は難しい?

やったことがないと難しく感じる外国株ですが、初めて株取引をしたときのことを思い出してください。超難しそうなイメージだったけど、やってみた今ではそうでもないですよね。外国株も同じです。為替レートがどうとか難しく考えず、まずやってみましょう。

>> 外国株の買い方
>> 外国株口座開設の流れ
>> 株のトップページに戻る