ネットフリックス株の買い方/外国株の購入方法

ネットフリックスの株ってどうやって買うの?」

ネットフリックスといえば、動画配信サービスNetflixを運営する会社。Netflixは世界で有料会員数1億3千万人以上FANGの一角にも数えられた世界では有名な会社です。

有名なのでネットフリックスの株を買いたい人も多いですよね。

日本国内でのNetflixのライバルはdTV(NTTドコモ)やhulu、U-NEXT、Amazonプライム・ビデオなどがあります。

競合の株としてはdTVはNTTドコモの株やamazonの株などを買うことができますが、huluは株式を上場していないのでhuluの株は買えません

日本国内ではシェアも知名度も負けていますが、世界で見るとやはりNetflixですね。FANGの一角に数えられるくらいですからね。

このページではネットフリックス株の買い方(購入方法の手順)をわかりやすく解説していきます。

■このページの内容

ネットフリックスの株はどうやって買うの?

ネットフリックスはアメリカの企業なので、日本株ではなく米国株取引で購入します。

ネットフリックス株を購入したい方はマネックス証券などの米国株取引を取り扱っているネット証券で買うことができます。

と言っても、日本語で取引ができるし、やり方さえわかれば簡単なので、このページでネットフリックス株の買い方(購入方法の手順)をわかりやすく解説していきます。

ネットフリックス株の買い方(購入方法)

ネットフリックスの株式を買うには、米国株取引のできるネット証券などで口座開設をし、米国株取引でネットフリックスの株を購入します。

もちろん、日本のネット証券なら日本語で取引ができます。英語ができない人でもネットフリックスの株を買うことができます。

米国株式の取引ができるネット証券

米国株式の取引ができる主なネット証券(ネットフリックスの株が購入できるネット証券)は以下の3つです。

個人的なおすすめはマネックス証券(参考:マネックス証券の米国株が人気の理由を他社と比較)ですが、使いやすさは個人差があるのでいろいろな口座を作って実際に取引画面や情報・株価チャートなどを見てみるとよいと思います。

ネット証券なら米国株取引の口座開設は無料で、口座を作ればツールなども使えてたくさん情報も得られるので、まずは口座開設の申し込みをしてみてください。

>> 外国株口座開設の流れ

ネットフリックス株の買い注文を出す

外国株取引の口座開設ができたらネットフリックス株の買い注文を出しましょう。ネットフリックスのティッカー(日本株でいう銘柄コード)は「NFLX」です。

買い注文画面でNFLXで検索し、何株買うかなどを決めて注文を出します。

NFLXというティッカーは「ネットフリックス」という名前に似ていて覚えやすいですね。

NFLXというティッカーを覚えたら、米国株の買い方(銘柄購入の手順)を参考に注文をしてみてください。

米国株取引のページでNFLXまたはネットフリックスで検索すればネットフリックス株が出てきます。

あとは普通に買い注文を出すだけ。米国株取引の口座を作ってしまえば簡単ですね。

念のため米国株の口座開設の手順や銘柄の買い方へのリンクも載せておきます。

↑「ネットフリックス株の買い方がわかった」「ネットフリックス株買ったよ」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

ちなみに、「huluの株を買いたい」という方も多いようですが、最初のほうでも書きましたがhuluは上場していないのでhuluの株は買えません。日本でhuluを運営するHJホールディングスも、米国のHulu本社もいずれも上場していません。

ただ、本社のHuluはアメリカの企業なので、もしhuluが上場するとしたら日本ではなくアメリカの市場の可能性が高く、外国株の口座を作っておけば、日本で上場してもアメリカで上場してもhuluの株を買えますね。(今のところまだ上場の話は聞きませんが・・・)

ネットフリックス(NFLX)の株価

ネットフリックス(NFLX)の株価は証券会社の外国株取引の画面にログインして見ることもできますが、ログインが面倒な場合はYahoo!ファイナンスでも見ることができます。

ネットフリックスの株価は340ドル前後くらいで推移していますが(2018年8月現在)、ネットフリックス株は1株から購入できます。

つまり34万円程度の資金でもネットフリックスの株主になれるんです。

外国株取引の口座を持っていれば、無料でより詳しいネットフリックスの株価チャートが見れたり、株価や関連ニュース等もより早く知ることができます。

ネットフリックスの株主優待や配当はないの?

ネットフリックスの株主優待は残念ながらありません。米国の企業は株主優待という文化はなく、その分より多くの配当をという文化のようです。

ネットフリックスの配当は無配なので、ネットフリックスは株価の上昇に期待して購入する銘柄のようですね。(2018年8月現在)

「成長することで株主に還元する」という考えもあり、長期の株価チャートを見る限りネットフリックスの株価は2015年頭には約50ドルだったのが、2018年8月は約340ドル、ネットフリックスの株価は約3年半で7倍近くまで上がっているので、十分な株主還元がされていると言えるのではないでしょうか。

外国株式の取引は難しい?

やったことがないと難しく感じる外国株ですが、初めて日本株の取引をしたときのことを思い出してください。

超難しそうなイメージがあったけど、やってみた今ではそうでもないですよね。外国株も同じです。為替レートがどうとか難しく考えず、まずは小さくやってみましょう。

米国株は1株から買えるのでリスクも抑えて小さく始められますよ。

>> 外国株の買い方
>> 外国株口座開設の流れ
>> 株のトップページに戻る