SBI証券のIPOチャレンジポイントと抽選方法の誤解

このページではSBI証券のIPOチャレンジポイントと、SBI証券でのIPOの抽選方法のよくある誤解について解説します。

なんて思っているならそれは間違っていますので、このページを読み進めて正しい情報に更新しましょう。

まずは、SBI証券のIPOの配分と流れについて、そしてIPOチャレンジポイントのよくある誤解について順番に解説します。

SBI証券のIPOの配分と流れ

SBI証券のIPOの個人投資家への配分は、70%が抽選、残り30%がIPOチャレンジポイントでの配分という流れになります。

全部がIPOチャレンジポイントの対象ではなく、IPOチャレンジポイントの対象となるのは30%だけなんですね。

そして、70%の抽選に関しては、マネックス証券のような完全平等抽選(1人1口)ではなく、100株の申し込みなら1口、200株の申し込みなら2口、1000株の申し込みなら10口というように、たくさん申し込めば申し込むほど抽選口数が上がることになります。

そのため、資金がたくさんある人はSBI証券で申込口数を上げることができるため有利になります。

逆に、資金のあまりない人はSBI証券の70%の抽選分に関しては不利だとも言えますが、抽選なので1口で当たる人もいますからこれは運としか言えません。

外れてもIPOチャレンジポイントが貯まるので、1口だけでも抽選に参加しておくといいですね。(抽選の口数が多くても外れたときにもらえるIPOチャレンジポイントは1ポイントだけです)

ちなみにSBI証券のIPOは資金が多いほうが有利というのは、大手証券会社の裁量配分のように「お金がたくさんある顧客を優遇する」というわけではなく、資金があればたくさん申し込んで申し込み口数を上げられるから有利ということです。

ここを間違って”見せ金”として口座に資金だけ入れておいても・・・IPOの当選確率はいっこうに上がりませんよ。

次は、IPOチャレンジポイントに関してです。こちらも誤解が多く、間違った認識だと「いくらポイントを使い続けても当たらない」ということにもなりかねませんので注意して下さい。

IPOチャレンジポイントのよくある誤解

IPOチャレンジポイントはたくさん使えば当選確率が上がる(1ポイント使えば口数が2倍になる)というものではなく使ったIPOチャレンジポイントが多い人から配分されていきます。

これは公式サイトにも見つけにくいですが、ちゃんと記載されています。

指定IPO チャレンジポイント数の多いお客様から順 に配分するものといたします。指定IPO チャレンジポイント数が同一のお客様が複数おられる場合は、抽選により順位をつけさせていただきます。

募集等に係る株券等の顧客への配分に係る基本方針より引用

「せっかく貯めたポイントが一気にたくさん減るのは嫌だな」と思って1ポイントや2ポイントといった少ないポイントを使ってもポイントのおかげで当選する確率はほぼ無いと思ったほうがいいでしょう。

IPOチャレンジポイントは「貯めて貯めて貯めて・・・ここぞというときに一気に使う!」という感じですね。

ということは、普段いかにIPOチャレンジポイントを貯めておくかが大事ですね。

ちなみに、IPOチャレンジポイントを使っても当選しなかった場合はIPOチャレンジポイントは消費しません。

どんどん申し込んでIPOチャレンジポイントをたくさん貯めておくほど有利です。また、SBI証券はIPOに有利な証券会社の一つでもあります。IPOの当選を狙っている人はぜひSBI証券の口座も持っておきましょう。

⇒口座開設はSBI証券 (公式サイト)から。

SBI証券の口座開設の手順はこちら