初心者でも知っていると有利な経済指標

経済指標とは経済の動きを数字で表しているものです。

例えば日本のGDPがありますが、これも経済指標の一つです。「日本の経済はいい感じに成長しています」では「いい感じってどのくらい?」「どの程度成長してるの?」と人によって解釈が違ってしまいわかりにくいですが、「日本のGDP は3%上昇している」ならどの程度成長したのかが具体的に数字として明確にわかります。

このように、いろいろな経済の指標となるものを数字にすることで客観的にわかるようにしたものが経済指標です。

経済指標を見てどう投資に活かせばいい?

GDP だけでなく経済指標はいろいろなものがありますが、経済指標を見たら「じゃあこの銘柄を買おう」というような直接投資に結びつく指標というのはあまりありません。

しかし、経済指標を見ることで「経済全体の傾向」を知ることができます。

個別の銘柄の値動きや状況を見るときに、その銘柄だけを見るのも良いですが、日本全体の経済の動きや、日本の政策がどのように向かっているかといった「大きな流れ」を把握した上で個別の銘柄の動きを見ていくと、より正確に予測を立てることが出来ます。

例えばある銘柄がいい感じに売り上げを伸ばしていたとして、今後もそれが続くかどうかを予測するときに、日本全体が良い方向に向かっているのか、日本全体では悪い方向に向かっているのかという大きな流れによっては、予測も大きく違ってくると思います。

同じA社の売上10%アップでも、日本の景気によって投資判断も違ってくると思います。

このように、小さい視点だけでなく大きい視点でも見るために経済指標を使います。

どの経済指標を見ればいい?

経済指標はたくさんあるので、どの経済指標を見ればよいか迷うかもしれません。どれを見ればよいかは、その人によります。例えば製造業の銘柄に投資したい場合は製造業関連の指標を見たほうがいいですし、製造業とは関係ない業種なら関係ないかもしれません。

必要ないものまで見ていたらきりがないので、全体的に大きな影響がある主な指標を見つつ、自分にとって有利な経済指標を見つけてチェックしましょう。

こういった指標を見なくても銘柄を選んだり予測したりすることは可能ですが、知っていた方が有利なものでもありますのでぜひ参考にしてみて下さい。

こういった主な経済指標はそれぞれチェックするのもよいですし、ネット証券のメールなどで主な経済指標の発表などは教えてくれるものもあります。マネックス証券のマーケットメール朝刊(無料)などは良いですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

>> 主な経済指標の一覧に戻る