日経225先物取引の始め方

日経225先物取引は、最近非常に人気の日経225ミニの元となる投資商品です。

日経225先物取引とは、日経225という株価指数をあらかじめ決められた期日(満期日)に売買することを約束する取引(先物取引)のことです。もう少しわかりやすく言うと、、、

株を始めれば初心者から上級者まで必ず耳にする日経平均株価の値を、決められた期日(満期日)に売買することを約束する取引のことです。

日経225先物取引の取引例

例えば日経225先物12月限(12月物)を11月1日に16,000円で買うと、日経225先物12月限の満期日であたる12月の第二金曜の日経平均株価を11月1日現在の時点で16,000円で買うということになります。

満期日である12月の第二金曜日に日経平均株価が16,000円以上の値を付けていれば利益となり、それ未満なら損失ということになります。例えば満期日に日経平均株価が17000円になっていれば、あなたは17000円の日経平均を16000円で買うことができます。差額分は利益になりますね。逆に、15000円まで下がってしまっていたら、あなたは15000円の日経平均を16000円で買わなければいけません。これは損失です。

つまり、現在の日経225先物の価格より、未来の満期日に日経平均株価が値上がりすると思えば買いで、逆に今後日経平均株価は下がると思うなら売りで取引をすることになります。そう、株の信用取引ととても似ていますね。

実際の取引では、現物株式の売買と同じく、反対売買(買い→売り、もしくは売り→買い)により先物市場で取引の決済を行い、満期日まで待たずに利益や損失の確定をすることができます

日経225先物取引はなぜリスクがある?

日経225先物取引のリスクについてはよく耳にすると思います。
よく耳にするとおり、日経225先物取引は大きなリスクがあります。そのリスクとは、まず一つ目は、取引単位が大きいことです。

◆日経225先物取引のリスク1 大きな取扱単位

日経225先物取引は、日経平均株価の1000倍の値で取引を行います。
例えば16,000円で日経225先物の取引をする場合は、16000円の1000倍、つまり1,600万円分の日経平均の取引を行うことになります。

日経平均先物1枚 = 16,000円 × 1,000 = 16,000,000

日経225mini(225ミニ)ではもっと小さな単位で低リスクでの取引ができますが、通常の日経225先物取引では1枚の単位が日経平均の1000倍なので、非常に大きな取引をすることになります。

しかし、日経225先物取引では、それだけ大きな資金を持っていなくても、取引をすることができるのです。それが次のリスクにつながります。

◆日経225先物取引のリスク2 レバレッジ

2つめのリスクが、レバレッジをきかせて取引ができることです。
レバレッジとは、てこの原理のことで、投資の世界では小さな資金を証拠金として預けて大きな資金を運用することです。わかりやすく例をあげると、

1600万円の取引をするのに、あなたが用意する資金は160万円でもいいのです。160万円の資金を証拠金として預け、16000円で1枚(16000×1000=1600万円)の日経225先物取引を買ったとします。

日経平均株価が100円値下がれば、100円×1000=10万円のマイナスです。1000円値下がれば1000円×1000で100万円のマイナスです。証拠金の160万円のうち、100万円を失ってしまいます。

逆に日経平均株価が100円値上がれば10万円の利益、1000円値上がれば100万円の利益です。小さなちからで大きなものを動かす、てこの原理みたいですよね。これが投資の世界でレバレッジと呼ばれるものです。株の信用取引も約3倍のレバレッジをきかせることができますが、日経225先物取引では、もっと大きなレバレッジをきかせることができるため、その分リスクも大きくなってきます。

リスクが大きい、ということは

リスクが大きい、ということは、それだけリターンも大きくなります。
先ほどの例でも、損失が出たときの金額は大変なものですが、逆に利益が出たときには非常に大きなプラスが出ます。

とはいえ、初心者がいきなり大きなリスクを負うものではありません。
運良く大きな利益を上げることができると、それに味をしめてまたハイリスクな取引をしたくなってしまうものです。そして、運だけでずっと勝ち続けられるほど投資の世界は甘くありません。

実力をつけるまでは日経225mini(ミニ)のような、比較的低リスクなものから始めることをおすすめします。

日経225miniは、小資金で日経225先物取引ができることで、個人投資家に人気の商品です。

日経225先物取引はリスクが高いため、資金がたくさんあり、投資経験が長い人でないと口座開設することができませんが、日経225miniは少額の資金で始められます。