日経225mini(ミニ)取扱ネット証券比較

日経225mini(日経225ミニ)取扱のネット証券と手数料の比較です。

ネット証券名 手数料
楽天証券 38円(税込41.04円)
カブドットコム証券 38円(税込41.04円)
GMOクリック証券 39円(税込42.12円)
松井証券 40円(税込43.2円)
SBI証券 立会 1枚につき40円(税込43.2円)
J-NET 1枚につき25円(税込27円)
マネックス証券 50円(税込54円)
※手数料は2016年9月26日現在のものです。

口座開設・資料請求は、各ネット証券の名前をクリックし、公式サイトから申込をして下さい。通常の証券口座開設後、ログインした画面より日経225miniの口座開設申込をします。口座開設・資料請求ともに無料です。

詳しくは『5分でわかる日経225ミニ』へ

日経225mini取引口座を作るには?

日経225miniの取引を行うには、まず通常の証券口座開設をします。その後、ID・パスワードでログインした画面より、日経225miniの口座開設の申込をします。

ネット証券での通常の証券口座開設の手順は、まずは資料請求をし、資料に同封されている口座開設申込書に記入・捺印をし、郵送します。

書類がネット証券に受理されれば口座開設完了です。数日後、書留郵便にてID・パスワードが郵送されてきますので、そちらをネット証券のログイン画面に入力してログインして下さい。

ログイン後の管理画面内より、日経225mini取引用の口座開設画面を開き、口座開設の申込をして下さい。

各ネット証券への資料請求は、上記表のネット証券の名前をクリックし、公式サイトの口座開設申込ページより資料を請求して下さい。


日計反対売買無料とは?

日経225miniの取引をするにあたって、デイトレードをする場合は手数料の安さもさることながら、楽天証券やマネックス証券のように日計反対売買無料というのも非常に有利です。

日計反対売買無料とは、日経225miniを買い、買ったその日に決済の売り注文を出した際に、売りの決済手数料は無料となるものです。同じ日に何度も売買をxするデイトレードでは非常に大きな手数料の節約になります。売ったその日に決済の買い注文を出した際も手数料無料は適用されます。