NISAでオリンピック関連銘柄への長期投資

NISAでオリンピック関連銘柄への長期投資株の本来の意味は値動きによる利益ではなく、応援したい企業や成長が見込める企業への投資。

だとすれば、東京オリンピック開催が決まった今、オリンピック関連銘柄への投資はまさにベストタイミングかもしれませんね。

関連銘柄が受ける2020年までの長期的な経済効果

2020年の東京オリンピックの経済波及効果は2兆9600億円と試算されています。その恩恵を受ける関連企業は開催間近に一気に業績を伸ばす企業から、今から2020年まで継続的に経済効果の恩恵を受け続ける企業もあります。

オリンピック関連銘柄といえば、競技会場の整備や交通インフラなど建設に携わる建設業関連はもちろん、旅行会社や航空会社、鉄道会社、またスポーツ用品関連企業のほかにも、含み資産関連銘柄(東京オリンピック開催に伴う都市開発などで地価の上昇が見込めるため、東京の不動産を所有している銘柄)などもオリンピック関連で上昇が見込める関連銘柄たちです。

特に建設関連はこれから2020年までいろいろな需要が見込めるため、大手ゼネコンなどは東京五輪開催決定後一気に株価が上がりましたね。

主なオリンピック関連銘柄

建設業関連

スポーツ用品関連

旅行業・移動関連

含み資産関連

今後はネット証券や会社四季報などで企業の情報を見るときに、その企業に対する東京オリンピックが及ぼす影響というフィルター(視点)を通して考える癖をつけておくと、思わぬ良い銘柄が見つかるかもしれませんよ。ビッグチャンス到来かもしれませんね。

長期投資にNISAの非課税制度を組み合わせると

また、偶然にも2014年からは利益を出しても5年間は税金がかからないNISAの制度(利益を出しても5年間非課税の制度)も始まります。今から関連銘柄を買って長期保有したり、初心者の方は今から株式投資を始めて、投資に慣れてきた頃にNISAでオリンピック関連銘柄を長期保有で買うというのもいいですね。

応援で買ったオリンピック関連銘柄が、オリンピック開催の時に大きく値上がりしたら、税金を引かれずに値上がり分の利益をそのままもらえます。もし5年間上がり続けたらけっこうな額になりますよ。

参考リンク

 

マネックス証券口座開設申込み


このエントリーをはてなブックマークに追加  

>> 株関連トピックス一覧に戻る