手数料無料のネット証券会社

株の売買手数料はネット証券により様々です。ネット証券によっては手数料キャンペーンなどで無料で株の取引ができます。各証券会社のサービスを使い分けることで、手数料無料での株取引もできます。

10万円以下で取引できる銘柄でも株主優待がもらえるものもあるので、この手数料無料はかなり使えますよ。

定額コースで毎日10万円までずっと無料

SBI証券・楽天証券・松井証券の3社は1日の取引金額の合計でその日の手数料を決めるコース(SBI証券はアクティブコース、楽天証券はいちにち定額コース)では、1日の取引金額の合計が10万円以下なら手数料無料で取引できます。

手数料無料になるのは取引ごとの手数料プランではなく、1日の約定合計金額で手数料を決めるプランです。

※2017年9月追記
これまで「1日10万円以下はずっと手数料無料」は松井証券だけでしたが、SBI証券と楽天証券が定額コースの手数料変更で1日10万円以下の手数料が0円(無料)になりました。

SBI証券のアクティブコース

SBI証券のアクティブコースでは、1日の取引金額の合計が10万円以下なら手数料無料で取引できます。

1日の合計金額が10万円を超えた場合の手数料も20万円まで191円(税抜)、30万円まで286円(税抜)、50万円まで429円(税抜)と、10万円まで無料の3社の中で一番安いです。

参考:ネット証券の手数料比較


SBI証券

楽天証券のいちにち定額コース

楽天証券のいちにち定額コースも、1日の取引金額の合計が10万円以下なら手数料無料で取引できます。

1日の合計金額が10万円を越えた場合の手数料も50万円まではSBI証券と同額で一番安いです。50万円超になるとSBI証券のほうが安くなります。


楽天証券

松井証券

松井証券も1日の取引金額の合計が10万円以下なら手数料無料で取引できます。手数料プランが1日の約定代金合計のプランしかないので

1日の合計取引額が10万円を超えてしまった場合、30万円まで300円(税抜)、50万円まで500円(税抜)と、他の2社と比較すると少し高くなります。

松井証券

期間限定で手数料無料のネット証券

新規口座開設から期間限定で手数料無料で取引ができるネット証券はライブスター証券とマルサントレード(丸三証券)です。

ライブスター証券で約2ヶ月間無料

ライブスター証券・・・ 口座開設から約2ヶ月間手数料無料
  新規の口座開設から約2ヶ月間(40営業日)は金額・回数にかかわらずいくらでも手数料無料で取引ができます。

ライブスター証券では口座開設をすると、口座開設から2ヶ月間、株取引の売買手数料が無料というキャンペーンをしています。

このキャンペーン中の2ヶ月間は売買代金に関係なく、何回取引をしても、いくらの取引をしても無料なので、初めて株を始める初心者のかただけでなく、他の証券会社ですでに口座を持っているかたでもかなりの手数料節約になります。無料期間終了後の手数料も安いので手数料重視派にはおすすめです。(参考:手数料比較一覧表

マルサントレードも2ヶ月間無料

マルサントレード ・・・ 口座開設から2ヶ月間手数料無料
  金額・回数にかかわらずいくらでも手数料無料!

マルサントレードでも口座開設をすると、口座開設から2ヶ月間、株の売買手数料が無料というキャンペーンがあります。ライブスター証券と同じくキャンペーン中の2ヶ月間は売買代金に関係なく、何回取引をしても、いくらの取引をしても無料です。

GMOクリック証券は最大3ヶ月間無料

GMOクリック証券 ・・・ 口座開設から最大3ヶ月間
  口座開設日から翌々月末までの最大3ヶ月間、株式の現物取引の売買手数料が無料。※キャンペーンのため2018/1/31まで。

併用するとよりやすく手数料を節約できます

SBI証券・楽天証券・松井証券の定額プランは1日の約定金額10万円以下なら無料ですが、「10万円以下で買える株しか買わない」 と決めている場合以外は無料の範囲に収まらないことも多いと思います。

そんなときのために、手数料を比較して自分が取引する価格帯の手数料が安いネット証券を普段メインで使う証券会社に、そして定額プランは10万円以下の取引専用にというように使い分けをするとより手数料を安く抑えることもできます。

例えば2ヶ月間無料で取引ができるライブスター証券は無料期間が終わった後の手数料も他のネット証券と比較してもかなり安いのでコスト重視の方にはおすすめです。

10万円以下の小額での取引が多い方はSBI証券・楽天証券・松井証券の定額プランで、手数料の高い大きな金額の取引をする方は「期間限定で手数料無料のネット証券」で一気に取引をしてしまうとよいでしょう。

たくさん取引をするときに、まずはいったんライブスター証券で無料で取引をし、また無料で取引したいときはマルサントレードというような使い分けもいいかもしれませんね。

口座開設のやり方は図解:口座開設の手順のページを参考にして下さい。

 

>> ネット証券資料請求一覧に戻る

>> ネット証券の口座開設キャンペーン情報一覧はこちら