株価が決まるしくみ

株価は誰がどうやって決めるの?

株価を決めるのは、私たち投資家です。株価というのは、「○○円で買いたい」という投資家と、「○○円で売りたい」という投資家の間で、値段の折り合いがついたところで売買が成立します。一番最後に折り合いがついた値段が現在の株価になるのです。

例えば、ある株は現在の株価が100円でした。決算の発表が良いものだったので、投資家Aは100円で買いの注文を出しました。投資家Bは、どうしてもその株が欲しかったので、150円で買いの注文を出しました。その株を売りたい投資家Cは、当然高い値段で買ってくれるBに売りますので、その株には150円の値段がつきます。

買い方・売り方の勢いで株価はかわる

上の例の場合、売りたい投資家よりも買いたい投資家のほうが多かったので、買い方の勢いが強く、株価も上がりました。買い方の勢いが強い、つまり買いの注文のほうが売りの注文よりも多ければ、売りたい人は売値を上げて少しでも高く買ってくれる人に売ることができるので、株価は上がっていきます。

逆に売り方の勢いが強くて売りの注文のほうが買いの注文より多ければ、買いたい人は少しでも安く売ってくれる人から買うために注文の値段を下げて安く買おうとするため、株価は下がっていきます。

このように、株価は私たち投資家が買いや売りの注文を出すことによって決まるので、決算の数字が良かったり、良いニュースがでたりすると、その会社の株を買う人が増えて買い方の勢いが優勢になるので株価が上がるんです。

次のページ >> 株で儲ける2つの方法