株価が決まるしくみ

株価はどうやって決まるの?株価が上下する仕組み

株を買うときには「株価×株数」の金額が必要になりますが、この株価は常に動き続けています。

株価が安いときなら安く買えるし、株価が高ければその株を購入する資金もたくさん必要になります。

株価が安いときに買って高いときに売るのが理想ではありますが、その前にまず株価はどうやって決まるのかを知っておく必要があります。

株価は誰がどうやって決めるの?

株価を決めるのは、私たち投資家です。株価というのは、「○○円で買いたい」という投資家と、「○○円で売りたい」という投資家の間で、値段の折り合いがついたところで売買が成立します。一番最後に折り合いがついた値段が現在の株価になるのです。

例えば、ある株は現在の株価が100円でした。決算の発表が良いものだったので、投資家Aは100円で買いの注文を出しました。投資家Bは、どうしてもその株が欲しかったので、150円で買いの注文を出しました。その株を持っていて売りたい投資家Cは、当然高い値段で買ってくれるBに売りますので、その株には150円の値段がつきます。

上の例の場合、売りたい投資家よりも買いたい投資家のほうが多かったので、買い方の勢いが強く、株価も上がりました。買い方の勢いが強い、つまり買いの注文のほうが売りの注文よりも多ければ、売りたい人は売値を上げて少しでも高く買ってくれる人に売ることができるので、株価は上がっていきます。

逆に売り方の勢いが強くて売りの注文のほうが買いの注文より多ければ、買いたい人は少しでも安く売ってくれる人から買うために注文の値段を下げて安く買おうとするため、株価は下がっていきます。

買い方・売り方の勢いで株価は変わる

買いが優勢(買いたい人のほうが多い)ときは売る側が有利になります。

これで一番高く買う注文を出していた投資家Bが株を買うことができ、株価は150円に決まります。

売りが優勢(売りたい人のほうが多い)ときは買う側が有利になります。

これで一番安く売る注文を出していた投資家Aが株を売ることができ、株価は100円に決まります。

そして、どちらも金額が合わない場合は売買が成立しません。

この場合、「100円で売ります」という人が出てくれば投資家Aは100円で買うことができ、株価は100円で決まります。「120円で買います」という人が出てくれば投資家Bは120円で売ることができ、株価は120円で決まります。

売る側は少しでも高く売りたいし、買う側は少しでも安く買いたいので、その時に提示され買い注文や売り注文の状況で売買が行われて株価が決まります。

このように、売買が成立するたびに株価は動き、実際は何百万人といる投資家達がたくさんの注文を出しているので、株価はその都度上下して変化していきます。商いの多い(売買が盛んな)株は常に株価が動いているんです。

この注文の状況、つまり「○円で買いたい」「○円で売りたい」という注文が値段ごとにどのくらいあるかは「板(気配値)」と言って、ネット証券の口座を持っていればリアルタイムで見ることができます。

このように、株価は私たち投資家が買いや売りの注文を出すことによって決まるので、決算の数字が良かったり、良いニュースがでたりすると、その会社の株を買う人が増えて買い方の勢いが優勢になるので株価が上がるんです。

株価が上下する仕組みはわかりましたか?それでは、次は株で儲ける2つの方法について解説していきます。

次のページ >> 株で儲ける2つの方法