ミニ株や単元未満株が買えるネット証券

資金が少なくても株取引ができるミニ株(単元未満株)。
ここでは、ミニ株(単元未満株)の取引ができるネット証券の一覧を紹介します。

ミニ株取引ができるネット証券

ミニ株や単元未満株の取引ができるネット証券は以下の6社です。
  ミニ株とその他(単元未満株)の違いはこちらをご覧下さい。

マネックス証券 ワン株(単元未満株・1株から取引可能)

SBI証券 (旧イートレード証券) S株(単元未満株・1株から取引可能)

カブドットコム証券 プチ株(単元未満株・1株から取引可能)

岡三オンライン証券  単元未満株(1株から取引可能)

松井証券 単元未満株(1株から取引可能、売却のみ)

SMBC日興証券   株式ミニ投資(売買単位の10分の1)

ミニ株の手数料比較

ミニ株(単元未満株)の手数料は、通常の株と手数料体系が違います。手数料を表にして比較してみましたので参考にしてみて下さい。

ミニ株(単元未満株)取扱のあるネット証券の税抜き手数料の比較
 
最低手数料
手数料率
マネックス証券(ワン株)
48円
0.5%
SBI証券 (S株)
50円
0.5%
松井証券(単元未満株)※売却のみ
なし
0.6%
カブドットコム証券(プチ株)
100円
0.9%
岡三オンライン証券 (単元未満株)
200円
SMBC日興証券 (株式ミニ投資)
一律700円※
※SMBC日興証券で約定代金2000円未満の場合は2.3%(税込2.484%)
※2015年4月10日時点の税抜き手数料です

ミニ株と単元未満株の違い

ミニ株とは・・・株の売買は、「単位株」という取引をする最低単位が定められています。例えば単位株が1000株の銘柄であれば、株価が1,000円だとしても

1,000円×1,000株=100,000円

100,000円の資金がないと取引ができません。しかし、ミニ株ではこの単位株の10分の1の単位で株の取引ができます。

単元未満株とは・・・単元未満株は、「単位株」に満たない数の株を言います。ミニ株が単位株の10分の1(単位株が1000株なら、100株単位)で取引ができるのに対して、単元未満株の取引ができるネット証券では、1株からの取引が可能です。

ミニ株は単位株の10分の1、単元未満株は単位株に関係なく1株から取引ができる、と覚えておいて下さい。

また、単元未満株はまめ株、S株、プチ株など、ネット証券によって呼び方が違いますが、内容は同じで1株から取引可能です。マネックス証券のミニ株だけは他と違い、1株からではなく単位株の10分の1からの取引となります。
  

>> ネット証券の口座開設の手順を見る
>> ネット証券口座開設・資料請求先一覧はこちら