岡三オンライン証券の特徴・手数料や口座開設について


投資の情報が豊富な
岡三オンライン証券

「IT企業がつくるのではなく、『証券のプロ』がITを活用してつくる証券会社」というコンセプトの元に岡三ホールディングスが設立したネット証券、 岡三オンライン証券

岡三グループの持つ豊富な投資情報が利用可能で、投資初心者からベテラン投資家まで、幅広い層に”使えるネット証券”として人気のネット証券。岡三オンライン証券の「岡三オンライントレーダー」は非常に使えるツールです。

岡三オンライン証券の手数料

岡三オンライン証券の手数料はネット証券の中でも最低水準の安い取引手数料です(参考:ネット証券の手数料比較)。岡三オンライン証券はツールや情報が良く、逆指値OCO注文トレール注文など注文方法も豊富なので手数料のコスパはかなり良いネット証券です。

投資スタイルによって2つの手数料体系が用意されています。(※2017年4月20日時点の税抜き手数料です)

現物取引手数料

ワンショット

約定ごとの手数料
1回の約定代金
通常手数料(税抜)
10万円以下 99円
〜20万円 200円
〜50万円 350円
〜100万円 600円
〜150万円 1000円
〜300万円 1500円
300万円超 約定代金100万円毎に+300円
上限3000円
定額プラン

1日の約定代金の
合計金額の手数料
1日の約定代金合計
通常手数料(税抜)
10万円以下 99円
〜20万円 200円
〜30万円 350円
〜50万円 500円
〜100万円 800円
以降100万円ごと +500円

※コールセンターでの取引の場合は約定金額50万円まで5000円(税抜)、以降50万円増加ごとに+5000円ずつ増加

信用取引(制度信用取引)手数料

ワンショット
1注文の約定代金
通常手数料(税抜)
10万円以下 99円
〜20万円 150円
〜50万円 300円
〜100万円 500円
〜150万円 700円
〜300万円 1000円
300万円超 一律1200円
定額プラン
1日の約定代金合計
通常手数料(税抜)
10万円以下 99円
〜20万円 200円
〜30万円 300円
〜50万円 500円
〜100万円 700円
〜200万円 1000円
200万円超 約定代金100万円毎に+300円

信用取引手数料は、前月の累計売買金額と注文件数に応じて、通常コースのほかにプラチナコース(累計売買金額が7億円以上)プレミアゼロコース(累計売買金額が20億円以上)の手数料コースが用意されていて、取引量が多くなるほど段階的に手数料負担率が小さくなります。ここに記載された金額は通常の手数料です。詳細は公式サイトにてご確認下さい。

口座開設費・口座維持費・資料請求: 無料

単元未満株

岡三オンライン証券では、単元未満株の取引ができます。岡三オンライン証券の単元未満株取引手数料は以下のとおりです。

1回の約定代金
手数料(税抜)
2万円以下 200円
〜3万円 300円
〜10万円 600円
以降10万円増加毎に +600円

単元未満株は、最低の売買単位である1単元に満たない株数でも取引ができるサービスです。例えば、1単元が1,000株の銘柄の場合、株価が1,000円だとすると、 1,000円×1,000株=100万円の資金がないと購入することができません。

しかし、単元未満株なら、1株から購入可能。普通だと100万円ないと買えない株を1000円の資金からでも買うことができます。少ない資金で少しずつ、好きなだけ株を買うことができるのです。

くりっく365(取引所為替証拠金取引FX)も取扱

岡三オンライン証券では、くりっく365(取引所為替証拠金取引)のFX取引も扱っています。

株初心者からプロまで幅広く使えるネット証券

使いやすい画面、業界最低水準の安い手数料、少ない資金で株をはじめられる単元未満株、売買ツール「岡三オンライントレーダー」など、株初心者からプロまで幅広く使える岡三オンライン証券。

これから株を始める初心者も、他のネット証券を使っていて満足していないかたも、多くの方が満足しているようです。ぜひあなたも岡三オンライン証券で無料の資料請求をしてみて下さい。


岡三オンライン証券

岡三オンライン証券に関する関連記事