SMBC日興証券

SMBC日興証券SMBC日興証券は大手証券会社の1つで、三井住友フィナンシャルグループに含まれていますので、誰もが知る安定感のある総合証券会社です。

では、SMBC日興証券にはどのような特徴があるのでしょうか? また株取引の手数料やオンライントレード、ツールの評判はどうでしょうか?

SMBC日興証券のホームページ(公式サイト)はこちら

このページの内容

SMBC日興証券の特徴

総合証券会社として、SMBC日興証券では、ほぼすべての金融商品を取引でき、店舗数も100以上はあります。

取引方法にも特徴があり、キンカブ、つまり金額と株数指定取引という方法があります。

例えば、10,000円分の株式を購入したいと考えた場合、通常の株取引ではそう都合よくはできません。株取引の基本は株の単位ごとの購入になりますので、1株の値段が20,000円であれば最低取引金額は20,000という事になるわけです。 しかし、少額からでも株取引ができるよう、SMBC日興証券では金額を指定して株の取引を行えるようにしています。

他にも、ネット売買であれば信用取引の手数料が0円になっています。
これは手持ちの資金の3倍の金額で取引ができるように、所有している資金を担保にしてお金を借りるという方法です。リスクはありますが、動かせる金額が大きくなるので儲けも大きくなる可能性があります。

通常このような方法の場合手数料が発生しますが、ネット売買の場合0円で信用取引を行えます。

SMBC日興証券の株取引の手数料について

SMBC日興証券の取引の方法にはダイレクトコースと総合コースの2つがあります。

ダイレクトコース

ダイレクトコースはインターネットのみの取引で、支店での取引ができない反面、手数料が安く設定されています。

ダイレクトコースの場合、約定代金が10万円までは手数料135円、20万円までは194円、30万円までは270円と固定の金額で設定されています。仮にオペレータを利用した取引を行った場合には手数料が異なり、約定代金が100万円までは1.0557%の手数料となります。

総合コース

総合コースの場合には、支店での取引、インターネットでの取引、オペレータでの取引の全てで手数料が異なっています。

例えば、支店では100万円は約定代金の1.242%、200万円までは0.972%プラス2700円です。 簡単に取引手数料の比較をするとオンラインは支店での取引手数料の30%OFF、オペレータの場合は15%OFFです。

しかし、やはり手数料はネット証券と比べるとかなり高くなります。(参考:ネット証券手数料比較

SMBC日興証券のオンライントレードやツールの評判

SMBC日興証券は大手であるゆえに、投資情報レポートが非常に充実しており、毎日更新される情報、1週間ごとの情報、1ヶ月ごとに更新される情報などがあります。加えて、株価ボードには100銘柄が登録でき気配、出来高、テクニカル分析チャートなど取引をサポートしてくれるツールも十分すぎるほど備わっています。

オンライントレードも非常にスムーズで、ココという時に間違いなく取引を完了することができると評判です。

SMBC日興証券のIPOは当たりやすい?

IPO株の購入をしている方には、SMBC日興証券の口座は必須と考えている方が多いようです。(参考:IPOの当選確率を上げるには

では、SMBC日興証券ではIPO株の抽選に当たりやすいのでしょうか? IPO株とSMBC日興証券の関係を主幹事、抽選分配という面から調べています。

SMBC日興証券は多くの銘柄で主幹事になっている

IPO株を買うことができるかどうかは、証券会社がIPO株を扱える機会が多いか少ないかに大きく依存しています。SMBC日興証券ではどれほどのIPO株を扱っているのでしょうか?

それを判断するため、SMBC日興証券が主幹事になる機会があるのかどうかを調べる必要があります。SMBC日興証券がIPOの主幹事になっているケースは非常に多く、毎年IPO株全体の4分の一から5分の一の主幹事になっていますので、IPO株の取扱いが多い証券会社と言えるでしょう。

主幹事はIPO株の約7割から8割を任されるので、やはりIPO株を狙うのであればSMBC日興証券の口座は必須と言えるでしょう

抽選配分の割合について

対面式の売買を行っている大手の証券会社では、だいたい裁量配分が90%、抽選配分が10%としています。

SMBC日興証券もこの数字に近いものになっており、SMBC日興証券ではネット口座のために10%以上を抽選分配として割り当てるとはっきりと述べています。全体の10%ほどになってしまいますが、絶対的にIPO株を扱う量が多いので、抽選に当たる確率も多くなります。

抽選方式はどのようなものでしょうか? 抽選は口座にある資金の量にはまったく影響されず1人1票の、完全平等制になっていますので、自己資金が少ないという方でもIPO株の抽選に当たる可能性があります。

抽選配分では一部の自己資金のたくさんある方だけが、IPO株を入手できるのではなく、全ての方にIPO株入手の可能性を開いてくれていますので、IPO株ならSMBC日興証券の口座が必要と言われているのが分かります。

IPO取扱銘柄の見つけ方や申込方法

SMBC日興証券のHPを確認してみると、トップページにIPOつまり新規公開株式の情報が分かりやすいように載せられています。

需要申告という部分をクリックし、必要株式数を入力していけばIPO株の申込みが完了です。あとはIPO株に当選しているかどうかを待って、抽選終了日に確認すれば良いわけです。

とは言え、当日に確認するのを忘れてしまうという方もいらっしゃいます。そんな時でも、SMBC日興証券なら心配がいりません。 きちんとメールで当選したかどうかを送ってくれますので、それを見てHPで確認するようにしましょう。

SMBC日興証券は当選しなかった場合「落選」ではなく「補欠当選」という通知になります。「お、補欠か。チャンスあるかも!」と最初は思いがちですが、確率的には落選と思っていてよいでしょう。

SMBC日興証券はIPO当選後の辞退をすると、1ヶ月間抽選に参加できなくなる(その時点で参加中のものは全て無効)というペナルティがあります。

まれに当選した方の中で、辞退するという方や忘れて当選が辞退になってしまう方もいるかもしれませんが、確率は低いですし、上記のペナルティを受けても「買うのを止めておこう」となる銘柄は公募割れの可能性もありますからね。

SMBC日興証券の口座開設の流れ・手順。必要書類や開設までの期間・日数など

証券会社の中でも大手のSMBC日興証券だからこそ、ここの口座は持っていたいという方がたくさんいらっしゃいます。
それだけではなく、IPOに強いことやツールの良さ、オンライン取引のやりやすさも評判です。

では、SMBC日興証券の口座はどのように作れるでしょうか?

一番簡単な方法はスマホで口座開設

SMBC日興証券の口座開設は3パターンありますが、一番簡単でスピーディなのがスマートフォンを使った方法です。とにかく急いでSMBC日興証券の口座を作りたいという方でも十分間に合う方法になります。

まずは、アンドロイドやアップルのアプリショップに行き、SMBC日興証券口座開設アプリをダウンロードします。口座の開設は、全てこのアプリを使って行いますので、紙に何かを記入したりする必要は一切ありません。

アプリを起動すると、反社会的勢力ではないことが確認され、その後総合コース、ダイレクトコースのどちらかを選択、利用規約に同意します。その後アプリの画面の中で、本人確認書類と個人番号カードなどマイナンバーの撮影を行い、アプリの中でSMBC日興証券会社へ送信します。そして、ミスのないように個人情報を入力しSMSを送ります。

送られて来たSMSを開き、URLをクリックすると全ての申込が終了です。

インターネットを使った口座開設

インターネットを通じて口座開設を申し込む場合は、口座開設申し込み用紙に個人情報などを入力します。入力した情報をプリントアウトし、記入した申込書と本人確認書類とマイナンバーが確認できる書類、取引金融機関の口座番号などを一緒に送付します。

もし、ネットから申込書を請求した場合には、自宅に申込書が届き記入してから必要書類と一緒に送り返すようになります。仮に店舗での申込を行えば、あっという間に申込は終了しますが、必要書類は予め用意しておきましょう。

必要書類や開設までの期間

口座開設のためには、本人確認書類、マイナンバーが確認できる書類、印鑑、取引銀行口座番号の4つが少なくとも必要です。

本人確認書類に写真が載っていない場合には、書類は2種類必要になります。 番号確認書類としては、写真の載っている個人番号カードもしくは個人番号通知カード、個人番号の載っている住民票が必要です。

こうした全ての書類をあらかじめ用意しておくようにしましょう。不備があるとそれだけで口座開設までの時間がさらにかかってしまいます。

口座開設までの時間は、アプリを使った申込が一番早く、最短4日で口座開設が完成します。次に早いのはインターネットで申込用紙を印刷して送付するという方法で、5日から1週間で口座開設ができます。一番時間がかかるのが、申込用紙を請求して申し込むという方法で、9日から2週間かかりますので、可能であればスマートフォンのアプリを使用して口座開設を行いましょう。

SMBC日興証券に関する関連記事

他の証券会社・ネット証券の詳細

大手証券会社

ネット証券会社

証券会社をいろいろ比較

 

ネット証券の口座開設の手順へ >>

ネット証券会社の特徴やメリット・デメリットへ >>

店舗型の証券会社の特徴やメリット・デメリットへ >>