株は危険なギャンブルなの?

やり方次第で株はギャンブルにもなる

よく、「株は危険だ」とか「ギャンブルだ」とか言う人がいますが、実際どうなのでしょう?株をやっていると言うと、「え?ギャンブルなんてしそうにないのに」とか言われることがたまにあります。

株は危ないもの、ギャンブルの一種というイメージを持った人がいまだにけっこういるみたいです。

しかし実際は、株がギャンブルなのではなく株でギャンブルをしている人がいるだけです。

ギャンブルになるかどうかは投資のしかた次第です。株のしくみのページで詳しく解説しますが、株は本来は、会社にお金を投資をして運営の資金を提供するかわりに利益の一部を還元してもらうもので、株式投資は本来はマネーゲームやギャンブルではなく”投資”です。

ではなぜ株がギャンブルと言われることがあるのかというと、株の値段は上がったり下がったりするので、株を買う(売る)するタイミング次第でお金を儲けたり損したりすることがあり、感情をコントロールできないとギャンブルのような売買をしてしまうからです。

何も知らずに買った株が大きな利益を出したりすると、お金を儲けたことで株にはまっていって、ろくに知りもしない会社の株を買って損をしてしまうっていうのがよくあるパターンですが、それでは完全にギャンブルです。そうならないよう、しっかりと投資する会社を選んで始めましょうね。

参考:株式投資のリスクはどのくらい高いのか?

リスク管理で堅実に利益を積み上げる

株の投資は値上がりすれば大きな利益を得られますが、値下がりすれば減ってしまうので、値下がりすることのない銀行預金に比べると、リスクが高いことは事実です。しかし、今の金利では銀行にいくらお金を預けておいてもほとんど増えることはありません。多少のリスクを背負うことができなければお金を上手く運用して増やすことはできません。

リスクといっても、株で全財産を失うようなことはよほどのやり方をしない限りありえません。投資した会社が倒産でもしないかぎり、多少の値下がりはあってもゼロになることはありえないからです。株を買った後も自分が株を持っている会社のニュースや株価にしっかり注意を払っていれば、もし倒産するような事態になってもその前に売ってしまうこともできます。

自分の許容範囲内のリスクで取引することが大事

株は市場や会社によって、値動きの激しいハイリスク・ハイリターンな株(大きな利益が見込めるがリスクも高い株)や、値動きの激しくないローリスク・ローリターンな株(大儲けはできないけど大損もしない株)があります。

また、1つの株に資金を集中するのではなく、いくつもの株に資金を分散して投資する分散投資をすれば、投資した会社が全部倒産するなんていう確率は相当低いので、ここでもリスクを低く抑えることもできます。

自分の許容範囲を超えたリスクをとると、冷静な行動ができなくなるものです。落ち着いて投資をすることができなければ、なかなか勝率を上げることはできません。

自分の投資レベルやリスク許容度に合わせて投資する会社を決め、買ったあとはほったらかしではなく株価やニュースのチェックをかかさずにいれば、投資の成績も良くなっていきます。たとえ損をすることになったとしても致命的な損失にはならずにすみます。

自分のリスク許容範囲がわからない初心者の方は「これくらいなら損してもあきらめられるかな」という金額を目安にして下さい。

参考:自分のリスク許容度を知る

「大儲けしてやるぞ!」って自分の限界に近い大きな資金で取引するときと「まずは経験を」と少ない資金で取引をしているときでは心の余裕が全然違ってきます。

資金が小さければ大儲けはできませんが、「ああ、こうやったらいいんだ」という”心の余裕を持った投資経験”は後々の大儲けにつながる投資力の土台になってきます。欲を持って初心者のうちからいきなり大儲けしようと思ってはダメですよ。

本来は「投資」でギャンブルではない

株は本来は投資です。会社の業績が良く、成長が見込めて、株主に対する方針もいい会社を見つけて株を買うものです。会社が成長するにつれて株価も上がり、利益が出るというのが本来の投資です。成長が見込める会社の株を買えば利益を出せるものなんです。

しかし、全く知らない会社の株を買って、もしその会社の業績が悪かったり、悪いニュースがあったりすると株価は下がって損をしてしまいます。株価は会社の業績やニュースなどによって、上がったり下がったりするものなのです。

株価が上がる根拠もわからないのに、他人から「あの会社の株上がるかもよ」と言われて株を買ったり、なんとなくここが上がりそうというような勘だけで知らない会社にお金を投資するというやり方をすればそれはギャンブルでしかありません。

自分が普段使っているお気に入りの商品の会社など、成長の見込める会社に投資をするというやり方であれば、ギャンブルとはまた違ってくるでしょう。たとえ予想が外れて多少損をすることがあったとしても、何が間違っていたのかがわかれば失敗を次の投資に活かして、勝率をあげていくことができます。

株をやっていると、どんな会社が成長していくのか、どんなことをすれば株価が上がるのかなどがわかるようになります。将来自分で会社を起こすことになったとき、株で培った知識や経験は非常に役に立つかもしれませんね。

次のカテゴリ >> 株のしくみへ