インターネット株取引のススメ

インターネット株取引のススメ

主婦やOL・サラリーマンの副収入としてインターネットで株の取引をする人が増えています。

あなたのまわりにも株を始めた人、いませんか?

経済のことやニュースに急に詳しくなった人や、なぜか最近羽振りがいい人、そんな人はもう株を始めているかもしれません。

お金や経済の知識だけでなく、株取引を通して成長できることはたくさんあります。

インターネットで株は簡単にできる

ネット証券の誕生によって、初心者でも株の取引が簡単にできるようになり、株式投資が一般にかなり広まってきました。

ネット証券を使ったオンライントレードなら、わざわざ証券会社の窓口に行って口座を開設しなくても、自宅でインターネットを使って、誰にも会わずに株の口座を開設して株の取引を始めることができます。

そのため、新しくインターネットで株の取引を始めた個人投資家たちが急激に増え、株式市場にたくさんの資金が流れてきました。

でも、株って難しそう・・・

経済学部卒でもないし、ニュースも見ないのに株なんて・・・
当サイトの管理人も初めはそうでした。新聞はテレビ欄しか読まず、ニュースは「天気予報だけで充分なのに」と思っていて、経済のことなど何も興味ありませんでした。

ふとしたきっかけで株の本を読むことになり、経済云々よりも「お金儲け」として株に興味を持ち、難しそうなどと考える前にとりあえずネット証券に口座を作りました。

よく「習うより慣れろ」と言いますが、株はまさにその通りで、知らない言葉の多い「株」についていろいろ本を読んだりするよりも、実際に取引画面を見ながら画面をいじっているほうが早く理解できました。

今までは朝日新聞のTV欄しか読まなかったのに、毎朝通勤電車で日経新聞を読むようになり、初めはあまり意味がわからず見出しをざっと流し読みするという感じでしたが、「儲かりそうな記事」を探しているうちにだんだん理解できるようになっていき、つまらないと思っていたニュースにも興味がわいてきます。

そんなこと1つ1つに「ちょっと賢くなった気分」を味わっていました。 お金が増えるだけでなく、色々な新しい知識が頭に入ってきます。

でもこれ、株をやってない人って意外と知らないですよね?こういう事ももしあの時に株を始めていなければ、すぐに口座を作らず「明日にしよう」と先延ばしにしていたら、きっとずっと知らずに終わっていたかもしれません。

個人投資家の仲間入り

個人投資家というとなんだかプロのように聞こえますが、最近増えてきたのは普通の主婦サラリーマンなど、株とは縁のなさそうな普通の人が多くを占めています。

女性の投資家も多く、子供のうちに株を始めるということも増えています。ネット証券の誕生、インターネット株取引の普及によって株式投資はどんどん身近な存在になってきているんです。

本屋では株のコーナーが増えてきているし、株に関するニュースも最近ではよくやっています。 あなたのまわりにも最近インターネット株取引をはじめた初心者投資家がいませんか?

昔は、株式投資は証券会社の窓口に行き、証券口座を開設して、難しい経済新聞やニュースを見て投資の判断をしていました。

売買する手数料も高いし、リアルタイムの株価も証券会社の店頭の掲示板を見るか、電話などで問い合わせをしないと知ることができませんでした。

そういった情報を得ることができたのは証券会社と、お金をかけて機材をそろえたプロの投資家だけで、個人の投資家は情報の面で圧倒的に不利、初心者が利益をあげるのはとても難しい状況でした。

・・・昔はですよ。しかし、今は違います。

ネット証券・オンライントレードの誕生

情報ではもうプロにも引けをとらない

ネット証券・オンライントレードの誕生により、売買手数料は安くなり、初心者でもインターネットを使ってリアルタイムでプロ並の情報が手に入るようになりました。リアルタイムの株価や、リアルタイムのニュース、板(株の注文状況)や株価チャートなどの情報が、ネット証券に株の口座を作るだけで無料で得ることができます。

安い手数料

ネット証券で株のオンライントレードをする場合、すべてをインターネット上でできます。証券会社側も人件費が少なく済む分、通常の証券会社に比べてネット証券は株の売買手数料が格安になっています。

口座開設や口座維持費もネット証券会社なら無料です。株の取引では売買の手数料がバカにならないものです。特に売買代金の少ない初心者のうちは、投資成績にかなり大きく影響してきます。

ネット証券を使うことによって、株式投資にかかる費用をかなり抑えることができます。ネット証券でも会社によって手数料や取扱サービスや情報ツールが違います。売買手数料の安さはもちろん大事ですが、一番大事なのは自分にあった使いやすい証券会社を選ぶことなので、まずはたくさんの証券会社に資料請求をしてみましょう。

きっかけがあってもやらずに終わってしまうことってけっこうありますよね。けど、あとで思い出すと必ず後悔するものです。少しでも興味がわいたらまずは何か行動してみて下さい。初心者向けの株の本を買ってみたり、ネット証券に口座を作ったり、とにかく行動をする事が大事です。

>> ネット証券の口座開設の流れを図解で説明

まずは株を始めてみよう

何かスポーツを始めるとき、勉強から入る人は少ないですよね。まずは実際にやってみる。最初に必要なのは最低限のルールと始めるきっかけだけ。

やり方がよくわからなくても実際にやってみて楽しければどんどんはまっていくし、知識はそのうち無理なく覚えていくものです。

まずはネットで株を始めてみましょう。お金をかけて実際の取引をしなくても、株を買ったつもりで株価の値動きを見ていれば、お金をかけずに実力をつけることもできます。そこでつまらなければやめてしまえばいいだけのこと。

スポーツや音楽などでも、面白くて何度もやっていると、ルールだとか言葉とかも自然に覚えていきます。株式投資もそんなものです。知識から入ろうとしてもいまいちよくわからないものです。

何かを習う場合、同じことを教えてもらうのでも、教科書で習うよりも実際にやりながら教えてもらったほうがわかりやすいし覚えやすいですよね。

株も同じこと。ネット証券に口座を持っていればインターネットで株について調べながら、実際に株の取引をするのと同じ本物の環境でやり方を覚えていくことができます。

でも経済の用語もよくわからないのに株を始めるっていうのはちょっと心配ですよね? 大丈夫です。経済用語は無理して覚えなくても簡単に覚えられてしまいます。

次のページ >> 経済用語は簡単