タイ株取引の始め方・口座開設方法

タイ株の買い方(購入方法)・口座開設方法
タイの株が日本でも買える!

最近は日本株だけでなく外国株の取引が流行してきていますが、タイの株式も取引をすることができます。

タイは、1990年代に入ってから香港や韓国、台湾、シンガポールに続く5番目の新興工業経済地域になるとまで言われてきました。

2011年の大洪水でタイの経済は大きな影響を受け、実質GDP成長率を2%押し下げられたとも言われています。しかし、比較的早い段階で復興の兆しが見え始め、タイ経済は短期間でV字回復を遂げています。

日本語でできる!タイ株の買い方

実は、タイ株つまりタイの上場企業の株は日本の証券会社でも買うことができます。タイ語がわからなくても、日本語でもタイ株が購入できるとなれば、自分にもできると思いませんか?

タイ株取引の始め方は、やり方さえわかってしまえば簡単に取引ができます。タイ株の取引ができる証券会社の口座を持っていれば日本語でタイの上場企業の株を買うことができます。

日本でタイ株式の取引を始めるには

日本でタイ株式の取引ができる主要ネット証券は、SBI証券 です。ここではSBI証券でのタイ株取引の始め方の流れを説明していきます。SBI証券は、外国籍の方でも口座開設ができるので、タイ国籍の方やその他の国の方でもタイ株式の取引をすることができます。

タイ株式の口座開設の流れは以下の3ステップです。

1.まずは日本株の口座開設

まずは日本株の取引口座を開設し、IDとパスワードを取得します。
口座開設はSBI証券のWEBサイトから申込みをし、資料に同封されている口座開設申込書を郵便で送ります。

口座開設は無料なので、まずは気軽に申込みをしてみて下さい。

SBI証券 口座開設申込みはこちら

2.外国株式取引開始手続きの申込み

口座開設が完了してIDとパスワードを手に入れたら、SBI証券のホームページ内の外国株口座開設ページから、4クリックで外国株式取引開始の申込みができます。

申込みの翌々営業日の正午頃に開設申込受付結果がメッセージボックスに届きます。書面での手続きが必要な場合(2006年1月1日以前に総合口座を開設された方および旧日本インベスターズ証券で口座開設を行った方)は、メッセージボックスに書面による申し込みが必要な旨が通知され、登録住所に必要書類が郵送されますので、書類に記入・捺印のうえ返送します。

3.タイ株取引開始

タイ株式の口座開設が完了したら取引開始できます。

SBI証券のタイ株取引では日本円での取引かタイバーツでの取引かを選ぶことができます。

※タイバーツで取引をする場合は為替取引でタイバーツに替え、その資金を使ってタイ株式の取引が可能になります(タイバーツでの取引では取引の都度為替スプレッドがかかりません)。

※日本円で取引をする場合はタイバーツに為替交換をする必要なく日本円の買付余力から決済ができます(日本円の場合は取引の都度為替スプレッドがかかります)。

タイ株取引の手数料

SBI証券のタイ株取引手数料は、以下のようになります。

・取引手数料: 約定代金の1%(税込1.08%)
・最低手数料: 761タイバーツ(税込821.88タイバーツ)
 ※売却代金が最低手数料に満たない場合は約定代金の50%(税込54%)が手数料

現地手数料やその他諸費用はかかりません。ただし、日本円で取引をする場合は取引の都度為替スプレッドが発生します。タイバーツでの取引の場合は発生しません(タイバーツでの取引は事前に「円⇒タイバーツ」の為替取引をしておく必要があります)

※2014/4/1現在の手数料です。最新情報はSBI証券 公式サイトにてご確認下さい。

タイ証券取引所(SET)上場の代表銘柄が取引できます

タイ証券取引所(SET)上場のうち、SBI証券の選定した約40銘柄(2013年2月3日現在)が取引できます。(タイを代表するサイアムセメント、タイ石油公社、サイアム商業銀行、アドバンスト インフォサービス、タイ石油開発公社など)

参考:SBI証券 タイ株式取扱銘柄

取引時間

タイ市場の立会時間中はリアルタイムで取引が可能です。

タイの証券取引所の立会時間 月曜日〜金曜日(祝日を除く)

  • [プレオープニングセッション1]
    11:30〜12:00 (現地時間9:30〜10:00)
  • [前場]
    12:00〜14:30 (現地時間10:00〜12:30)
  • [プレオープニングセッション2]
    16:00〜16:30 (現地時間14:00〜14:30)
  • [後場]
    16:30〜18:30 (現地時間14:30〜16:30)

※注文の受け付けは18:30〜20:30(日本時間)を除きタイ営業日には受け付けています。

その他の外国株取引も可能

SBI証券では、タイ株のほかにも日本株はもちろん、韓国株米国株(アメリカ)中国株、またロシア株ベトナム株インドネシア株マレーシア株シンガポール株など、様々な外国株の取引もできます。

日本株の取引手数料も安く、外国株の種類も豊富なSBI証券 を使って色々な外国株に挑戦してみて下さい。まずは公式サイトを見てみて、口座開設(無料)を申し込みしてみて下さい。



SBI証券 口座開設・資料請求はこちら