円安になると株価が値上がりする本当の理由

超円高の時代です。だから、皆とても為替相場に敏感になってきました。

日本は加工貿易国家で円高になりすぎると苦しくなり、円安になると外国が日本の製品を買ってくれるから有利になると言われています。

「今日は1円のドル高円安の為替相場を受けて、東京株式市場も値上がりし…」なんてニュースが流れると、「輸出企業が有利になるからな」としたり顔で解説する人もいます。

もちろんその影響も大きいです。株と為替の基礎知識として、為替の動く仕組みや考え方の基本のページでは「為替(円高・円安)と株価との関係」の項目でそのように書きましたし、とともに、長期的に考えて無視できない部分ではありますが、あくまで基礎知識です。

それだけではないんですよね!(笑)

企業は為替予約と言って、ある一定期間、同じ為替レートで取引できるデリバティブ取引を採用しているのです。

海外との大口取引がある企業になれば、1日くらい為替相場が動いたところで、財務に大きな影響はありません。

では、なぜ円安になると株価が上がるのでしょうか。

為替相場で円を買っている外国人(の大口取引者)が、円を売って株を買うからですね。

日本の株価はこれでもかというくらい割安になっています。PBR(会社が今すぐ解散して、資産を売却して現金化すると、株の時価総額とどの程度の割合になるか)という指標がありますが、現状では1倍割ればかり。つまり会社の資産(土地とか特許ですね)の方が、株の時価総額より上なんです。

外国人はその割安感をちゃんとわかっています。だから自国の貨幣価値が高いときに、日本の株を買うのですね。

円安を利用して儲けるには?

そこで効率的な投資法として「円高だぁ、円高だぁ」と世の中が騒いで輸出企業の株価が下がりだしたようなときに、輸出企業で膨大な資産を持っているPBR1倍割れの企業の株を少し仕込んでおく、と。

そして円高から円安になれば株価が跳ね上がることもあるでしょうから、そのとき売ればいいわけです。

そういった銘柄をいくつも抱えておけば、ボーナスが減った分の資金を補うこともできるようになるかもしれません。

え?円高が進めば株価が下がって外国人も売るだろうって?

業績の悪い企業は、そうかもしれません。しかし、円高要因だけで業績が落ちているのなら、狼狽売りを続ける日本人を尻目に、外国人は保有し続けます。

外国貨幣試算高ベースでは、ドンドン価値が上がっていって、最終的には企業が持つ土地や特許が自分のものになるかもしれないのですから。

日本がその資本主義の冷酷な一面を理解しないままでいると、いつのまにやら経済は外国の属国扱いになっている日が来ているかもしれないのです。

ボーナスが減った分の給料の不足分を補うと共に、それが防げるとしたら一石二鳥なんですけれどね。

円高を利用して儲けるには?

逆に、円高のときに儲けるには、アメリカ株などの外国株や、海外ETFを買っておくという手があります。

円安で1ドル120円のときだと、100ドルの株を買うのに1万2000円必要ですが、円高で1ドル80円のときなら同じ100ドルの株を買うのに8000円で買えます。

例えばAppleの株を買うとして、株価が全く変わっていなくても、円高か円安かで日本円で見ると買える値段が大きく変わるんです。

もちろん、その企業の株価が今後上がるか下がるかなど他の要因もありますが、円高のときは外国株を安く買うチャンスと言えますね。

その時すぐに買わなくても、円高のときに資金をドルなどに替えておけば、いつでも円高のときのレートで買えることになります。

こういうチャンスを逃さないために、外国株の取引ができるネット証券の口座を作っておくとよいですね。

例えばアメリカの株が買える証券会社は意外と少ないので、口座を持っていなかったなら気づいたこのタイミングで口座を作っておくとよいでしょう。

>> 「知って得する株の知識」一覧に戻る