株を担保にお金を借りれるコムストックローン

株取引をしていて急な資金が必要になった時
不本意ながらも保有している株を手放して資金調達をしていませんか?

ここ数年、株式投資をしている人が増えてきています。その中で中長期での投資をする場合、例えば将来の資産形成であったり、配当や株主優待が目的の場合、株を買ってから売るまで、ある程度の期間資金を拘束されることになります。

でもお金が必要な時ってありますよね。マンションやマイホームなど、大きな買い物をするときの頭金、車の購入や結婚資金・子供の教育資金など、貯蓄でまかないきれない急な資金が必要になることは誰にでもあります。そんな時、どのような方法で資金を調達しますか?

保有している株を売ってしまう?キャッシングを利用する?もちろんそれも可能ですが、金利も高いし融資枠も少ないのではないでしょうか。そこで役に立つのが「証券担保ローン」。株を売るのではなく担保にすることで資金調達が可能になります。

証券担保ローンのメリット

年率4.175%
このような金利で資金を調達できるところは他にありません。キャッシングの大手ア○ムやアイ○ル、○富士などでカードを作った場合、初回の金利はだいたい年率27〜29%程度。○ビットやDCキャッシュ○ンなどの金利の安い銀行系カードでも初回はだいたいは18%からなので、比べてみればその違いは歴然です。

来店不要・ネット上で取引可能
「ア○ム」や「アイ○ル」などの消費者金融系の看板が多い雑居ビル、借り入れや返済で入るだけでも少し気がひけてしまうものです。「株」という大きな「資産」を持っているからお金に困っているわけじゃない。でも、まわりから見たら借金がある人に見えるんじゃないか・・・。そんな心配も無用。来店不要・ネット上ですべての取引が完結できます。

信用情報が他社に開示されません
銀行やクレジット会社に借入れ状況が漏れる心配はありません。大証金では、個人情報の管理には徹底した注意を払っており、プライバシーマークも取得しています。また、消費者金融会社等の加盟する個人信用情報機関および同機関と提携する個人信用情報機関にはいっさい加盟していないので、個人信用情報(申込記録を含む)の開示および照会をしていません。この事はコムストックローンのホームページ上でもQ&Aにて記載されています。

資金用途自由・限度額3000万円
資金の使用用途は自由です。株の追加購入など、どのような用途でも使えます。また、限度額は、担保銘柄の時価総額の60%(最高3000万円)です。

株を売却して返済することも可能
担保にしている株を売却し、売却代金のうち、返済必要額を自動的に返済に割り当てることができます。

SBI証券(旧イートレード証券)に株を預けたまま使える
SBI証券 で取引中の方なら、担保の株をイートレード証券に預けたまま利用することができます。

担保に入れた株の売買も自由。配当や株主優待、株主総会への出席など、株主の権利もそのままです。

 

コムストックローンは、保有している株の範囲内ので取引なので、資産の有効活用といえるのではないでしょうか?つまり “借金”というよりも、“資産運用術”として利用できそうです。借りているお金の返済は、担保の株を売却すればいつでも可能であるというのは、すぐには返せない”借金”とは違い、”返そうと思えばいつでも返済できる”ので、心に余裕を持つことができます。これが「証券担保ローン」が個人投資家に幅広く利用されている理由の一つでしょう。

株取引を始めたいけど資金が拘束されるのがイヤだという方も、SBI証券 とコムストックローンに口座開設をすることで、資金を拘束されないまま株取引を始めることができます。

すでに株取引をしている方、これから株取引を始める方、いざという時のために、無料で口座開設だけでもしておいてはいかがでしょうか?

コムストックローン

大証金は、東証一部、大証一部に上場しており、55年の歴史がある公的性格の強い金融機関です。証券取引法に基づく免許を受けており、証券市場に良質・低利な資金を安定的に供給することを目的に設立された信用のある会社です。

コムストックローンは、All Aboutでも特集掲載された実績もあり、イートレード証券や、日興コーディアルグループとも提携していて、安心して取引ができる会社です。おかげさまで当サイトからも多くの資料請求の申込みをいただいています。 ぜひこの機会に利用してみて下さい。

 

その他のローン・消費者金融

ノーローン
新生銀行グループのNOLOAN(ノーローン)は、借入れから1週間は無利息です。一度全額返済してしまえば翌月以降にまた借りる時も1週間無利息です。
毎月1度、1週間無利息で利用できます。これを利用してIPOの申込み時の資金などにすれば、無利息で多くのIPO申込みが可能です。1週間を過ぎると、年率15〜18%の利息がつきますので注意が必要です。

銀行系ローン
銀行系のローンは、年率12〜18%(初回はだいたい18%から)と、消費者金融よりも利息が安く済みます。

100万円を1ヶ月借りた際の利息は、年利28%だと約23333円、年利18%なら15000円、1ヶ月で8333円も利息に差が出ます。

消費者金融などは利息が高いので使わないほうがよいとは思いますが、すでに借入れのある方は借入先を銀行系に変更して月々の利息を減らすことが早期に全額返済する近道になります。すでに他社で借入れがあっても、借入れ額が100万円以内なら「利息が安いので他社から借り替えたい」という理由で申し込めば、他社の借入れを移し替えることを条件に審査に通る可能性は高くなります。