証券会社の口座開設のときマイナンバー確認書類が無い場合はどうすればいい?

証券会社の口座開設でマイナンバー確認書類が無い場合はどうしたらいい?

証券会社やネット証券で口座を作りたいときは、本人確認資料としてマイナンバー確認書類(下記のいずれか)が必要になります。

困るのは、「紛失してしまった」などの理由でマイナンバー確認書類が無い場合です。

マイナンバーの確認書類なんて普段は使わないので、「どこかにあると思うけど見つからない」という人や、「捨ててしまった」「無くしてしまった」という人もいるでしょう。

こういうやつです。ありますか?

免許証や保険証はあるけど、マイナンバーの確認書類は無いという人も意外と多いようです。

昔は免許証だけで口座開設ができたのですが、今は銀行口座の開設にもマイナンバー確認書類が必要な時代です。

そのため、マイナンバー確認書類が無い場合の対処方法を書いておきます。

■このページの内容

 

ちなみに、「マイナンバー確認書類は提出したくない」という場合は今は証券口座を作ることができないので、口座開設をあきらめるしかありません(「身分証無しで口座を作りたい」と言っているようなもので、それは無理です)。

また、昔作った証券口座でマイナンバーの提出を求められた場合も、提出しないとどうなるかは気になると思いますが、マイナンバー確認書類が無い場合の対処は同じです。

口座開設の申込み途中で無いことに気づいた場合

まず、口座開設の申込みの途中でマイナンバー確認書類が無いことに気づいた場合ですが、いったん申込みは完了させてしまいましょう

口座開設の申込みの手順でも解説していますが、マイナンバー確認書類は口座開設の申込みのときに提出を求められます。

しかし、今すぐ手元にない場合は後から提出することも可能です。

せっかくいろいろ入力したのに、またイチからやり直しするのは面倒だと思うので、途中まで進めた申し込みは完了させて、マイナンバー確認書類が無いときの対処方法を参考に後から提出しましょう。

 

早く証券口座を作りたい人はこうしよう

マイナンバー確認書類が無いけど、早く証券口座を作りたいという場合は、まずは申込みをしてしまいましょう。

申込みを済ませてから、後から以下のマイナンバー確認書類が無いときの対処方法を参考に後から提出すればOKです。

また、口座開設が早い証券会社で口座を作ると早いですよ。最短で申込みの翌日に取引開始できるところもあります。

マイナンバー確認書類が無いときの対処方法

マイナンバー確認書類が無いときの対処方法は、「家のどこかにはあるけど見つからない場合」と、「完全に無い場合(どこかに落としてしまった・紛失や捨ててしまった場合)」で違います。

家の中にあるけど見つからない場合

家の中にあるけど見つからない場合は、3パターンあります。

そのままで申し訳ないですが、探して見つかりそうなら探しましょう。これが一番手っ取り早いです。

役所は地域や時間帯によっては混んでいることも多いので、探して見つかりそうなら探しましょう。

簡単には見つからなそうな場合は、役所に行って「再発行」をしてもらうか、もしくはマイナンバー(個人番号)の記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」を取得しましょう。

マイナンバーカードの再発行は手数料が1000円、通知カードの再発行は手数料が500円、「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」は300円で取得できます。(※この金額が多いですが、市役所や区役所によって手数料が違う場合があるので、細かい金額まできになる方は役所で確認してください)

マイナンバーカードは期限がありますが、通知カードは期限がありません。また、マイナンバーカードや通知カードの再発行は時間がかかるようです。(3週間〜1ヶ月程度かかる場合も)

そのため、急ぐ場合は住民票の写しなどをもらうことをおすすめします。

マイナンバーの記載された住民票の写しなどは、本人または同一世帯の人しか受け取れません。また、受け取る際は身分証が必要です。

完全に無い場合(落とした・紛失・捨てた)

この場合は、役所に行って「再発行」をしてもらうか、もしくはマイナンバー(個人番号)の記載された「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」を取得しましょう。

この場合、上記の手順のほかに、悪用されることを防ぐために警察への届けを出しておきましょう

マイナンバーカードの再発行は手数料が1000円、通知カードの再発行は手数料が500円、「住民票の写し」または「住民票記載事項証明書」は300円で取得できます。(※この金額が多いですが、市役所や区役所によって手数料が違う場合があるので、細かい金額まできになる方は役所で確認してください)

マイナンバーカードは期限がありますが、通知カードは期限がありません。また、マイナンバーカードや通知カードの再発行は時間がかかるようです。(3週間〜1ヶ月程度かかる場合も)

そのため、急ぐ場合は住民票の写しなどをもらうことをおすすめします。

マイナンバーの記載された住民票の写しなどは、本人または同一世帯の人しか受け取れません。また、受け取る際は身分証が必要です。

 

↑「どうすればいいかわかった」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

>> 株関連トピックス一覧に戻る