空売りできない銘柄でもOK!松井証券のプレミアム空売り

株の売買手法の一つに「空売り」があります。

株価が下がる局面で利益を上げるという手法ですね。空売りを使うことで、株価が上がるときだけでなく、株価が下がっている時でも利益を上げることができるようになるため、空売りを使えば株で利益を上げられるチャンスは非常に大きくなります。

しかし、全ての銘柄を空売りできるわけではありません。

空売りが出来ない銘柄もたくさんあります。特に新興市場で人気の銘柄は空売りが出来ない銘柄も多く、「空売りしようと思ったけどその銘柄は出来なかった」といった経験がある方も多いと思います。

下がりそうな銘柄ほど空売りできないジレンマ

そんな空売りが出来ない銘柄に限って「高値にいる」「株価が下がりそう」という状況にあることが多かったりするんですよね。

こういった普通の証券会社では空売りが出来ない銘柄を空売りできるサービスが松井証券のプレミアム空売りです。

例えば人気の銘柄でいうとガンホー、mixi、FFRI、PCIホールディングス、ジグソー、CYBERDYNEなどがあります。また、IPOで新規上場したばかりの銘柄はなかなか空売りができないことが多いですが、松井証券のプレミアム空売りなら空売りができる、という銘柄も多いです。(※プレミアム空売りできる銘柄一覧はこちら)

プレミアム空売りをするには

プレミアム空売りをするには、松井証券で信用取引口座を開設します。

松井証券のプレミアム空売りでは、プレミアム空売り料を支払うことで、他社では空売りが出来ない銘柄でも空売りをすることができます。

プレミアム空売り料は銘柄ごとに異なり、一株あたりいくらという形で支払います。例えばプレミアム空売り料金が一株0.8円の銘柄を100株空売りした場合はプレミアム空売り料80円がかかる、という感じです。

プレミアム空売りは松井証券のオリジナルサービスなので他のネット証券などでは扱っていません。

松井証券の口座を持ち、プレミアム空売りができるようにしておくだけで銘柄の選択肢が増え、他の投資家と比べて少し有利な状況になります。

空売りのチャンスのときに備えて松井証券の口座を開設しておくだけでも「チャンスを逃すリスク」を減らすことができるかもしれませんよ。

より詳しくは松井証券の公式サイトを確認してみて下さい。

>> 松井証券公式サイトでプレミアム空売りについて詳しく見てみる


このエントリーをはてなブックマークに追加  

>> 株関連トピックス一覧に戻る