株式投資で利益が出ても会社にばれないためには

会社員やサラリーマンなど会社勤めの方が株式投資を始める前に気になるのが、株式投資をしていることを会社に知られてしまうことです。就業規則で副業禁止の会社に勤めている場合などは気になってしまいますね。

・・・などなど、皆さん株を始める前の方や、株を始めて大きな利益を出したとき、また確定申告の時期などになるととても心配されるようです。

株で儲かったの利益は会社にバレる?

会社にばれないように株を始める方法実は、株式投資で大きな利益を出したときに会社にばれてしまうかどうかは「どの口座開設をしたか」によります。

株の口座開設には「一般口座・特定口座」の2種類があります。

一般口座は自分で年間取引報告書(株の損益を自分で計算)を作成して確定申告をする必要あり、特定口座はそれを証券会社がやってくれるというものです。

また、特定口座には源泉徴収ありと源泉徴収なしの2つが選べます。源泉徴収ありは利益が出たときに証券会社が税金をあらかじめ徴収して納税してくれる、源泉徴収なしは税金の納税は自分でやるというものです。

このように口座の種類によって税金の納め方などが違ってきます。

会社にバレずに株取引を始めるには?

会社にバレないように株取引を始めたいというかたは、ネット証券の口座開設の際に口座の種類を「特定口座」の「源泉徴収あり」にしましょう。

これなら基本的に確定申告なども不要で楽ですし、ネット証券なら口座の種類によってお金がかかることもありませんので安心して下さい。

今まで会社にバレないか心配で株取引を躊躇していたという方は、ネット証券で「特定口座」の「源泉徴収あり」の口座を口座開設の手順を参考に開設してみて下さい。

今はスマホ取引ができたり、マネックス証券などでは株価の動きに応じて注文が出せる「逆指値」や「ツイン指値」・「連続注文」などの様々な注文方法もあり、会社員などで「昼間はなかなか株価チェックができない」という方でもかなり便利に取引できるようになっていますよ。

>> 株関連トピックス一覧に戻る