株の売買手数料を安くする節約術

株の投資をする際、一番大きな経費は売買手数料です。この売買手数料も各証券会社のサービスを使い分けることで節約することができます。

といっても、裏技のようなものではなく「手数料が安いネット証券で取引する」「手数料無料の取引をする」という当たり前のこと。当たり前のことではありますがちゃんとわかっていない方が多い部分でもあるので少し解説します。

無料で取引する

1日合計10万円以下の取引は無料でできる

松井証券では1日の約定金額の合計が10万円を超えなければ、その日の売買手数料は無料になります。毎日約定代金合計で最大10万円まで売買手数料無料で取引ができます。

とはいえ、10万円以内で済む少額の取引ばかりの人は少ないでしょうし、1日10万円を超えたときの松井証券の手数料は他のネット証券と比較して「安い」とは言えません。

「10万円超えると手数料かかるしなぁ」と制限をかけて取引をして、その結果タイミングを逃して利益を出すチャンスを逃してしまっては本末転倒です。

手数料の安いネット証券を選ぶ

株の売買にかかる手数料は証券会社ごとに違います。取引方法によって一番安い証券会社を選ぶことで、手数料を大幅に節約することができます。

手数料は取引する金額で違う

ここで注意点は、手数料は取引する金額で違うという事です。

「20万円の取引ならA証券が一番安いけど
 100万円の取引ならB証券のほうが安い」

ということが普通にあります。なので、自分はどのくらいの価格帯の取引が多いかをもとに手数料を比較します。

手数料の比較はネット証券の手数料比較ページに取引金額ごとの手数料を一覧で比較できるのでそちらを参照にして下さい。

手数料は気にしすぎない

たまに取引をはじめても「少しでも手数料を安く」と取引金額ごとにネット証券の使い分けをしようとする人がいますが、そこまでしなくて大丈夫です。

デイトレーダーのような1日に何十回と取引する人は別として、数十円や数百円の手数料の差を気にするよりその分の時間とエネルギーは他の事に使いいましょう。資金を分けるのも面倒なので「取引するのはここ」と決めたら取引をするネット証券は1つに決めてしまったほうが楽です。後から変えてもいいわけですからね。

数十円や数百円の細かい手数料の節約より利益を上げること、例えば銘柄探しや分析などに時間とエネルギーを使いましょう。

手数料だけで考えるならライブスター証券がおすすめ

ネット証券の手数料比較ページを見た方はわかるかと思いますが、手数料だけで考えるならライブスター証券はいろんな価格帯で最安値となっておりお得です。

手数料無料で試してみる

また、手数料無料で取引できるネット証券のページにあるとおり、ライブスター証券とマルサントレードは口座開設から最大2ヶ月間無料で取引ができます。

ライブスター証券とマルサントレードは2ヶ月経った後は普通に手数料がかかりますが、ライブスター証券は手数料は安いほうなので口座を作っておいていいかと思います。

おすすめはマネックス証券

手数料比較では最安値ではないですがおすすめなのはマネックス証券です。マネックス証券は逆指値ツイン指値連続注文などの条件付注文が使えてこの手数料なので非常に便利です。

上記のネット証券の口座開設はこちら

 

>> 株関連トピックス一覧に戻る