SBI証券の未成年口座やジュニアNISA口座の作り方の手順

SBI証券で未成年口座やジュニアNISA口座の作り方がよくわからないという方が多かったので、手順を解説しました。

SBI証券は未成年の場合、口座開設の申し込み画面で生年月日を入れると次に進めなくなってしまいますので、そこでどうしたらいいかわからなくなってしまう方が多いようですね。

そうなると、未成年口座も申し込めないし、未成年口座が必要なジュニアNISAも申し込みができません。

そこで、SBI証券での未成年口座の開設の申し込みのやり方と、ジュニアNISAの口座開設の方法の具体的な手順を解説します。

■このページの内容

ジュニアNISAの口座を作りたい場合

まず、SBI証券ではジュニアNISAの開設には未成年口座が必要です。

ジュニアNISAの口座を作りたい場合は、この後解説する未成年口座の申込みの入力画面の途中で、ジュニアNISAを申し込むという項目があります。

SBI証券のジュニアNISA口座の申込み

ここのチェックを入れて申込みをすれば、ジュニアNISAの口座開設も同時に申込みすることができます。

未成年口座の開設の申込みのときにチェックを入れるだけで同時にジュニアNISAの申込みもできるので、この後の未成年口座の開設の手順の解説を参考にしてください。

未成年口座やジュニアNISAの申込みに必要なもの

未成年口座を作るには、まず親権者(親など)がSBI証券の口座を持っている必要があります。

そのため、口座を持っていない場合はまずSBI証券の口座開設の手順を参考に口座を作って下さい。

父親か母親どちらか一方がSBI証券の口座を持っていれば申し込めます。

親権者のアカウントでSBI証券にログインして未成年口座やジュニアNISAの申し込みをするという流れになります。

未成年口座は郵送手続きが必要で、必要書類が送られてくるのに申し込みした後5営業日程度かかるので、申し込みした後でかまいませんが、以下のものが必要になるので申し込みした後に用意しておきましょう。

親権者(親など)がSBI証券の口座を持っているかたは、以下の流れで未成年口座の申し込みをしてください。

未成年口座やジュニアNISAの申込みの手順

SBI証券で未成年口座を申し込むときは、親権者(親など)のアカウントでSBI証券にログインして、そこから未成年口座やジュニアNISAに申し込む形になります。

まず、親権者のアカウントでSBI証券にログインします。

SBI証券のトップ画面の右側のナビゲーションの真ん中あたりに「未成年口座」という項目があるので、「開設」というボタンを押します。

SBI証券のトップ画面から未成年口座の申込み画面へ進むボタンの場所

すると、未成年口座の画面に進みます。

SBI証券の未成年口座の画面

「お子さま(未成年)の口座開設」のボタンを押します。

すると、口座開設の申込みの入力画面になります。

SBI証券の未成年口座の申込み画面

ここから必要な項目の入力を進めていくと、未成年口座の申込みができます。

 

ちなみに、20歳未満でも既婚の場合は未成年口座ではなく通常の口座になるため、この手順で申込ができません。

未成年で既婚の場合はSBI証券の口座開設サポートデスクに連絡する必要があります。

 

↑「やり方がわかった!」という方はぜひシェアやいいねで教えてください。

>> 株関連トピックス一覧に戻る