ツナギ売りで株主優待を株価の値下がりリスクなくもらう

最近は株主優待をもらうために株取引を始める人も多いですね。そんな方におすすめの「ツナギ売り」という方法を紹介します。

株主優待は色々な商品やサービスがもらえて嬉しいし、使い方によってはものすごくお得になる優待もあります。

しかし、株主優待で怖いのが株価の値下がりリスクです。

せっかく株主優待がもらえたとしても、それ以上に株価が下がってしまって損をしてしまったのでは本末転倒です。しかし株なのでどうしても株価が上下するリスクはあります。

「優待はもらえたけど株価が下がって損してしまった」

なんてことは避けたいですよね。

そこでおすすめするのが、SBI証券 カブドットコム証券を使った「ツナギ売り」という方法です。

このページの内容

株価が下がっても損をしないで株主優待GET

「ツナギ売り」という方法を使えば、株価が下がって損をしてしまうリスク無しに株主優待をもらうことができます。

ツナギ売りとは、株を買うと同時に空売りで売る、つまり、買いのポジションと売りのポジションを両方持つことで、株価が上がっても株価が下がっても影響を受けなくする方法です。

ツナギ売りをしておけば、例えば株価が100円下がってしまったとしても、空売りで100円下がった分の利益が出るので、買っていたポジションのマイナスと相殺されるということです。

その代わり、株価が上がった時にも利益は出せませんが、株価の上下で利益を上げるのではなく株主優待が目的という場合は、このつなぎ売りはとても有効です。

そう、ツナギ売りでは株主優待はちゃんともらえるんです。

1日持ち越すだけで株主優待をGET

株主優待は権利確定日に1日持ち越すだけでもらうことができます。権利確定日に買って翌日の権利落ち日に売れば1日だけの株主でも株主優待はもらえるわけです。

しかし、そうはいっても権利落ち日(権利確定日の翌日)はみんな売るから株価が下がりがちだし、権利確定日には優待や配当狙いの人はみんな買いたいので株価が上がってしまいます。そのため「株価が上がる前に前倒しで買っておく」といった値動きや、優待目的の買いが入るタイミングで売るなどの投資家たちの駆け引きがあり、株主優待だけ欲しい人にとってはこういう株価の値動きはいやですよね。

そこで、ツナギ売りを使えばこの値動きの心理戦に巻き込まれず、株価が上がろうが下がろうが関係なく優待をもらうことができます。

買うタイミングや売るタイミングを気にせず権利確定日に買って翌日に売ればいいし、株価の値下がりを心配しなくて良いのでツナギ売りを使うと株主優待をもらうのがすごく楽になります。

ツナギ売りのやり方

ツナギ売りは対象の銘柄の「現物での買い」と一般信用取引を使った「空売り」を使って行います。

  1. 現物買い・空売りを同時に行う
  2. 権利落ち日まで持ち越す
  3. 現物買いと信用売り建玉を品渡で決済する

これだと意味がよくわかりませんね。順番に解説していきます。

1.現物買い・空売りを同時に行う

まずは株主優待を狙っている銘柄を現物で買い、同時に信用取引の売り注文で空売りをします。

このときのポイントとして、買いと売りで約定する値段が違うとそこで損益が出てしまうので、寄付前(午前9時前)に成行で注文をしておくと、その日の初値で同じ値段で約定させることができるので損益が発生しません。

また、信用取引の貸株料(株を借りるために払う利息のようなコスト)を最小限に抑えるため、権利付最終日の寄付前に買い、権利落ち日に決済してしまうことで保有期間を最短にして、貸株料を最小限に抑えます。

2.権利落ち日まで持ち越す

次に、株主優待の権利付き最終日の取引終了まで銘柄を保有します。これで株主優待の権利を取得することができました。

3.現物買いと信用売り建玉を現渡で決済する

次に、現物買いと信用売り建玉を現渡にて決済します。

現渡とは、信用取引の売り建玉を保有している現物の株式で返して決済する方法です。現渡で決済することで、決済手数料が無料になります。

文字で読むと難しく感じるかもしれませんが、1回やってみてやり方覚えてしまえばとても簡単です。とても簡単なこの方法で株価の変動リスクなく株主優待をもらうことが出来ます。

あとは株主優待の金額と取引の手数料(現物買いと信用売りの手数料、決済のときの手数料は現渡すれば無し)+貸株料(最短で2日分)を比較して株主優待の金額の方が大きければツナギ売りをするだけです。

株主優待のために株をやっている方は、カブドットコム証券SBI証券 の口座を使ってツナギ売りをしみてください。口座開設は無料です。

ツナギ売りするときの必要資金はどのくらい必要?

ツナギ売りをするには、必要資金は普通に株を買うときの2倍の資金が必要です。買いと同時に売りも行うので「買い」と「売り」それぞれのポジション用の資金が必要になります。

といっても、片方は信用取引なので実際の資金の約3倍の余力の取引ができます(30万円あれば約100万円分の空売りができます)。なので少し余裕を見て株主優待が欲しい銘柄の最低購入資金の1.5倍くらいの資金を用意しておくとよいでしょう。

例えば普通に買うときの資金が100万円必要な銘柄なら、現物買いの資金100万円+信用での売りの資金も100万円、ただし信用取引は約3倍の金額の取引ができるので実際に必要な資金は30万円で、合計130万円の資金が必要になります。これに少し余裕を持たせて140万円くらいあるとよいでしょう。

もっと少額で買える銘柄ならもっと少ない資金で十分です。

20万円で買える銘柄の場合を考えてみましょう。現物買いの資金20万円+信用での売りの資金も20万円、ただし信用取引は30万円が法的最低資金なので実際に必要な資金は20万円+30万円=50万円です。

株を買うときに用意しなければいけない資金は増えますが、大きく下がるリスクを排除して決まったコストで株主優待がもらえるのでツナギ売りは株主優待をもらうときに非常に有効な手段です。

ツナギ売りの手数料やコストはどのくらいかかる?

でも、ツナギ売りをするときにかかる手数料などのコストってどのくらいかかるのかちょっと気になりますよね。

ツナギ売りをするときのコストは「手数料」と「貸株料」があります。

  1. 現物買いの手数料
  2. 信用売りの手数料
  3. 貸株料(株を借りている間の利息のようなもの)

の3つです。制度信用取引でツナギ売りをする場合は逆日歩がかかることがありますが、これはリスクを考えて基本的にやらないのでここでは考えません。

買いと売りの手数料は株を買うときと売るときの手数料で、ツナギ売りの場合は現物買いと信用売りの2つのポジションを持つため両方の分の手数料がかかります。(参考:ネット証券の手数料比較

そして貸株料は、信用取引で空売りをしたときに毎日かかるコストです。空売りするときは証券会社から株を借りて売りのポジションを持つことになります。株を借りているからその利息を支払うイメージです。

貸株料は銘柄によって違うのですが、おおよその目安として、例として株主優待が人気のマクドナルドでシミュレーションをしてみましょう。

マクドナルドの株価は2612円(2014年10月9日の終値で計算)、単元は100株なので必要資金は261200円、これに空売りの資金もかかるので合計で約55万円ですね。

現物の手数料は325円(約定代金×0.09%+90円)、空売りの手数料は249円、合計574円。貸株料は3.6%×2日で計算すると約50円。合計で600円ちょっとのコストで、株価変動のリスクなくマクドナルドの株主優待が手に入ることになりますね。

ツナギ売りのコストを下げる4つのポイント

ツナギ売りをするとき、コストがかかりすぎてせっかく株主優待をもらってもあまりお得でないのでは意味がありません。そこでツナギ売りをするときのコストを下げるポイントをお話します。

1.寄付前に成行で注文

買いと売りで約定する値段が違うとそこで損益が出てしまうので、寄付前(午前9時前)に成行で注文をしておくと、その日の初値で同じ値段で約定させることができるので損益が発生しません。

2.一般信用取引ができる銘柄が多い証券会社を使う

信用取引には「制度信用取引」と「一般信用取引」の2つがあります。細かい違いはこのページの趣旨(ツナギ売り)から外れるので詳しい説明は省きますが、それぞれ扱える銘柄が違うこと、制度信用取引では「逆日歩(ぎゃくひぶ)」というコストがかかることがあるという違いがあります。

制度信用取引だと逆日歩(調達料のようなコスト)がかかるのでツナギ売りの際は一般信用取引で売建てをすることがポイントです。

逆日歩は貸株料のように毎日かかるコストですが、料金が決まっている貸株料と違って状況(需給状況)によってコストがかわります。優待や配当が得られる時期は需要が上がって逆日歩も上がることがあり、思わぬコストがかかってしまう可能性があります。

しかも、逆日歩はいくら必要かが実際に分かるのは取引を行った翌営業日なんです。つまり、制度信用の場合は逆日歩がいくらかかるのかが分からない状態で取引するとになります。これはリスクになりますね。

そこで、ツナギ売りの際は一般信用取引で売建てをすることがポイントです。

ただ、一般信用取引で売建てができる銘柄は証券会社ごとに違っているのと、扱い銘柄が少ない証券会社が多いです。株主優待が欲しい銘柄が対応していなければ諦めるか逆日歩を払って制度信用取引で空売りをしないといけないのでその分コストがよけいにかかってしまいます。

その点ではカブドットコム証券は一般信用取引の取扱い銘柄が非常に多いのでおすすめです。昔から株をやっている人の間では「ツナギ売りといえばカブコム」という印象を持っている人も多いくらいです。

3.できるだけ期間を短く

貸株料(株を借りるために払う利息のようなもの)を最小限に抑えるため、権利付最終日の寄付前に買い、権利落ち日に決済してしまうことで保有期間を最短にします。

決済を忘れて長く持ってしまうと貸株料が毎日かかりコストがどんどん上がっていくので忘れないように気をつけましょう。

4.決済するときは現渡(品渡という場合もあります)で

株主優待の権利を得たら買った株は売って、空売り(株を借りているような状態)していた株は返済するのですが、そのときに買っていた現物株を売ると売りの手数料がかかり、空売りしていた株は同じ銘柄を買って返済するのでそこでも手数料がかかってしまいます。

でもちょっと待って!空売りで借りた株、ツナギ売りの場合は現物で同じ銘柄を買っているから持ってますよね。

現渡は「この株持ってるからこれで返すね」という決済方法です。現渡だと手数料がかからないので決済するときは現渡で行うことでコストを抑えることができます。

ツナギ売りを使えば株主優待を大量にもらえる

ツナギ売りを使えば株価が下がって損するリスクがなくなるため、安心して株主優待をもらうことができます。

株価が上下するリスクが無いので、手数料など株主優待を得るためにかかるコストは事前に計算すればわかります。「株価が下がって損した」ということが無いので安心ですね。

しかも、最初のほうでも書きましたが株主優待は1日持ち越せばもらえるため、資金は何度も使い回しができます。月末が権利日の会社が多いため、年に12回以上チャンスがあるわけですね。

必要なコストが事前にわかっていれば株価が下がる心配をせずに株主優待がもらえるので、優待目的で株の取引をする方はツナギ売りを使ってたくさんの株主優待を楽しんでください。

ツナギ売りをするのにおすすめの証券会社

ツナギ売りをするのにどこの証券会社が良いかを考えるには、一般信用取引の取扱銘柄の多さ・手数料・使いやすさの3つを考えます。

特に一般信用取引の取扱銘柄の多さは大事です。その点ではカブドットコム証券は取扱銘柄数が非常に多いのでおすすめです。

昔から株をやっている人の間では「ツナギ売りといえばカブコム」という印象を持っている人も多いくらいです。ホームページもわかりやすいし、ツナギ売りを紹介したコンテンツも昔からあるくらい、力を入れていますからね。

 

カブドットコム証券

SBI証券


このエントリーをはてなブックマークに追加  

>> 株関連トピックス一覧に戻る