藤巻健史さんの投資手法と実績

藤巻健史
藤巻健史さん

藤巻健史さんは有名な投資家であり、現在では日本維新の会に所属する政治家としても名前が知られています。

一橋大学を卒業してから様々な活動を経て、1985年にはモルガン銀行に転職し、モルガン銀行において、投資家として長年にわたり世界でもトップクラスの利益を上げたことから、伝説のトレーダーとして有名になりました。

2000年には日本の納税者番付で全国29位にランクインし、伝説のトレーダーとしての存在をさらにアピールしました。

プロパガンダというマーケット関係者向けのレポートをモルガン銀行時代に発行し、これがEメールによって世界中に流されたことから、海外の投資家からも人気を集めるようになったのです。

銀行を退職してからは経済人としての肩書でマスコミに出るようになり、現在では政治家となっています。このように華々しい経歴を誇り、実績も残していることからも多くのファンが存在しています。

藤巻健史さんの投資手法 海外にも目を向け長期投資

藤巻健史さんの投資に対する考えとしては、日本国内だけではなく、海外にも目を向けるべきだというのが彼の考え方です。

投資に関しては長期的な視点を持ちながら金融商品を選ぶべきだと主張しています。 経済や金融に関しての詳しい知識をしっかりと持つことが大切であり、短絡的な考え方をしていたのでは絶対に失敗するとも言っています。

これは長い目で経済を予測して、これからの時代に何が起きるのかをきちんと見据えた上で投資をすることが重要だという考えからの言葉でしょう。 リスクを回避して、自分の資産を守るために外貨資産や外国株を持っておくということも大事なのだそうです。

外国株などというと難しく感じるかもしれませんが、今では日本語で簡単に取引ができますからね。(参考:米国株が人気の理由

 

藤巻健史さんはこれまでに様々な書籍を出していて、投資手法に関することから、日本経済の分析についてまで内容は幅広いです。 投資だけではなく、日本経済に関して様々なことを考えていて、これからの時代に備えるためにたくさんの提言をしています。

彼に影響を受けている投資家の人はたくさんいて、政治家になった今でも応援をしている人は大勢います。 これからも藤巻健史さんは様々な活動を通じて、多くの人に影響を与えていくでしょう。

投資家一覧に戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加  

>> 株関連トピックス一覧に戻る