ジム・ロジャーズの投資手法と実績

ジム・ロジャーズ
ジム・ロジャーズ

ジム・ロジャーズは、アメリカ出身の投資家で、1973年にジョージ・ソロスとともにクォンタム・ファンドを設立した共同設立者になります。

ジム・ロジャーズは5歳の時にピーナッツ売りをしたという話があり、投資について興味を持ったのは大学時にウォール街でアルバイトしたことからだそうです。

ジョージ・ソロスと共同で設立したクォンタム・ファンドは10年間で3365%のリターンを得たことでも有名です。この間にダウ平均株価が20%程度しか上昇していないことを考えると、彼らの運用成績のすごさがさらにわかりますね。

しかし、その後経営方針の違いによってジョージ・ソロスと袂を分かったことをきっかけに、1980年にジム・ロジャーズは一線から引退をしています。

ジム・ロジャーズの投資手法

彼の投資手法は保守的なバイ・アンド・ホールドといった手法ではありません。 投資をした銘柄によって利益がでる状況に臨機応変に対応していき、ロングとショートの両方でポジションをとるといったものになります。

また、投資の対象となるのも株式だけではなく、通貨や商品、先物取引、オプション取引など様々な取引を行うことが特徴です。 ジョージ・ソロスとともに1970年代におけるヘッジ・ファンドの先駆者であると考えて良いでしょう。

国際情勢やマクロ経済だけではなく、各国の金融政策や社会のトレンドなど、様々なことを分析することによって需要と供給の変化を徹底的に調査を行っていくことで、経済の流れを予想することが特徴だと言えます。

この流れを予想して、価格の上昇や下落を予想してあらかじめ利益が出そうなポジションをとることがジム・ロジャーズの投資手法で、この手法は後にグローバル・マクロと呼ばれるスタイルとなります。

ただし、彼自身の言葉によれば、自分自身はポジションを取るのが早すぎる、へたくそなトレーダーだったと述懐しています。

ジム・ロジャーズの有名な言葉の1つに、「自分で調べた会社の株式を購入しなさい」といったものがあります。これは他人からの情報を鵜呑みにして、何ら調べもせずに株式を購入することはするなという意味の至言ですね。

危機をチャンスに変える投資術という動画がYoutubeにありました。こちらもジム・ロジャーズ氏の投資手法や考え方を知るのに参考になりますね。

投資家一覧に戻る


このエントリーをはてなブックマークに追加  

>> 株関連トピックス一覧に戻る