投資信託の仕組みとメリット・デメリット

投資信託は投資初心者におすすめ

投資信託(投信・ファンド)は株よりも運用が簡単で長期投資に向いているため「これから投資を始める」という初心者にも人気の投資商品です。

当サイトは株のサイトですが、投資信託について聞かれることも多く、「いきなり株の取引を始めるのは不安だからまずは投資信託の購入から始めたい」というかたや、資金が少ないけど分散投資をしたいから投資信託を買いたいというかたも多いですね。

しかし、初めて投資信託を買うとき、「そもそも投資信託ってなに?」という疑問がわきます。買ってしまえば運用自体は株よりも簡単だけど、投資信託の仕組みがよくわからないと難しく感じてしまうんですよね。

そこで、このページでは投資信託についてざっと概要を解説します。

投資信託をどうやって買うのかは投資信託の買いかたのページで解説していきます。

投資信託とは? 投資信託のしくみ

投資信託は初心者におすすめ投資信託とは、たくさんの個人投資家から少しずつお金を集める、集まったお金をプロが分散投資するのが投資信託の仕組みです。

投資では「分散投資」といって、リスクを抑えるために資金を分散して投資するのが大事なのですが、もし投資にまわせる資金が1万円しかなかったら、分散投資ができるかというと、難しいですよね。

しかし、投資信託なら少額でも分散投資ができるんです。(分散投資してリスクを減らしたタイプの投資信託を買うことで小資金でも分散投資ができます)

例えばネット証券大手のSBI証券やマネックス証券・楽天証券などでは、100円から投資信託を購入することができます。(投資信託の買い方はこちら

100円から購入できる投資信託は1部の投資信託ですが、少ない資金でも手軽にコツコツと積み立てをしていくことができます。

投資信託のメリット

投資信託の大きなメリットは、少ない資金で分散投資ができることです。株の個別銘柄で分散投資をしようと思ったら資金もたくさん必要だし管理も大変です。

それを投資信託のテーマにあわせてまとめて買えて、運用も自分でしなくて良いというのが投資信託の大きなメリットです。

投資信託なら自分で運用しなくてもプロがポートフォリオを組んで運用をしてくれますし、日経平均などの指数に連動した投資信託を購入することもできるので、株で分散投資をしてポートフォリオの管理をする時間や知識がない人にはとても便利な商品です。

また、「投資の収入が毎月入るようにしたい」という方には、毎月分配型の投資信託が便利です。株の配当のように決算時期が来ないと金額が確定しないものではなく、「毎月いくらの配当を出します」と決まっている投資信託を買えば、投資からのお金で生活する場合などに家計の計算しやすいですね。

また、毎月1000円ずつ買い増していくなど、少額で積み立てていくこともできます。

たった1000円でも積立の長期運用は強力

投資信託と投信の違い毎月貯金もしつつ、一定額を投資信託にも積み立てていく。これをコツコツと長期間で続ける。たとえ少額でも、月1000円ずつでもいいのでやるかやらないかでは時間がたつほど大きく違ってきます。

今「毎月1万円積立てるのはきつい」という方もいるでしょう。でも毎月たった1000円でも1年間積立てたら、そのきつい1万円が1回分貯まっていることになります。

10年経てば1万円を1年間積み立てたのと同じくらいの金額が積立てられています。

でも、今何もやらなければきっと10年後も何も残っていません。

アベノミクスで株価や投資信託どれだけ上がっても、NISAで税金なしで投資ができるようになっても、株も投資信託も買っていなければ「ただ儲かっている人の話を聞いているだけ」ですからね。

投資信託を買うことや株を買うことで、はじめて株価上昇の恩恵を直接受けることができます。

しかし、そうは言っても投資信託にもデメリットもあります。

投資信託のデメリット

デメリット1 商品選びが難しい?

投資信託は初心者のかたには商品が難しく、「選び方がわからない」という方も多いと思います。

しかし、いくつかポイントさえ覚えてしまえば簡単です。簡単どころか商品名の一覧を見てある程度わかるようになるので「こんな商品もあるんだ」と見ていて楽しくなってきます。

詳しくは投資信託の選び方のページを参考にしてください。

デメリット2 手数料が3つあって複雑

投資信託は手数料もかかります。株のように買うときと売る時に証券会社に払う手数料だけならわかりやすいのですが、投資信託の手数料は3つもあります。

投資信託を買うときに証券会社などに払う手数料(販売手数料・購入時手数料・申込手数料など証券会社によって言い方が異なります)と、運用者に支払う手数料(信託報酬)、そして換金時の手数料(信託財産留保額)があります。

買うとき・売るとき、そして運用中の手数料ということですね。

そして、買うときや売るときの手数料もネット証券で株を買うときのように「10万円超〜20万円の商品は○円」と金額が決まっているわけではなく「基準価額の○%」というように基準価額(株価のようなものです)に対する割合での計算になります。さらに投資信託の商品ごとにその割合が違うのでかなりわかりにくいですね。

また、投資信託はその投資信託を「運用する人」がいるので、その運用者に支払う手数料の「信託報酬」があります。信託報酬は商品によって違いますが年間で0.05%〜3%くらいかかります。

運用者に支払う手数料の信託報酬があるので、運用の利益がまるまる儲けになるわけではないんですね。

とはいえ、普通はプロに運用を頼もうと思ったら、かなりの手数料をとられます。しかも分散投資してもらうとなれば運用者の手間もかかるのでより大きな手数料を要求されるし、そもそも小さな資金では依頼することすらできません。

それが、少しずつの資金でもたくさんの人から集め、大きな資金にしてプロに運用してもらえるというのが投資信託のメリットです。デメリットである手数料すら実はメリットから発生したものなんですね。

手数料無料のノーロードファンド

手数料無料のノーロードファンドというものがありますが、これは先ほどの3つの手数料(販売手数料・信託報酬・信託財産留保額)のうち販売手数料だけが無料のものです。

「販売手数料は無料だけど信託報酬が高い」なんていう商品もあるようなので、トータルコストで確認して判断しましょう。

例えばマネックス証券のファンド検索では、購入時の販売手数料無料のノーロードファンドに絞って検索することもできます。

検索結果に信託報酬率や信託財産留保額も出てくるのでコストがみやすいですね。

また、自分に合った銘柄を見つけるためのの機能やファンドの情報も充実しているので、色々な投資信託を見てみたり、他の投資信託と比べてみたりと投資信託の初心者でも探しやすいです。

投資信託の「仕組み」を使いプロに運用をお願いする

この投資信託の「仕組み」を使えば、自分は投資信託の資金を払うだけでプロに分散投資で運用してもらうことができるんです。

積立型の投資信託なら、毎月の積立資金を払うだけで、プロの力を使って運用しながらコツコツと積み立てていくことができます。毎月銀行に貯金をするように、決まった額を入れていくだけで、プロが分散投資でリスク管理をしながら複利運用をしてくれるんですね。

アベノミクスで投資信託の売れ行きは過去最高

アベノミクスの経済効果は株価が上がっていることがニュースなどでよく聞かれますが、株だけではなく投資信託もかなり上がっています。

これは、投資信託は運用する中に株式も組み込まれたものが多いため、株価が上がれば投資信託も上がりやすいからなんですね。

この恩恵を受けるには株価が上がりきってしまう前に株式や投資信託を始めることです。

NISA口座なら利益が出ても税金ゼロ(非課税)

NISA(ニーサ)の制度では、利益が出ても税気がかからない、非課税で投資信託や株式を持つことができます。(条件などいろいろあるので詳しくはNISAのページ参照)

税金がかからないといっても利益を出せなければ意味がありません。NISAの制度で投資信託の利益に税金がかからなくなる前に、小さな金額でもいいので実際に取引をして慣れておくとよいでしょう。


ネット証券で投資信託を始めるなら
>> ネット証券口座開設の手順
  

ネット証券の口座開設は無料で、口座を持っていればいろいろな情報やツールを使うことができます。ネット証券で投資信託を始めてみようと思った方はネット証券口座開設の手順をもとに口座開設をし、株を始めてみてください。

ネット証券のキャンペーンを活用すれば、キャッシュバックをうけていきなりプラスの状態から取引を始めることもできますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加  

投資信託と投信とファンドの違い

初心者の方がよく迷うのは「投資信託」と「投信」と「ファンド」の違いについてです。

「投資信託と投信とファンドって何が違うの?」

投資信託と投信の違いは、単に投資信託を短く略して投信と言っているだけです。そして、ファンドは英語なのでこれも同じです。ファンドというのは「○○ファンド」というように投資信託の商品名でよく使われます。

初心者のうちからあまり違いを気にすることはありませんので、投信=投資信託=ファンドと覚えておいて大丈夫です。

関連記事