2019年の権利確定日・権利落ち日カレンダー

権利付最終日・権利落ち日・権利確定日の違い

2019年(令和元年・平成31年)の各月ごとの権利確定日・権利付最終売買日・権利落ち日のカレンダーです。

権利付最終売買日は、配当金や株主優待・株式分割の権利をもらえる最終売買日のことです。月末が配当や株主優待の基準日(権利確定日)だからといって月末に買ったのでは遅く、「この日までに買えばいい」という日が権利付最終日なんですね。

ここでは2019年(令和元年・平成31年)の権利付最終売買日のカレンダーを紹介します。権利付最終売買日の数えかたや権利付最終売買日の詳しい説明は株式用語:権利確定日(権利付最終売買日)を参照下さい。

2019年の権利確定日(権利付最終売買日・権利落ち日)

権利付最終売買日の当日までに買い、翌営業日の権利落ち日以降に売れば配当金や株主優待をもらう権利を得ることができます。

権利確定日
(基準日)
権利付最終売買日
(この日までに買う)
権利落ち日
(売ってよい日)
1月末 1月28日(月) 1月29日(火)
2月末 2月25日(月) 2月26日(火)
3月末 3月26日(火) 3月27日(水)
4月末 4月23日(火) 4月24日(水)
5月末 5月28日(火) 5月29日(水)
6月末 6月25日(火) 6月26日(水)
7月末 7月29日(月) 7月30日(火)
8月末 8月28日(水) 8月29日(木)
9月末 9月26日(木) 9月27日(金)
10月末 10月29日(火) 10月30日(水)
11月末 11月27日(水) 11月28日(木)
12月末 12月26日(木) 12月27日(金)

※2019年7月16日から株の決済が2営業日後に変更しています。上記カレンダーは変更に合わせて修正済みです。

月末が権利確定日の場合です。ほとんどの銘柄は月末が権利確定日なので、上記の日付が権利付最終売買日になりますが、銘柄によっては権利確定日が20日や15日など、月末以外の場合もまれにあります。

自分の買おうと思っている銘柄を確認し、権利確定日が月末でない場合は株式用語:権利付最終売買日の数え方を参考に計算してみて下さい。

※3月・9月が太字になっているのはこの月が配当や株主優待の権利確定月の企業が多い月だからです。

<< 前年(2018年)はこちら

株主優待のもらい方・配当金のもらい方

株主優待のもらい方や配当金のもらい方は別のページで詳しく解説していますが、基本的にはどちらも同じです。

その企業の権利付最終日までに株を買い、配当落ち日まで持ち越せば、株主優待を出している企業なら株主優待をもらえて、配当を出している企業は配当をもらうことができます。株主優待も配当金も両方出している企業なら両方をもらうことができます。

株の口座開設方法(図解)はこちら

>> 株式投資用語トップに戻る

使える株式用語一覧

アルファベット順
BB(ブックビルディング)
EPS(一株当たり純利益)
ETF(上場投資信託)
HCG(ヘラクレス・グロース)
HCS(ヘラクレス・スタンダード)
IOC
IPO(新規公開株)
MBO
PER(株価収益率)
PTS
REIT(不動産投資信託)
TOPIX(東証株価指数)