「のんびり写遊」               過去の山歩記録へ       ホームページヘ          最新の「のんびり写遊」へ

                               続・のんびり山歩記録へ                               前回の「のんびり写遊」へ 

NO 53

    「ままならぬ気象条件」

平成29年10月 4、 5日撮影

  
  
【10月 4日】
 10月4日の中秋の名月の日、夜には予想外の青空が広がる。これならお山に居ても観月撮影出来たかも・・・・?。 
    日中は乾いた風が吹き石鎚山がよく見えて空気もスッキリ、これなら夕方石鎚山付近から昇る名月が見えるかも、と期待していつもの重信川沿いの
撮影ポイントに出かける。 うまくいけば石鎚と名月と着陸する飛行機をパチリ。 16:00過ぎから川端で待機。 ですが午後おそくから東の空の石鎚
の後方には薄い雲が広がる。 ”なんだ、これでは山から昇るお月様は見えないのでは、” チョットがっかり。 おまけに風も東寄り。これでは飛行機も
 
海側からの着陸であろうからこれもダメ。  頭で描く景色には程遠いけどしばらく待ってみる。 月の出の予定時刻になってもお月さまは姿を見せな
かったですが少し遅れて17:30前に雲の上に白い月がボンヤリと出てくる。 イメージとはだいぶ違います。 月の出位置もネットで検索した位置より
少し右にずれて石鎚山より予想外に離れていた。 でもよく考えると、ネットでの検索位置は、地平線に出てくる位置かな? 山の上になると標高分を
考慮しないと。 未熟な私です。 期待通りにならなくスゴスゴと引き上げです。 帰る途中松山空港で夜のフライト姿をパチリ。
 

石鎚連峰の上、雲の上にボンヤリとお出まし。 雲の上に出てやっと輝くお月様になる。

 

 

兎と思えばなんとなく兎に見えなくもないです。 名月鑑賞フライトにテイクオフ。
 
【10月 5日】
 昨夜は名月が見えていましたが、夜半にはかなり雲が広がっていた。 お山での月の入りはどうだったかな〜〜?
10月上旬にはお日様が石鎚山付近から昇ってくる。(重信川河口付近から見た場合です。) 5日では少しズレてるかもしれないけど、天候次第では??。
5日の朝、少し星も見えるのでとりあえずいつもの場所へ行ってみる。 でも殆ど空は雲に覆われている。東の空に僅かに隙間もあるが・・・・。
5:30過ぎから橋の上で待機。今朝は予想外に寒い。 防寒着を着てジッと待つ。 その後いつも撮られているNさんもやってくる。
 
Nさんによると2日くらいがチョウド石鎚付近から昇ったとか。 熱心なNさんには叶いませんが、俄か日ノ出撮影者が日の出をまつ。
でも今朝はどうやら雲が取れそうもなく朝日はアキラメ。 それでも雲はなんとなく焼けになりそうなので期待して待っていると、予想通り朝焼け雲が広がる。
時間的には僅かでしたがいい具合に染まりました。 
次の石鎚山からの日の出となると来年の春までお預け! それまで熱意がまだ残っているか?
  
昨日の夕方といい、今朝もそうですが、天気予報の晴れマークはおおざっぱな範囲での予報で局所的にはあまりアテになら無いようだ。 
特に山間部の気象条件は予想するのが難しいナ〜〜、と素人人間は毎度天気予報に翻弄されています。
 

石鎚と朝焼け。 同じ朝焼けですが、位置と僅かな時間差により色もかなり違います。

 

 

海鵜たちのご出勤タイム。 朝日に輝く雲。(日の出は見えませんでした。)
     
     

 ホームページヘ